試合レポート

駒大高vs都立小岩

2016.09.19

駒大高が黒田の勝ち越し打などで8点を挙げ、都立小岩に逆転勝ち!

駒大高vs都立小岩 | 高校野球ドットコム

黒田選手(駒大高)

 時折、小雨がぱらつくなか、本大会出場を懸けて行われた都立小岩駒大高の一戦。

 都立小岩は2回表、駒大高の先発・松原 耀一から6番・浜津 創がセンター前へヒットを放つと中堅手がこの打球を後逸し、浜津は一気に三塁へ。このチャンスに8番・塚本もセンター前へ弾き返して、1点を先制する。

 5回表は一死から9番・合六 彪流がレフトオーバーのエンタイトルツーベース。続く1番・脇本 圭太のセカンドゴロで三塁に進むと、2番・石川 幹太への初球を捕手がこぼしてボールを見失っている間に、合六が思い切り良くホームを突いて2点目を挙げた。

 都立小岩の先発は合六。キレのある真っ直ぐに変化球を交え、1回裏は2三振を奪うなど4回までは無失点。しかし、5回裏の駒大高は8番・川光 真太郎がフルカウントから四球を選ぶと、9番・黒田は初球を送りバント。この下位打線が作ったチャンスに1番・吉田永が応えレフトへのエンタイトルツーベースを放ち1点差。

 さらに、6回裏はこの回先頭の3番・小林 龍弥が左中間へのヒットで出塁すると、一度は打者のインターフェアで盗塁が取り消されて二死となるが、6番・吉田勝の打席で小林は改めて二盗に成功。吉田勝は死球で、7番には6回から二番手としてマウンドに上がった川田が入っていたが、駒大高ベンチは代打に西坂を送る。西坂は2ストライクと追い込まれるが、3球目にバッテリーミスが出て二三塁。そして、6球目の変化球に手を出し空振り三振となるが、このボールもキャッチャーが後ろに逸らして振り逃げ。3塁走者がホームインして同点に追いつくと、勢いに乗った駒大高は四球を挟んで満塁から、黒田がレフトの頭上を越すエンタイトルツーベースを放って2点を勝ち越し。この回、3点を奪って一気に逆転した。

 7回表の都立小岩は三番手の左腕・吉田永から浜津が死球。ノーアウトのランナーを出すが、7番・角石 陸月は送りバントを決められずサードゴロで併殺。8回も2つの四死球で二死一二塁とすると、同点の走者になる3番の関に代走を送る勝負に出たが、4番・清水 悠眞はフルカウントからインハイの真っ直ぐを打ち上げてショートフライに倒れ、追撃はならず。

 逆に駒大高は8回裏、この回の途中から登板した戸村を攻め、小林がセンターオーバーの2点適時三塁打。吉田勝は三番手のアンダースロー・鈴木からライトへ2点適時打を放って勝負あり。9回表は吉田永が力強いストレートで2三振を奪い、駒大高が8対2で都立小岩を下した。

 駒大高は「動けるタイミングがあったら動く」と意識付けされている機動力を活かした攻撃が逆転を生んだ。川端 教郎監督は「この夏は練習時間が少ないなか実戦練習を多く積み、足りない部分は各個人が自主練習をして埋めてきました。本大会までには少し時間があるので、投手陣はピッチング、野手陣はバッティング、さらにキャッチボールやノックなど、さらに基本を固めて臨みたい」と、意気込みを語ってくれた。

 都立小岩は序盤、ペースを握っていたが、ピッチャー・合六が走者を気にしすぎてリズムを崩し、四死球やバッテリーミスが失点に絡んでしまったのは残念だった。

(文=大平明

駒大高vs都立小岩 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!