試合レポート

都立武蔵丘vs都立昭和

2016.10.12

あわやノーヒットノーランから9回、初安打を生かした武蔵丘が辛勝

都立武蔵丘vs都立昭和 | 高校野球ドットコム

ついに均衡を破る三塁打を放った武蔵丘・戸田君

 今春の東京都大会早稲田実を下して一躍注目校となった都立昭和。この秋も、一次ブロック予選では都立校の強豪総合工科との接戦を制して進出。充実感を漂わせている。また、都立武蔵丘も、一次予選の2試合はいずれも1点差勝ちで勝負強さを示してきた。

 そんな、お互いの一次予選の戦い方を象徴するようなロースコアの接戦となった。どちらも、なかなかホームベースの遠い試合だった。

 都立武蔵丘は足を挙げてから、ぐっと体を沈めるような感じで投げ込んでくる阿部君、都立昭和は背番号11ながら、制球力がよく歯切れのいい投球の河田君が先発。どちらも、自分の投球リズムを守っていて、間合いもよく、どんどんの投げ込んできていて、相手に考える余地を与えないくらいである。お互いに、なかなか得点機会すら作れないという状況で試合が進んでいった。果たして、どちらがどういう形で得点を挙げていくのだろうかと思わせた。ただ、内容的には都立昭和がいくらか押し気味ではあった。5回まで進んでも時間は50分足らずというスピーディーなものだった。

 5回まで都立昭和は2安打、都立武蔵丘は無安打のままだった。無死の走者は初回に都立昭和の先頭打者の小山君がバント安打して出塁した時の身だった。

最大の得点機が6回の都立昭和に訪れた。この回2番澤田君からだったが、左前打で出塁。チーム3本目の安打だった。田中修平君がしっかりとバントで送ると、続く大石君も右前打して一三塁。二塁走者の澤田君は三塁で自重した。5番村松君は1ボール2ストライクと追い込まれながら、中堅へ飛球。三塁走者はタッチアップかと思われたが、ここでも自重。続く、上野君の遊ゴロは難しい当たりだったが、都立武蔵丘の吉田君が好守備で間一髪アウト。都立武蔵丘はピンチを切り抜けた。

 しかし、都立武蔵丘打線はテンポのいい河田君を攻略する糸口がつかめないままだった。膠着状態の中で、最初に動いたのは都立武蔵丘で、江里口 肇一監督は8回、好投を続ける阿部君の打席で代打を送った。しかし、結局この回も無安打のままだった。8回からは一塁手の左腕岡田君がマウンドに立ったが、都立昭和も無得点のまま。延長の気配も漂ってきていた。

 そして、9回も河田君は先頭打者を右飛に抑えるが、あわやポテン安打かという打球を村松君が好捕した。何となく、そろそろ捕まりかかってきたかなという感じもしないでもなかったというところで、3番津幡君が中前へチーム初安打を放つ。何か、緊張の糸が切れたかのような感じもあったが、出塁した津幡君も足が攣るというアクシデント。緊張感がまた高まってきた。


都立武蔵丘vs都立昭和 | 高校野球ドットコム

独特のフォームで好投した武蔵丘・阿部君

 そして、都立武蔵丘では最も期待ができるという4番戸田君を迎える。2ボールからの3球目、やや高めの肩口から入ってきた球を叩くと、打球はセンター澤田君の頭上を抜けていった。両チーム通じて初の長打となったが、一塁走者津幡君はアクシデントの後だったが懸命に走り抜けてついにホームイン。さらに、2四球などで二死満塁となったが、ここで都立昭和は好投の澤田君を諦めて1年生でエースナンバーを背負う猪野君を投入。猪野君は、度胸よく三振を奪った。「結果論ですが、初安打されたところで投手交代ということもあったかもしれません。4番に対しては、敬遠もありかなとも考えたのですが…2ボールになってしまってストライクを取りに行ったところを打たれました」と、都立昭和の森 勇二監督は9回の守りに関しては、やや迷いがあったことを悔いた。

 それでも、その裏の都立昭和は一死から上野君が中前打し、バントで二死二塁とすると捕逸で三塁へ進む。関口君は四球で出塁し、二塁盗塁も決めて二死二三塁。一打逆転という場面になった。ここで、八回戎らリリーフしていた岡田君は大きく深呼吸してから猪野君と対し、最後は右飛に打ち取った。試合終了となった。

 江里口監督は、「このまま(ノーヒットノーランを)やられるのではないかと思っていました。みんな、のんびりした子が多いですからね(苦笑)。ウチとしては、3番と4番しか打てませんから、可能性としてはこれしかないという勝ち方ですね。本当によく打ってくれました。投手もよく頑張りましたね」と、選手たちの踏ん張り、頑張りを称えた。

 最後まで本塁が遠かった都立昭和。森監督は、「悔しいなぁ…」と一言。そして、「このチームは、まだ人に頼ってしまうところが多々あるんですよ、そういうところが今日も出てしまったのかもしれません。気配りや、もっと周囲に目を配るということがまだまだできていないですね。それを、これから1年かけて植え付けていかないと…、もっといいチームにはなれません。まだまだ指示待ちのところがありますから」と、敗戦を糧に次のステップへ向けて切り替えていた。

(文・写真=手束 仁

都立武蔵丘vs都立昭和 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.08

【春季東京都大会】錦城の左腕・宮地が2試合連続完封で都立片倉を下して4回戦進出

2024.04.08

【神奈川】夏のシードをかけた3回戦は13日、8会場で開催

2024.04.08

【愛知】9日に県大会抽選会、50チームの頂点はどのチームか

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.03

【千葉】銚子商が1点差で初戦突破、東京学館浦安、佐倉も初戦を突破<春季大会予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?