試合レポート

都立江戸川vs都立東大和

2016.09.04

江戸川・伊藤6安打完封で都立強豪対決制す

都立江戸川vs都立東大和 | 高校野球ドットコム

伊藤(都立江戸川)

 吹く風に秋に気配は感じつつも、夏の暑さが残る都立都立東大和高校のグラウンドで、ともに夏はシード校であった都立江戸川都立東大和という、都立の強豪がいきなり対戦した。とはいえ、両校とも夏はほとんど3年生だけで戦ったため、メンバーがごっそり入れ替わった。新チームの力量はいかほどか、その意味でも注目の一戦であった。

 公式戦は初めてという選手が多いだけに、序盤、両校とも動きが硬い。1回裏都立江戸川は、3番五十嵐 大地が中前安打で出塁するも、離塁が大きく、都立東大和の中堅手・木下 竜佑に刺される。離塁の大きさを見逃さす、一塁で刺した木下のプレーは素晴らしかったが、実戦に不慣れなためか、五十嵐にスキありといったところだ。

 都立東大和の先発・最上 和磨も序盤硬く、2回裏は都立江戸川の5番若林暖が二塁打を放つと、後続が連続四球で一死満塁。8番堤 勇太は平凡な左飛であったが、これを都立東大和の左翼手・雨宮 優が落球。都立江戸川が1点を先取した。

「あんなフライを落とすような子ではないのですが、ど緊張でガチガチでした」と都立東大和の福島 靖監督は語る。
それでも都立江戸川のスクイズ失敗もあり、2回裏は1点に抑えて、流れは渡さない。
3回以降は、最上も立ち直り、変化球主体にコーナーを突き、都立江戸川に追加点を許さない。

 しかしそれ以上に、都立江戸川の先発、背番号7の伊藤 曉彦が良かった。太股をはじめ、下半身がガッチリしていて、いかにもパワーがありそうな体型から、力のある球を投げる。伊藤は打っても4番で、この日安打はなかったが、一つ間違えば怖いと思わせる、力強い振りをしていた。これだけの選手が夏まで、ベンチにも入っていなかったのは不思議な気がするが、都立江戸川の橋本 康徳監督は、「威力はもともとあったのですが、腰を痛めていたのですよ」と打ち明ける。

 ただし伊藤の球はやや安定さを欠き、都立東大和は4回、5回に二死一、三塁のチャンスを作るも得点はなく、6回には木下の中前安打と宮本温紀の敵失などで一死一、三塁のチャンスを作るも、後続2人が凡退で得点できない。
都立東大和は8回表にも二死後から安打2本が続いたが得点できない。

 こうなると、3回以降踏ん張っていた都立東大和の最上は、8回裏に崩れる。都立江戸川は四球で出た2番吉野、敵失で出た3番五十嵐が重盗し、二死二、三塁。5番若林の打席で捕逸があり貴重な追加点を入れ、2-0で都立江戸川が勝利した。

 都立江戸川の伊藤は、粗さがあるものの、今後大きく化ける可能性のある素材だ。とはいえ、都立江戸川の秋の戦いはこれからだ。「打撃面では、夏までとは差があります。それに連携の練習が十分でないです」と都立江戸川の橋本監督は語る。秋季大会は当然のことであるが、戦いながらチームを作って行くことになる。

 一方敗れた都立東大和の福島監督は、「よく粘りました」と、選手をねぎらうように、接戦に持ち込んだ粘りはさすがであった。それでも、あそこでミスがなければ、あそこで1本出ていれば、と思う場面があったのも事実。「今日の“たら”“れば”にこだわっていきたい。足りないことはいっぱいある。選手を信じてやっていきたい」と、福島監督は今後に向けての気持ちを語った。経験値は、どれだけ実戦、特に公式戦を経験するかにより違ってくるが、それをよりしっかりしたものにするのは、経験したことを、いかに自分のものにし、生かすことができるかである。チームの歩みは始まったばかり。今後の成長を期待したい。

(文=大島裕史

都立江戸川vs都立東大和 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.15

【福島】聖光学院は福島明成と「福島北・伊達」連合の勝者と対戦<春季県大会支部予選組み合わせ>

2024.04.15

【鳥取】八頭と倉吉北がサヨナラ勝ち、鳥取東と米子東も8強入り<春季県大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>