試合レポート

花咲徳栄vs春日部共栄

2016.10.10

花咲徳栄、綱脇の復活もあり関東大会へ

花咲徳栄vs春日部共栄 | 高校野球ドットコム

綱脇 慧(花咲徳栄)

 4季連続甲子園を目指すAシード・花咲徳栄対Bシード・春日部共栄との一戦、この試合両チーム共にメンバーや打順が数人入れ替わっていた。まず花咲徳栄だが、これまで不動のオーダーであったが、この日太刀岡を9番・ライトに入れる。一方の春日部共栄も2番ショートに多田、5番に谷島を入れ、前の試合5、6番を打っていた又吉 一瑳(2年)、森を3、4番に上げ、山本をスタメンから外す。そして花咲徳栄綱脇 慧(2年)、春日部共栄は鷹休が先発する。

 鷹休はオーソドックスな右腕で直球がMAX120km中盤なだけに、主にスライダーと直球をコーナーに投げ分けるコントロールが武器の投手だ。おそらく、共栄ベンチとしては、後ろに今大会好調の1年生右腕内藤を残しているだけに、鷹休と山本がどれだけ投げられるかとその継投のタイミングも鍵となる。一方の花咲徳栄ベンチも今大会は綱脇が不調ということもあり、清水 達也(2年)への継投が鍵となるのだが、そもそもこの試合清水先発で行かなかった所を見ても綱脇に立ち直って欲しいという花咲徳栄ベンチの思惑が感じられる。

 序盤は互角の展開であった。まず花咲徳栄は初回春日部共栄・鷹休の立ち上がりを攻めたて、先頭の千丸 剛(2年)がセカンドへの内野安打を放ち出塁すると、続く岩瀬 誠良(2年)が送り一死二塁とする。だが、3番・西川 愛也(2年)、4番・野村が凡退し得点を奪えない。

 一方の春日部共栄もその裏、花咲徳栄・綱脇の立ち上がりを攻めたて、先頭の川畑 光平(2年)が初球の直球を捉え左中間へ二塁打を放つ。だが、続く多田が犠打を失敗してしまう。これが本当に大きかった。それでも一死後、3番・又吉がまたしてもファーストストライクの直球を捉える。おそらくこれは本多監督が試合前に選手達に伝えていた綱脇対策だったのであろう。打球は大きなレフトへの犠飛となり二死三塁とする。続く森が死球を選び二死一、三塁とするが後続が倒れ先制点が奪えない。

 花咲徳栄は2回表もこの回先頭の須永光(2年)がライト越えの二塁打を放つと、続く高井はバントの構えを見せる。だが、なぜか初球のボール球に対し、二走・須永が第二リードを大きくとってしまいキャッチャー又吉に刺されてしまう。結局後続も倒れこの回も得点が奪えない。

 それでも花咲徳栄は3回表、打順が二巡目に入り春日部共栄・鷹休を捉え始める。二死から1番・千丸がセンター前ヒットを放つと、続く岩瀬も死球を選び二死一、二塁とする。ここで、3番・西川がセンター前タイムリーを放つと、続く野村もレフト前へタイムリーを放ちこの回2点を先制する。


花咲徳栄vs春日部共栄 | 高校野球ドットコム

山本(春日部共栄)

 一方の春日部共栄は結局その裏、回の先頭が鷹休だったこともあり代打・山本を送るなど鷹休を諦め、4回からエース山本をマウンドへ送る。投球練習を行う山本にある変化が見られた。前の試合までのアンダースローの投手のような足の運びからサイドハンドで投げる今までのフォームから一転、腕の位置も微妙に上げ、ややスリークウォーターの位置から投げるフォームへ変更していたのだ。おそらく、この一週間の間にフォーム変更したのであろう。これには花咲徳栄サイドも面食らったのではなかろうか。

 春日部共栄・山本は4回表こそ相手打線が下位ということもあり、三者凡退で抑えたのだが、5回表、花咲徳栄の上位打線に捉まる。一死から、千丸が右中間へ二塁打を放つと、続く岩瀬に死球を選び一死一、二塁とする。ここで3番・西川が左中間へ2点タイムリー二塁打を放ち4点差をつける。

 これで流れを掴んだ花咲徳栄は6回表にも、相手のミスにつけ込み大量点を奪う。一死から7番・鈴木が死球で出塁すると、続く綱脇は犠打を狙う。だが、この打球はキャッチャーの目の前に転がり併殺かと思われたが、キャッチャー又吉の二塁送球が悪送球となり一死一、三塁とチャンスが広がる。もう1点も上げたくないはずの春日部共栄ベンチであったが、おそらく3回同様、その裏の先頭がピッチャーからであることも影響しているのであろう。山本に続投させるがこれが裏目と出る。

 花咲徳栄は9番・太刀岡が四球を選び一死満塁とすると、続く千丸がセンター前へ2点タイムリーを放つ。さらに二死後、3番・西川が右中間へ2点タイムリー二塁打を放ち、山本をマウンドから引きずり降ろすなどこの回一挙4点を奪い8点差を付け一気にコールドペースへ持ち込む。

 一方、投げてはこの日直球の走りの良かった綱脇が、2回以降春日部共栄打線を無安打に抑えるなど圧倒する。7回裏、代打・田山に初回以来のヒットを浴びると、その後連続四球を与え一死満塁のピンチを招くが、後続を抑え無失点で切り抜ける。結局花咲徳栄春日部共栄を7回コールドで退け関東大会の切符を掴んだ。

 まず春日部共栄だが、この日継投タイミングが結果的に後手、後手に回り内藤で勝負する展開に持ち込めなかったのは痛い。とはいえ、打線も最後まで綱脇を捉える事が出来ず、投手陣も花咲徳栄打線を前にし、粉砕するなど力の差は歴然であり完敗であった。何より今大会戦力として考えていた渡部太陽(1年)、大木喬也(1年)の両左腕が間に合わなかったことが大きい。一冬を越し、渡部、大木が仕上がってくると話は別だ。春以降彼らが投手陣の中心となるようであれば、今後浦和学院・花咲徳栄とも戦える戦力を有することとなるであろう。

 一方の花咲徳栄だが、この日は綱脇に尽きる。おそらく、約一週間あった国体中断期間を有効に使えたのであろう。これまでとは見違える投球を見せた。直球のキレ、制球共に申し分なく、直球が良かったのでスライダーも活きた。打線は千丸、西川の甲子園組を中心とし、この日はやや不発だったが下位打線も気が抜けない。新チームはあまり犠打を使わないのも特徴だ。おそらく、打線に自信を持っているのであろう。唯一この日スタンドの選手達が座ったままで全く応援していなかったことが気になったが、いずれにせよ、花咲徳栄が関東大会へ向け、4期連続の甲子園へ向け、また一歩、歩を進めたことは事実のようだ。

(文・写真=南 英博

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.18

【岡山】センバツ出場の創志学園は2回戦から登場! 2回戦で昨年夏の決勝戦と同じカードが実現の可能性も!<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード