試合レポート

浦和学院vs星野

2016.09.30

浦和学院、蛭間が復活!コールドで星野を下し準決勝進出!

浦和学院vs星野 | 高校野球ドットコム

蛭間 拓哉(浦和学院)

 Bシード・浦和学院対初のベスト8進出の星野との一戦。
この試合、浦和学院は、ベストメンバーを揃える。さらに今大会これまで当たりの出ていない蛭間拓哉(1年)を3番にし、4番・山本晃大(2年)、5番・家盛陽介(2年)とやや打順を組み替える。一方の星野は前の試合からスタメンを3人入れ替え、右打者を7人揃え試合に臨む。

 先発は星野がエース左腕の湯澤卓己(2年)、一方の浦和学院は1年生左腕・佐野涼弥(1年)で試合が始まる。
まず1回表、星野は先頭の星野匡哉(2年)が四球で出塁するが、後続の3番・安藤、4番・櫻井駿樹(2年)も連続三振に倒れ走者を進められず無得点に終わる。

 一方の浦和学院はその裏、一死から杉山 翔(2年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、すぐに二盗を決める。続く蛭間が四球を選び一死一、二塁とすると、4番・山本がライトへ大きな犠飛を放つ。この打球で走者がそれぞれ進塁すると、さらに中継に入ったセカンドが一瞬目を切った瞬間、既に三進していた杉山が一気に本塁まで陥れ浦和学院が先制する。
これでやや浮足立った星野ナインに対し、浦和学院は5番・家盛がレフト前タイムリーを放ち2点目を奪うと、続く燈中も右中間へタイムリー三塁打を放ち初回から3点を奪う。

 浦和学院は、2回裏にも一死から9番・森川が死球で出塁すると、続く矢野壱成(1年)の所でエンドランを決め一死一、三塁とする。2番・杉山のスクイズはキャッチャーの好判断により失敗に終わるが、続く蛭間がレフト越えのタイムリー二塁打を放ち2点を追加すると、4番・山本もセンター前タイムリーを放ち6対0とし試合の流れを完全に掴む。


浦和学院vs星野 | 高校野球ドットコム

先発・湯澤卓己(星野)

 一方、星野の反撃は4回表、一死から3番・安藤が左中間へ三塁打を放ち一死三塁とする。続く櫻井がライトへ犠飛を放ち1点を返したかに思われたが、三走・安藤の離塁が早くアピールプレイでアウトとなり無得点に終わる。
すると、その裏、浦和学院はこの回先頭の森川がセーフティーバントを決め出塁すると、続く矢野も死球を選び無死一、二塁。ここで2番・杉山がきっちりと送り一死二、三塁とすると、続く蛭間がライト線へ2点タイムリー二塁打を放ち8点差をつけコールドペースへ持ち込む。

 星野も5回表、この回先頭の小山が死球で出塁すると、二死後、8番・後藤がライト線へタイムリー二塁打を放ち1点を返すと、7回表にはこの回からマウンドに上がった2番手・渡邉祐太朗(1年)を攻め立て、この回先頭の湯澤、続く飯野の連打で無死一、二塁。さらに一死後、9番・清水がレフト前タイムリーを放ちマウンドから引きずり降ろす。だが、3番手・清水に後続が打ち取られると、その裏、浦和学院はこの回先頭の蛭間がライトスタンドへ豪快にソロ本塁打を叩き込み、結局7回コールドで試合を終えた。

 まず星野だが、好左腕・湯澤が左投手を苦にしない浦和学院の左打者に対し、どう攻めるかが鍵であったが、インコースを突き切れなかったことがすべてであろう。浦和学院打線に対し外角中心の攻めをしても捉えられてしまう。星野バッテリーは一つ勉強をしたのではなかろうか。だが打線は点差を付けられながら、浦和学院・佐野に対し、二巡目以降長打を放つなど中盤以降必死に食い下がったことは今後へ向けての財産となるであろう。
飯野監督は「今後は打ち負けないように、もっと選手の胸板とか下半身を大きくしたい」と打線の強化を一番の課題に挙げていたが、元々湯澤が安定しているだけに、一冬を越し、打線の迫力が増すと面白いチームになるかもしれない。

 一方の浦和学院だが、前の試合やや苦戦したこともあり、その反省からか、この試合へ臨む選手達の集中力は見事であった。何より、主砲・蛭間が復活を遂げたのは今後へ向けての好材料だ。佐野はこの日3本の長打を浴びるなど、ややピリッとしなかったが、おそらく点差が空いたことによる集中力の欠如が原因であり、問題ない。むしろそれでも結局6回4安打9奪三振1失点とまとめる辺りはさすがだ。まだ1年生ながら、早くも県下ではNO1投手の呼び声高い佐野をどう攻略するかが今後の埼玉県のテーマとなりそうだ

(文=南 英博

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.21

【滋賀】綾羽、滋賀短大附、虎姫が3回戦へ<春季県大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード