試合レポート

徳之島vs伊集院

2016.09.26

ひっくり返せたことが自信に・徳之島

徳之島vs伊集院 | 高校野球ドットコム

仁礼尚(徳之島)

 徳之島は初回、3番・澤村洋飛(2年)のライト線三塁打、5番・廣龍穂(1年)のライト線二塁打で幸先良く3点を先取するも、その裏、守備が乱れて6点を奪われた。

 4回、1番・盛勝紀(1年)の犠牲フライで2点差とする。5回はエラーで1点差に詰め寄り、二死一三塁で重盗を仕掛け同点。1番・盛が走者一掃のレフトオーバー三塁打を放って勝ち越しに成功した。守備は2回以降、リリーフした仁礼尚人(1年)がリズムを作り、相手の追加点を5回の1点のみに抑えた。

 徳之島にとって初回の6失点は重かったが「ひっくり返せたことが自信になった」と中原陸主将(2年)は言う。

 持ち味の強打を発揮して幸先良く3点を先取したが「あまりにうまく行き過ぎたので、守備で油断があった」(中原主将)。単純なミスだけでなく、カバーリングやポジショニングなどの連携もかみ合わず、6点を献上したかたちになった。

 「6失点は監督の采配ミス」と田村正和監督。レギュラー選手の体調不良などもあり、控え選手を起用したところでミスが出た。「3点差なら取り返せる自信はある」(田村監督)。やるべきことは必要な手を打ち、動揺する選手の心を落ち着かせ、自信を持ってプレーさせることだ。

 2回から、ストライク先行で投球のリズムが作れる仁礼をマウンドに送り、レギュラー選手を本来の位置につけた。序盤で守備のリズムを立て直したことで、中盤の逆転劇の布石を打った。

 5回、二死一三塁から一走・勇海人(2年)がディレード気味にスタートを切り、二塁送球したスキに三走・福井敦貴(2年)が同点の本塁を陥れる。伝統の「足攻」で同点に追いついたことで完全に自信を取り戻し、1番・盛の勝ち越し三塁打が生まれた。「うちらしい点の取り方ができた」(田村監督)5回だった。

(写真・文=政純一郎

徳之島vs伊集院 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.23

「無欲すぎて就職希望だったところを……」紅林弘太郎(オリックス)、恩師が明かす高校3年間

2024.04.23

【熊本】城南地区では小川工が優勝、城北地区では有明と城北が決勝へ<各地区春季大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!