試合レポート

八王子vs帝京

2016.10.23

八王子・早乙女、我慢の投球で帝京を7安打完封

八王子vs帝京 | 高校野球ドットコム

八王子勝利の瞬間

 1回戦は明大中野八王子、2回戦は都立雪谷と強豪を撃破した夏の西東京大会優勝の八王子と、2回戦で二松学舎大附を接戦の末破った伝統校の帝京。このブロックは強豪揃いの激戦区であるが、3回戦も、緊張感のある試合になった。

 帝京松澤 海波八王子は甲子園を経験した早乙女 大輝と、ともにエースが先発した。

 帝京の松澤は1、2回と走者を2人出したものの、アウトは全て三振と、八王子打線をねじ伏せた。ただその一方で、2回を終了して47球と、球数が多かった。

 八王子の早乙女は、毎回のように安打は打たれるものの、要所を締めて得点を許さない。帝京は強力打線だけに、八王子の安藤 徳明監督は、早乙女に「3、4点はやっていい」と言っていた。その気持ちの余裕が、腕がよく振れた投球につながる。

 4回表八王子は1点を先制する。一死後7番雨宮 諒也が中前安打。8番早乙女の遊ゴロで二塁に進み、9番野村 悠仁の中前安打で雨宮が二塁から一気に生還する。ただ雨宮の生還は、タイミングはアウトで、捕手もタッチしていたと帝京側はアピールしたが、判定は覆らなかった。

 これで八王子に流れが行っただけでなく、帝京・松澤の投球も5回で97球であり、球威も序盤ほどではなくなってきた。


八王子vs帝京 | 高校野球ドットコム

松澤(帝京)

 7回表八王子の3番高橋 裕汰の内野安打、4番安羅岡 塁斗の四球などで、一死二、三塁とし、打席には6番の櫻井 陸朗が入る。主将であり、甲子園を経験している櫻井は、1次予選は3番、本大会は1番を打っていたが、「気負いがあったので、楽に打たせようと、打順を下げました」と安藤監督が言うように、この日は6番であった。それが当たる。2ボール1ストライクからの4球目を叩くと、打球は左中間のフェンスを越える3ランになった。その後も満塁のチャンスが続いたものの、生かせなかった。

 ただ八王子の早乙女には、4点は十分なリードであった。「夏よりは球が速くなった」と言う早乙女であるが、緩い球をより効果的に使えるようになり、早乙女のペースになる。

 9回表も八王子は2本の安打と、8回から登板した帝京仁田 龍也の暴投で1点を追加し、5-0で八王子が強豪対決を制し、準々決勝進出を決めた。

 帝京にすれば、先取点の取られ方に納得がいかない部分もあるだろう。ただ、八王子の早乙女を打てなかったのも事実。エースの松澤は1年生ながら球威もあり、変化球も効果的に使っており、楽しみな投手だ。打線にも俊足の佐々木 俊輔など、力のある選手もいるし、この大会は負傷で欠場した岡崎心が戻れば、攻撃力は増すだろう。ひと冬越してのチームの成長を期待した。

 八王子は、甲子園を経験してチームとしての成長を感じる。これまで、帝京のような伝統校相手だと、力を発揮できないことが多かったが、「自分たちの野球をやろう」という安藤監督の指示を、最後まで貫くことができた。また甲子園では、日南学園森山 弦暉に抑えられたが、身長160センチの左腕の森山の投球をみて、同じ左腕の早乙女は、「低め、低めに丁寧に投げることが、参考になりました」と言う。甲子園では結果を残せなかったが、その経験は貴重であった。しかしながら、夏春連続出場に向けては、今後も厳しい戦いが続く。

(文・写真=大島裕史

八王子vs帝京 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?