試合レポート

立教新座vs朝霞

2016.09.09

立教新座、軟投派倉田に苦戦も県大会進出

立教新座vs朝霞 | 高校野球ドットコム

土屋(立教新座)

 新人戦でシードを獲得した立教新座対粘りの朝霞との一戦、立教新座が背番号9の左腕・土屋、対する朝霞もエース氏家ではなく1年生倉田が先発し試合が始まる。

 土屋は目測でMAX130km前後の直球を中心としたオーソドックスな左腕、一方の倉田は、直球はMAXでも120km台ながら、スライダーやスローカーブに独特の動くボールなどを交える変化球中心の投手だ。ちなみに、今夏の上尾戦でもゲーム途中から登板すると相手打線を翻弄し追い上げる要因を作った立役者だ。

 試合は予想通り競った展開となった。

 先制したのは立教新座だった。3回裏、一死から9番・冨田がセンター前ヒットを放つと、すぐさま盗塁を決め一死二塁とする。続く高橋(龍)の犠飛で三進すると、2番・安藤が三塁線を破るタイムリーを放ち立教新座が先制する。その後、村田、松葉が連続四球を選び二死満塁と攻め立てるが後続が倒れ1点でこの回の攻撃を終える。

 先制を許した朝霞打線も4回表、二巡目を迎えすぐさま反撃を開始する。一死から4番・二井谷がセンター前ヒットで出塁すると、続く池原も四球を選び一死一、二塁とする。さらに、6番・冨岡もレフト前ヒットを放ち一死満塁とチャンスを広げると、続く石橋がライト前へポトリと落ちるタイムリーを放ち同点とする。さらに、一死満塁とチャンスは続くが、8番・原口がセカンドゴロ併殺に倒れ同点でこの回を終える。

 朝霞は5回表からマウンドに上がった1年生左腕・三輪の代わり端を攻め、1番・岩崎、2番・須山、3番・黒澤が三連続四球を選び一死満塁とすると、二死後5番・池原も押し出しの四球を選び1点を勝ち越し2対1とする。

 逆転を許した立教新座もその裏、二死から3番・村田がセンター前ヒットで出塁すると、続く松葉もレフト前ヒットを放ち二死一、二塁とチャンスが広がる。ここで、5番・土屋がセンター前へタイムリーを放ちすぐさま同点とする。

 2対2の同点で迎えた7回表、朝霞は一死から2番・須山がセンター前ヒットを放つと、二死後盗塁を決め二死二塁とする。ここで、4番・二井谷が右中間へタイムリー三塁打を放ち1点を勝ち越す。


立教新座vs朝霞 | 高校野球ドットコム

倉田(朝霞)

 だが、追いすがる立教新座打線もその裏、4巡目を迎えついに倉田を捉える。一死から、2番・安藤がレフト前ヒットで出塁すると、すぐさま二盗を決め一死二塁とする。続く村田がショート強襲タイムリーを放ち同点とすると、さらに、4番・松葉がエンドランを決め一死一、三塁とする。続く土屋のボテボテのピッチャーゴロで1点を勝ち越すと、さらに、代打・柳川がレフト線へタイムリー二塁打を放ちこの回3点を奪い一気に逆転に成功する。

 投げては、5回からマウンドに上がった三輪が、ややクロス気味のフォームから繰り出す球威のある直球を武器に、その後朝霞打線の反撃を無失点に抑え込み5対3で勝利し県大会進出を決めた。

 まずは、立教新座だが、打線は新人戦から好調を維持している。だが、この日は13安打を放ちながら、なかなか朝霞を突き放すことができず苦しんだ。これには試合後冨部監督も「倉田君の先発は想定していませんでした。緩い球を打たされずに低い打球を意識していたんですが、なかなかリズムを作れずズルズルと行ってしまって。足を絡めた攻撃が決まらなかったら負けていました」と反省しきりであった。今後も対戦する可能性のある軟投派の投手に対し、どう効率よく得点を奪うことができるか。この日7四球を与えた投手陣と共に県大会へ向け反省材料は残った。

 一方の朝霞だが、倉田は終盤こそ捕まったが二桁安打を浴びながらも、それまでは最少失点で食い止めていた。その要因としては与四球を2つに留めたこと、回の先頭打者の出塁を二回に抑えたことが挙げられる。現状ではまだまだ倉田が投手陣の中心とはなりえないが、元々制球力はあるだけに、一冬を越え直球のスピードや球威が増すと、特にこのタイプは振ってくる相手に対し面白い存在になるであろう。むしろ、悔やむべくは打線がチャンスに二度併殺に倒れるなど、好機を活かしきれなかったことか。あと一本が出ていたらわからない試合展開であっただけに惜しい敗戦となった。

(取材・写真=南 英博

立教新座vs朝霞 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!