試合レポート

専修大附vs聖徳学園

2016.09.18

専修大附が宮島の二塁を踏ませない好投で聖徳学園に8回コールド勝ち!

専修大附vs聖徳学園 | 高校野球ドットコム

先発・宮島投手(専修大附)

 共に緑色をユニフォームに使用しているチーム同士の対戦となった専修大附vs聖徳学園

 先制したのは専修大附。2回裏、6番・吉川が四球で出塁すると、7番・大高がセンター前ヒット。8番・吉田も四球を選ぶと、9番・宮島がショートの左を抜くタイムリー。二死走者なしから下位打線がしぶとくつながり貴重な1点を挙げた。

 さらに、4回裏はこの回の先頭打者で回ってきた吉川が再び四球。大高がバントで送ると、吉田は一塁手のグラブを弾くタイムリー。なおも攻撃は続き、盗塁と内野ゴロで二死三塁の場面から1番・松本はセンターオーバーの適時三塁打を放ち、この回は2点を追加した。

 反撃したい聖徳学園だが、その前に立ちはだかったのが専修大附のエース左腕・宮島。力強いストレートを主体にした投球で、3回までは内野ゴロの山を築くパーフェクトピッチング。4回表は二死から3番・菅家にレフト前へ落とされ初めての走者を許したが、続く4番・石川から空振り三振を奪い、この回も無失点で切り抜けた。

 聖徳学園の先発・菅家はカーブを見せ球に使って5回裏は2三振を奪い、立ち直るきっかけを見つけたかに思えたが、6回裏も二死から宮島に四球を許してしまい盗塁を決められると、松本に今度は三遊間を破られて失点。7回裏は3番・澤に右中間三塁打を打たれると、4番・籾山にはレフト前に運ばれ、点差を5点に広げられた。

 一方の宮島は後半、さらにギアを上げる。7回表は3番・菅家をスライダーで空振り三振。4番・石川は高めのボール球のストレートを振らせて三振。さらに5番・上田も1ボール2ストライクから外角の真っ直ぐで空振り三振と、聖徳学園のクリーンナップを相手に三者連続三振を奪ってみせた。

 すると、専修大附は8回裏、四球で出塁した吉田が盗塁を決めると、宮島が右中間にタイムリーヒット。ここで菅家は無念の降板となり、二番手の岡本がマウンドに上がるが、この日、打撃好調の松本が左中間にツーベース。満塁策を取った岡本は澤から三振を奪う意地を見せたが、最後は籾山に左前適時打を打たれて万事休す。専修大附が7対0の8回コールドで聖徳学園を下した。

 結局、専修大附の宮島は無四球で、許した走者は単打の3人のみ。しかも、すべて2アウトからだったこともあり、二塁すら踏ませない素晴らしい投球内容だった。岩渕 一隆監督も「今日はボールが高かったが、昨夏からの経験者らしい落ち着いたマウンドさばきだった」と、宮島を称えた。また、専修大附は例年、夏に標準を絞って仕上げてくるチームだが、岩渕監督は「本大会では夏に向けて良い経験を積ませたい。そして、この試合が初めての公式戦だった選手も多かったんですが、大会までは少し時間があるので実戦形式の練習を増やしていきたいです」と展望を語ってくれた。

 聖徳学園は1失策と守備は安定していたが、バッテリーは4盗塁を許し、投手陣は8四球と乱れた。また、打線が封じ込められて試合の主導権を奪うことができなかったが、二死走者なしからでも得点を奪っていった専修大附の戦いぶりから学ぶことは多かったはずだ。

(文=大平明

専修大附vs聖徳学園 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.18

【岡山】センバツ出場の創志学園は2回戦から登場! 2回戦で昨年夏の決勝戦と同じカードが実現の可能性も!<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード