試合レポート

明秀学園日立vs水戸桜ノ牧

2016.09.24

第4シード・明秀学園日立が3投手の継投で8回コールド勝利!5番・高橋成行が先制ホームラン!

明秀学園日立vs水戸桜ノ牧 | 高校野球ドットコム

明秀学園日立先発の中田投手

 第4シード・明秀学園日立と水戸桜ノ牧の一戦。先攻・明秀学園日立は背番号10の右腕・中田 勇之介(2年、磐崎中)が、後攻・水戸桜ノ牧は背番号11の左腕・友部 龍基(2年、友部中)が任された。

 1回裏、水戸桜ノ牧は2番・深谷 和磨(2年、勝田一中)が右中間スリーベースを放ち一死三塁のチャンスを作るが、ピッチャーゴロと三振で得点を奪えない。

 2回表、明秀学園日立は2つの四球で一死一、二塁とするが、後続は内野フライに打ち取られる。

 3回表、明秀学園日立は二死から2番・原 光貴(2年、磐崎中)がレフト前ヒットの当たりで一気に二塁を落とし入れ二死二塁とするが、得点には至らない。

 4回表、明秀学園日立は一死から5番・高橋 成行(2年、なめがたシニア)がライトスタンドにホームランを放って1点を先制する。

 4回裏、水戸桜ノ牧は一死から4番・酒井 亮輔(2年、明光中)がライト前ヒットで出塁し、四球と進塁打で二死二、三塁のチャンスを作るが、7番・秋山 玄樹(2年、大宮中)は空振り三振に倒れる。

 6回表、明秀学園日立は先頭の2番・原、3番・芳賀 大成(1年、福島南部シニア)の連続ヒットと犠打で一死二、三塁とすると、5番・高橋のレフト前ポテンヒットで2点を追加する。さらに6番・渡辺 祐弥(2年、宮城利府ボーイズ)のライト前エンドランと盗塁で一死二、三塁とチャンスを広げると、7番・菊池拓巳(2年、なめがたシニア)のスクイズでさらに1点を追加しその差を4点とする。
6回裏、水戸桜ノ牧が反撃に出る。先頭の2番・深谷がレフト前ヒットで出塁すると、3番・寺門 秀忠(2年、那珂三中)の右中間スリーベースで1点を返す。

 明秀学園日立はここで2番手として背番号11の右腕・三好 健太(2年、ひたちなかボーイズ)を投入する。水戸桜ノ牧はその後二死二塁とし、二走・寺門が仕掛けた三盗が暴投を誘い一気に生還。1点を追加しその差を2点に詰める。

 7回表、明秀学園日立は二死から2番・原が右中間ツーベースで出塁し、3番・芳賀が四球で繋いで二死一、三塁とすると、4番・若松 祐斗(2年、大阪福島シニア)のレフト前ヒットで1点を追加する。さらに四球で二死満塁から、6番・渡辺のレフト線ツーベースで2点を追加する。

 水戸桜ノ牧はここで2番手にセカンドの守備に就いていた酒井をマウンドに送り後続を断つ。


明秀学園日立vs水戸桜ノ牧 | 高校野球ドットコム

水戸桜ノ牧先発の友部投手

 5点差とされた水戸桜ノ牧は7回裏、再び反撃する。一死から8番・綿引 柊斗(2年、城里常北中)がレフト線ツーベースで出塁し、内野ゴロで二死三塁とすると、1番・伝谷麗二(1年、水戸四中)のライト線ツーベースで1点を返す。

 8回表、明秀学園日立は攻撃の手を緩めない。先頭の9番代打・中野 響(2年、水海道西中)が四球で出塁し、代走に背番号20の池田 陵人(1年、平岡中)が送られる。その後、盗塁で一死二塁とすると、2番・原のこの日4本目のヒットなるセンター前ヒットで1点を追加する。さらに盗塁で一死二塁から、3番・芳賀のライト前ヒットと盗塁で一死二、三塁とチャンスを広げ、4番・若松のセンターへの犠牲フライで1点を追加する。なおも二死二塁から、5番・高橋のライト線スリーベースで1点を追加し、その差を7点に広げる。

 8回裏、明秀学園日立は3番手に背番号18の右腕・清水 悠斗(1年、生駒ボーイズ)を送る。後がない水戸桜ノ牧だが、3人で切って取られて試合終了となる。
第4シード・明秀学園日立が追いすがる水戸桜ノ牧を振り切って8回コールドで下した。

 明秀学園日立はいずれもストレートにキレがあり、腕を振ってスライダーを投じる似たようなタイプの長身3投手を継投させた。中でも先発の中田 勇之介はストレートに力があり、最速130キロ中盤は出ているようだ。また、背番号1の粂 直樹(2年)はブルペンでの投球を初めて見たが、アンダースローで力強い球を放っておりこちらもかなりの力量がありそうだ。

 打線は2番・原 光貴が5打数4安打3得点と大暴れし、攻撃の起点となった。また、5番・高橋 成行もホームランにフェンス直撃打と長打力を見せつけた。

 
チームとしては終盤に積極的に盗塁を仕掛けて4盗塁をマークし、足を絡めて大量得点につなげた。
明秀学園日立は次戦、好投手を擁する下妻二と対戦する。

 一方、水戸桜ノ牧は5回まで0対1で互角に渡り合ったが、6回以降明秀学園日立打線に捕まった。

 打線は少ないチャンスに足を絡めて得点につなげた。特に2番・深谷 和磨のミート力には一際目を惹かれた。

(取材・写真=伊達 康

明秀学園日立vs水戸桜ノ牧 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

根尾 昂、一軍昇格へ準備着々! 盤石・中日投手陣に割って入れるか?

2024.04.17

【茨城】土浦日大と明秀日立が同ブロックに!選抜出場の常総学院は勝田工と対戦!<春季県大会組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード