試合レポート

都立豊多摩vs都立府中工

2016.10.12

終盤に大波乱の試合は、最後に豊多摩が笑う

都立豊多摩vs都立府中工 | 高校野球ドットコム

歓喜のサヨナラとなった都立豊多摩

 当初の予定が週末の雨でずれ込んだ東京都大会。8日の予定だった試合がこの日に持ち越されて、本大会初戦である。

 展開としては、中盤までの流れからは、信じられないような形になった。まさか、こんな結末のこんなスコアの試合になるとは考えられない試合だったという印象である。

 6回までに宮下君、松岡君の連続二塁打や鈴木勇君の安打などで3対0とリードしていた都立府中工。4回にも1番杉江君のタイムリーで加点してリードして主導権を握っていた。ところが7回に、下位の3連打とディレードスチールで1点差とされる。それでも、失策はあったものの、何とか踏ん張ってそのまま9回を迎えた。しかし、ここで思わぬことが起きる。

 都立府中工の先頭の7番馬場君の打球は単純な内野ゴロかと思われたが、内野手が捕球態勢に入ったところでポーンと跳ねてイレギュラー安打となった。二塁盗塁もあって二死二塁となった後、万事休すかと思われた外野飛球が左翼手がグラブに当てながらの落球となり同点。延長にもつれ込んだ。

 それでも都立府中工も気落ちすることなく、10回にすぐに反撃。先頭の3番宮下君の左前打に始まって、鈴木 勇二君が続き井出君の右前打や、佐々木君の中前打で2点を入れる。これで万全かと思われた。

 ここで都立府中工坂尾 武監督は、「安定感ではむしろ(先発した井出君よりも)上、という信頼の下に、井出君を外野に下げて日向(ひなた)君を送り込んだ。ところが、都立豊多摩は東浦君と田中 悠貴君が連打。さらに、内野ゴロの失策もあって満塁。代打伊藤君は三振に倒れたが、馬場君が狙いすましてタイムリー打を放ち同点。なおも一三塁となったところで、大沼君がカウント2ボール1ストライクからの4球目を投手横へ転がすスクイズを決めて、劇的なサヨナラとなった。

 今春に甲子園出場実績もある都立城東から異動してきて指揮を執ることになった平岩了監督は、「都立城東の子たちと、ここの子たちに能力の差と言えばそんなにあるとは思いません。ただ、意識ということで言えば全然違います。もちろん、公式戦で緊張はしているのでしょうけれども、都立城東の子たちのようなガツガツした気持ちはないですね」と、苦笑する。それでも、そうした意識が却ってリラックスした要素を導き出して、この試合のような形になることもあるということであろう。

「野球の神様っていうのは本当にいるんですね。展開としては、完全に負け試合なんですけれども、こういうことがあるんですね」と、日体大で首都大学野球リーグの高いレベルでの野球を経験してきた平岩監督をしても、改めて野球の不思議さを体感したようでもあった。

 逆に、この秋から前任の佐藤 賢司監督を引き継いで就任した都立府中工坂尾 武監督は、「改めて、一つアウトを取ることの大変さと難しさを教えられました。野球の怖さも、勉強させていただきました」と、試合を振り返っていた。

(文・写真=手束 仁

都立豊多摩vs都立府中工 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?