試合レポート

国士舘vs明大中野

2016.10.23

エース・深澤の粘りの投球に打線が奮起!国士館が打撃戦を制する!

国士舘vs明大中野 | 高校野球ドットコム

好投した深澤 史遠(国士館)

 10月も下旬に差し掛かりつつあるが、[stadium]立川市立立川公園野球場[/stadium]で行われたこの日の試合は日差しが強く差していた。その日差しに負けじと明大中野国士舘の両チームはベスト8へ駒を進めるため、激しくぶつかり合い、これぞ〝野球″という試合を見せつけてくれた。そんな気合十分の両チームであったが、粘りに粘りを見せた、国士舘が試合を制した。

 最終的に勝利したのは国士舘であったが、序盤のペースは完全に明大中野が支配していた。
明大中野は初回から2番吉田 聖悟がフォアボールで出塁すると、4番斎藤 幹也が二遊間を抜けるあたりのヒット、またワイルドピッチも重なり二死二、三塁のチャンスを作る。ここで5番加藤 歩美はフルカウントまで粘りを見せていくが空振り三振。しかし国士舘のキャッチャー上原 隼が後逸してしまい振り逃げで先制点を挙げていく。国士舘にとっては最悪の先制点の取られ方である。

 この初回の嫌な流れを吹っ切ったのは、国士舘の4番山本 恵太が放った一塁線ギリギリに転がった打球はスリーベースとなり国士舘が2点を奪いすぐさま逆転に成功し、明大中野への流れを食い止めていく。

 流れを引き寄せた国士舘であったが、先発・1年生石井 崚太は踏ん張ることが出来ない。
2回表、先頭の7番・福島 大貴にフォアボールで出塁させてしまうと、明大中野の堅実的な野球の前に自分のピッチングをさせてもらうことが出来ず、今大会絶好調の3番中野 航太にセンターオーバーのツーベースなどを浴びてこの回で3点を失ってしまう。この3点で完全に流れは明大中野国士舘は3回に1点を返し4対3と詰め寄っていくものの、4回に2つのエラーを重ねてしまい6対3と自らの手で差を広げてしまう。

 国士舘は、攻撃面でもスリークォーターから繰り出される明大中野の先発・1年生石川 雄大の前にチャンスで1本を出すことができず、じりじりとイニングだけ経っていく。


国士舘vs明大中野 | 高校野球ドットコム

先発・石川 雄大(明大中野)

 しかし、4回表、3対6と点差をつけられてからマウンドに立ち始めた国士舘・エース深澤 史遠がノビのあるストレートと切れ味抜群のスライダーで明大中野打線を完全に沈黙させる。リリーフとしてマウンドに登った深沢はこんな思いで投げていた。1
「マウンドに立ったのはビハインドの場面でしたが仲間が逆転してくれると信じて、絶対に投げ切る気持ちでマウンドに立ちました」
深澤が信じ続け、投げた続けた姿に国士舘ナインの心が動いたのか、国士舘が遂に本領を発揮する。

 6対4と明大中野リードで迎えた7回裏、国士舘の攻撃。
一死ランナー無しから3番水野谷 孝一郎がライトオーバーのツーベースで出塁すると、4番山本がこの日2本目となるスリーベースで1点差まで明大中野に迫っていく。その後チャンスは広がり、二死二、三塁の場面で迎えるは5回から途中出場の7番・金澤 諒平。この絶好のチャンスに金澤は「新チームから打撃不調でレギュラーになれずに悔しい思いがありました。ですからここは絶対に自分が返すぞという気持ちで打席に入りました」と金澤の思いはバットに乗り込み、金澤は初球を振りぬきセンターの頭を超える走者一掃のスリーベースタイムリーで国士舘が7対6と初回以来のリードを奪う。ここまで抑え込まれていた石川をついにマウンドから引きずり下ろすことに成功する。

 この逆転でノリに乗った国士舘明大中野は止めることが出来ず、8回にも3点を失ってしまい10対6として、国士舘がベスト8への戦いを制した。国士舘の次の戦いは、城東をコールドで破った城西大城西との戦いが決まった。この国士舘の強烈な打線が城西大城西にどこまで火を吹けるか楽しみに見ていきたい。

 惜しくも及ばなかった明大中野の岡本 良雄監督は「負けてしまいましたけども良い試合は出来たと思います。国士舘の金澤君を打ち崩せなかったのが大きな敗因ですね。途中交代といった適応しなければならないことに対してすぐに対応ができませんでした。この冬はそういったことを重点的に取り組んでいきたいです」と悔しそうに振り返っていたものの、次への課題にしっかりと向き合う姿が伺えた。

 明大中野は何人かの選手はまだ体が細いものの、ポテンシャルは非常に高いものを感じることができた。この冬で監督が言っていた通り実践力はもちろんのこと、夏を戦い切る体力をしっかりと付けることが出来れば、来年の夏に東東京で脅威となる存在になっていくに違いない。

国士舘vs明大中野 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!