試合レポート

侍ジャパンU-18代表vs香港代表

2016.08.30

投げては無安打、打っては19得点で香港を圧倒!

侍ジャパンU-18代表vs香港代表 | 高校野球ドットコム

寺島成輝(履正社)

 ここまでの日本代表は練習試合・壮行試合併せて3試合の最多得点が5。打てる選手が限られており、苦しい試合内容となった。今日の香港戦はこれまで対戦した3チームと比べるとレベルが落ちるのは否めない。ただ各選手がしっかりと打つ形を身に付けた印象だ。

 日本の先発マウンドに登ったのは寺島成輝履正社)。まず先に点を与えないこと。それを意識して、球速は130キロ中盤に抑えても、キレの良いストレートを投げることができていた。1回表、三者連続三振に奪う立ち上がり。そして1回裏、1番納大地智辯学園)が相手の敵失で出塁すると、その後、一死二、三塁となって4番九鬼隆平秀岳館)の内野ゴロの間に1点を先制する。

 打線は勢いが止まらず、2回裏には一死満塁から納のエンタイトル二塁打が飛び出るなど、一気に4点を追加。さらに3回裏には打者一巡の攻めで7点。3番静岡鈴木将平の本塁打が飛び出すなど、一気に12対0と点差を広げた。

 先発の寺島は5回無安打12奪三振。ずっと同じスピードガンを測っていると、その投手は本気を出しているのか、調子が悪いからスピードが出ないのか、力を抜いているのかが分かるが、寺島はそこまで全力投球ではなかった。ただ上手く力が抜けていたのが良かったのか、フォームの一連の流れは実にスムーズで、手元のガンでは、120キロ後半~130キロ前半が殆どだったが、キレの良いストレートを投げることができていた。

 寺島が少しギアを入れたのは5回表で、球場のガンでは、142キロ。手元のガンでも138キロ~140キロを連発していた。小枝守監督は、精神的に強い寺島ならば、初試合のマウンドとなっても動じずに投げられると考えて、送り込んだが、首脳陣の思惑に十分に応えたマウンドとなった。


侍ジャパンU-18代表vs香港代表 | 高校野球ドットコム

本塁打を放った鈴木将平(静岡)

 そして打線は結局、17安打で19得点を入れてコールド勝ち。

 小枝守監督は、「チャンスメイクする打者に当たりが出てきたのは良かったですね。また1番を誰にするか悩んでいたのですが、選抜選手権で1番打者で良く打っていた納君にしました。どうもそれ以外の打順で思うようにいかなったのですが、やっぱり一番打者を打たせた方がいいですね。今日の彼はいつもより大きく見えました」
 打順の組み換えがうまくできたことを評価していた。

 そして代表合流した時点から小枝監督が力を買っていた鈴木が本塁打。
「彼は軸がしっかりとしていて、身体の割りには強く打てる選手。良い感じで振れていると思います」と評価。

 鈴木も、「打ったのは真ん中高めで、木製で打ったのは、初めてなんです。打った瞬間、綺麗に飛んでいて、気持ちよかったですね。良い感じで打ててきています」と手応えを掴んでいる様子。次の台湾戦へ向けて「投手のレベルが上がりますが、自分のスイングができるようにしっかりと準備をしていきたい」と意気込みを語った。

 首脳陣、選手たちも今日のような試合展開にはいかないと思っている。ただ各自の選手たちの打撃を見ると、技術的に修正を図り、日本にいた時よりも良かった。さて次の台湾戦は今大会を占う意味でも重要な一戦。今日以上の試合内容を見せることを期待したい。

(文=河嶋宗一

侍ジャパンU-18代表vs香港代表 | 高校野球ドットコム
注目記事
【第11回 BFA U-18アジア選手権特設サイト】
県立静岡高等学校  鈴木将平選手 「18選手の中で最も名を上げるかもしれない逸材」
智辯学園高等学校 納大地選手 「安打1本で急上昇したアベレージヒッター!」 

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.03

【千葉】銚子商が1点差で初戦突破、東京学館浦安、佐倉も初戦を突破<春季大会予選>

2024.04.03

【徳島】徳島商と池田が決勝へ<春季大会の結果>

2024.04.03

【春季東京都大会】プロ注・古川遼(日本学園)が6回無失点も課題はスタミナ、日体荏原が辛勝で2回戦へ

2024.04.03

【愛媛】昨秋の王者・松山商が済美との決勝へ<春季大会の結果>

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード