試合レポート

慶應義塾vs花咲徳栄

2016.10.23

パワーとスピードを兼ね備えた慶応義塾

慶應義塾vs花咲徳栄 | 高校野球ドットコム

本塁打を打った正木智也(慶応義塾)

 今年の慶應義塾、やはりスピード感が全く違う。1回裏、2番宮尾将が四球で出塁した後、すかさず盗塁を決め、3番綿引達也が左前適時打。その宮尾の走塁が実に無駄なく、抜けた瞬間にホームを狙っていた。それで生還できる脚力、スタートの良さがある。これで試合の主導権を握った慶應義塾は3回表に同点に追いつかれるが、その裏、宮尾の2ランで勝ち越しに成功。さらに正木 智也が打った瞬間、本塁打と分かる豪快なあたりであった。その後、1番下山の適時打とバッテリーミスで2点を追加。5回裏には1番下山悠介の適時打とバッテリーミスで2点を追加。

 さらに6回裏には二死一塁から4番正木の右中間を破る適時二塁打、さらに5番森野の中前適時打で9対1と点差を広げた。

 花咲徳栄綱脇 慧清水 達也と昨年からの経験者がマウンドに登り、慶應義塾打線に立ち向かった。2人の投球は悪くなかった。綱脇の130キロ前半のストレート、スライダー、カーブを投げ分けていたが、慶應義塾打線はストライク・ボールゾーンをしっかりと見極め、高めに浮いた球筋をいとも簡単に振り抜いて安打にするあたり、やはりレベルが違う。4回途中から清水がマウンドに登り、135キロ~130キロ後半の速球でしのごうとするが、勢いづいた慶應義塾打線は止めることはできなかった。

 この試合で目に付いたのは慶應義塾の走塁。初回の左前安打から生還したように、ランナー一塁の場面で、次々と本塁に生還していく。
そういう抜け目のなさが今年の慶應義塾のストロングポイントで、正木のパワーが注目されるが、この試合、宮尾の本塁打が飛び出たように各打者のパワーもあり、パワーとスピードを兼ね備えたチームといっていいだろう。さらに守備を見ていても内外野の守備が堅く、送球も力強い。

 エースの森田 晃介も、130キロ後半の速球、チェンジアップ、カーブ、スライダーを高低に投げ分け、ストライク先行で投球を組み立てるので、花咲徳栄の早打ちを誘い、テンポの良い投球を見せた。

 個人で目に付いたのは遊撃手の宮尾。とにかく一歩目の動き出しが速く、ボールをかっさらうようなグラブさばきが良い。スローイングも速く、捕ってから投げるまでの速さも見事で、高校生としてA級の守備力を形容していいレベルにあった。そしてこの日は本塁打を打ったように168センチ62キロと小柄ではあるが、当てていこうというのは全く見えないし、とにかくインパクトまで無駄のないスイング軌道で球を捉え、さらにしっかりと振り切って打球を飛ばすことができている。将来的には神奈川を代表する遊撃手になってもおかしくない選手であった。

 次は夏甲子園出場の前橋育英。かなりの接戦が予想される。

(文=河嶋宗一

慶應義塾vs花咲徳栄 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード