試合レポート

石岡一vs江戸崎総合

2016.08.22

石岡一が江戸崎総合に4対1で勝利、3回戦進出を果たす!

石岡一vs江戸崎総合 | 高校野球ドットコム

鈴木 光(江戸崎総合)

 県南選抜大会2回戦第1試合は、第5シードの石岡一と、1回戦で土浦工に勝利した江戸崎総合の一戦となった。
先攻・石岡一の先発は右腕の岩本匠平(1年、オール県南)が、後攻・江戸崎総合の先発は右腕の鈴木光(2年、稲敷東中)が任された。

 1回表、石岡一は1番・大野啓輔(2年、オール茨城)がセンターへのツーベースヒットで出塁し、送りバントで一死三塁から、3番・深作琉偉(1年)のレフト前タイムリーで1点を先制する。その裏、江戸崎総合は先頭の荒井星夢(1年、竜ヶ崎シニア)がショートへの内野安打で出塁し、犠打と内野ゴロで二死三塁とするが、4番・郡司聖也(2年、桜川中)は三振に倒れる。

 2回表、石岡一は6番・原田大地(2年、オール県南)、9番・井坂のヒットで二死一、三塁のチャンスを作るも、得点できず。するとその裏、江戸崎総合は先頭の5番・吉原巧(2年、長山中)がレフトへのツーベースヒットで出塁し、送って一死三塁から、7番・前田航汰(2年、土浦三中)が1ストライクからピッチャー前にスクイズを決めて1対1の同点に追いつく。

 3回表、石岡一は四球と盗塁、送りバントで一死三塁のチャンスを作るが、後続が浅いセンターフライに打ち取られる。3回裏、江戸崎総合は先頭の1番・荒井がレフト前ヒットで出塁するが、ショートゴロで二塁封殺。残ったランナーがワイルドピッチと内野ゴロで進塁し、二死三塁のチャンスを作るが、4番・郡司は三振に倒れる。

 4回裏、石岡一は2番手に右腕の吉田尚をマウンドへ送り、この回を三者凡退に抑える。

 迎えた5回表、石岡一は一死から2番・高尾が死球で出塁し、盗塁で二死二塁とすると、4番・吉田知樹(2年、水戸シニア)がレフトへのホームランを放ち2点を追加し、勝ち越しに成功。江戸崎総合は5回裏、一死から9番代打・原品大輔(2年、竜ヶ崎シニア)がセンター前ヒットで出塁し、代走に宮本が送られる。その後、盗塁と四球などで二死満塁のチャンスを作るが、4番・郡司はピッチャーゴロに倒れ得点には至らない。


石岡一vs江戸崎総合 | 高校野球ドットコム

岩本匠平(石岡一)

 6回表、江戸崎総合はここで2番手に左腕の増尾勇希(1年、江戸崎中)をマウンドへ送る。石岡一は先頭の6番・原田がセンターへのツーベースヒットで出塁するが、チャンスを生かせない。

 8回表、石岡一は先頭の4番・吉田知がレフト前ヒットで出塁し、送って一死二塁から、6番・原田のこの日3本目のヒットとなるライト線ツーベースで1点を追加する。さらに7番代打・湯原がセカンドへの内野安打で一死一、三塁とチャンスを広げるが、後続は三振とピッチャーゴロに倒れる。

 8回裏、江戸崎総合は先頭の2番・赤阪大輔(2年、竜ヶ崎シニア)がセンター前ヒットで出塁し、盗塁で一死二塁のチャンスを作るが後続に音はない。3点を追う江戸崎総合は9回裏、先頭の6番・藤枝雅貴(2年、稲敷東中)が四球で出塁するが、7番代打・植田翔太(1年、牛久二中)のセカンドゴロゲッツーで二死。その後、8番・増尾はレフト前ヒットで出塁するが、9番・宮本は三振に倒れゲームセット。

 石岡一が4対1で江戸崎総合を下し3回戦進出を決めた。次戦は第4シードの土浦湖北と対戦する。また敗れた江戸崎総合は敗者復活戦に回り、牛久栄進と対戦する。

 石岡一岩本匠平はストレートに力があり、この日の最速131キロ。115キロ前後のスライダーと100キロ台の緩い変化球を持つ。2番手の吉田尚はストレートの球速は125キロから130キロ。変化球はスライダーとフォークが確認できた。体格はがっしりとしている。

 江戸崎総合の先発右腕・鈴木光は120キロに満たないがキレがある。2番手の左腕・増尾勇希は1年生ながら経験豊富で、夏は背番号1で3回戦の常総学院戦でも先発登板している。球速はあまり出ないが、腕をしっかりと振りながら投じるブレーキの効いたカーブが武器だ。身体は小さいが、ストレートのキレを磨いていけば面白い存在になり得る。

(取材・写真=伊達 康

石岡一vs江戸崎総合 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!