試合レポート

駒込vs明学東村山

2016.09.04

駒込完投リレーで初戦を制す! 明学東村山惜しまれる初回の乱調

駒込vs明学東村山 | 高校野球ドットコム

先発・翠尾(駒込)

 新チームが結成されて最初の公式戦である秋季大会の初戦は、どちらが先に落ち着くか、あるいは、緊張感の中でも、傷口をいかに広げないかが勝敗を分ける。

 駒込の先発・翠尾透は身長181センチの長身ながら、サイドから変化球主体に丁寧にコーナーを突くタイプで、明学東村山の後藤大賀は、身長169センチと決して大きくはないが、左腕から力強い球を投げており、タイプは全く異なる。しかし両投手とも立ち上がりは硬かった。

 1回表明学東村山は、1番玉利 勇斗が四球、3番茂木 一馬、4番君島 和馬の連打で一死満塁のチャンスを得ると、5番後藤の投ゴロは野選となり、明学東村山が1点を先取する。「初めてのエースのとしてのマウンド、緊張もありました」と駒込の金丸 健太監督は語る。しかしその後、6番手島 大輔の投前スクイズを、翠尾が今度は落ち着いて本塁にグラブトスして刺し、この回を1点で抑えたことが大きかった。

 1回裏駒込は1番羽田 啓吾が四球、2番遠山 拓朗が内野安打、3番林懐が死球で満塁。一死後5番小森 武博が四球で押し出し同点に追いつく。さらに、6番堀部 輝太の右犠飛逆転。7番濱屋 太一が四球の後、8番翠尾の左前安打で林が生還。二塁走者の小森も本塁を突いたが、これはアウトになったものの、1回裏駒込は後藤の4つの四球に乗じて3点を入れた。

 2回以降、駒込の翠尾は立ち直り、明学東村山に付け入るスキを与えない。一方明学東村山の後藤は、球に力があるものの、相変わらず制球が定まらない。しかも、駒込打線にファールで粘られ、リズムに乗れない。もっともこれは、「ファールで粘ったのではなく、球威に押されて、前に飛ばなかったのです」と駒込の金丸監督が語るように、押されていたのは確かだが、後藤も抑えきれず、球数が増えていった。

 4回裏には、濱屋の左前安打と2つの四球で駒込は、無死満塁のチャンスをつかみ、羽田のレフトへの二塁打で2人が還った。なお続く無死二、三塁のピンチは、明学東村山の後藤が踏ん張り、追加点を許さなかったが、4回が終わった時点で球数が100球に達していた。

 明学東村山の熊谷政広監督は、「後藤に完投してほしかった」と思っていたが、この球数では完投は難しい。後藤は7回まで投げ、8回からは高橋健が登板し、この回を三者凡退に抑えた。
明学東村山は7回表、6番手島の左前安打、7番山崎 楓一の投手強襲打に、8番衣川 大智の犠打で一死二、三塁のチャンスをつかんだが、後続が連続三振でチャンスを生かせない。

 駒込は8回から左腕の國居勇斗を投入して、明学東村山の反撃を抑えた。
駒込は、夏は初戦で敗退した。「早く負けてしまったため、私も選手も考える時間が持てました。練習試合も、試合ごとにテーマを決めて、数多く行いました」と金丸監督は語る。確かに9月の初めにしてはチームができていた。次は17日に都大会の本大会出場をかけて、都立江戸川と対戦する。2週間あるだけに、「いい準備をしたいです」と、金丸監督は話を締めた。

 一方明学東村山は、エース・後藤の乱調もさることながら、駒込の2人の投手に、6安打、11三振に抑えられた、打線の低調が痛かった。「打線がつながらなかったのが痛かったです。2月から7月まで人工芝の工事のため、グラウンドが使えませんでした。8月から使えるようになったので、これからしっかりやっていきたいです」と、明学東村山の熊谷監督は語る。エース・後藤の球自体は素晴らしいだけに、歯車が噛み合えば、面白いチームになるのではないか。

(文=大島裕史

駒込vs明学東村山 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.08

【春季東京都大会】錦城の左腕・宮地が2試合連続完封で都立片倉を下して4回戦進出

2024.04.08

【神奈川】夏のシードをかけた3回戦は13日、8会場で開催

2024.04.08

【愛知】9日に県大会抽選会、50チームの頂点はどのチームか

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.08

【春季東京都大会】佼成学園が日大三から悲願の勝利!狩塚の決勝三塁打、左腕・熊谷が力投

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.03

【千葉】銚子商が1点差で初戦突破、東京学館浦安、佐倉も初戦を突破<春季大会予選>

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?