試合レポート

武岡台vs出水

2016.10.04

前日の経験を生かす・武岡台

武岡台vs出水 | 高校野球ドットコム

武岡台先発・宮田悠希

 武岡台は初回、4番・永井千尋主将(2年)のレフト前タイムリーを皮切りに5連打を浴びせ、7安打7得点で出水の左腕・濱島優真(2年)を攻略した。

 出水は2回に8番・岩塚卓磨(1年)のライト前タイムリー、3回に押し出しで1点ずつを返し粘りを見せる。武岡台は4回にも5番・日高紘志(2年)のライトオーバー二塁打などで2点を加え、5、6回にも1点ずつを加え、先発全員安打となる15安打を放った。

 武岡台は27年ぶりとなる4強入りを果たした。前日は5回まで1対3とリードされていたが雨でノーゲーム、仕切り直しとなった。「相手の濱島君を全員が見られたのが大きい」と濱涯聡監督。劣勢を強いられたが、前日の反省を生かし、出水のエース対策を練ることができた。球威のある出水・濱島に対して詰まって打ち上げる打球が多かった。仕切り直しまでに濱涯監督は「スイングをコンパクトにして、振り負けずに低い打球を打つ」イメージを徹底するよう、各選手に指示した。

 前夜は「ひたすらバットを振りまくった」4番・永井主将に初回一死一二塁で好機が回ってくる。「宮田(悠希・1年)のためにも何としても二走を返したかった」と追い込まれながらも、レフト前に弾き返し、先発した1年生右腕へ強力な「援護射撃」となった。打線の核となる4番、主将がテーマ通りの低く鋭い打球を飛ばしたことで、打線に火が付く。5連打を浴びせ、内野ゴロを挟んで更に2連打を重ね、大量7点を奪って主導権を手繰り寄せた。

 前日は途中からのリリーフだった宮田だが「気持ちの入った投球をしていた」姿に濱涯監督は先発を託した。「前の日の疲れも感じさせず、ボールに勢いがあった」と捕手・永井主将。出水打線を5安打2失点に封じた。

 初戦国分中央に続いて、シード出水にも先発全員安打の15安打での快勝に、濱涯監督は「出来過ぎです」と謙遜しながらも「力はあると思っていたチームが持っている力を発揮してくれた。この結果を自信にしてくれれば」と期待する。「ここはあくまで通過点」と永井主将。目指すのは学校創立30周年の節目に、九州大会初出場、その先の甲子園出場を勝ち取ることだ。

(写真・文=政純一郎

武岡台vs出水 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.21

【滋賀】近江、八幡商がコールド発進<春季県大会>

2024.04.21

【京都】龍谷大平安、塔南・開建がコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【春季三重県大会】終盤の点の取り合いを凌ぎ、津田学園がタイブレークでいなべ総合を振り切る

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード