試合レポート

作新学院vs木更津総合

2016.08.19

木更津総合打線を翻弄した今井のピッチング

 作新学院今井達也木更津総合早川隆久という屈指の好投手による投手戦に加え、両校の守りが素晴らしく、ノーエラーという試合。思い返せば2回戦横浜履正社3回戦木更津総合広島新庄もノーエラーだった。好投手同士の戦いは僅少差になる可能性が高いので、野手の気持ちの中に「しっかり守らなければ」という思いが強く生まれるのだろう。

 先取点を取ったのは作新学院。1回表、二死走者なしから3番入江大生(3年)がストレートを豪快にバックスクリーン左に放り込んで先制。3回にはやはり二死走者なしから1番山本拳輝(3年)が四球で歩き、2番山ノ井隆雅(3年)が高めに抜け気味のスライダーをフルスイングで捉え、ライトスタンドに放り込んだ。

 いずれも二死走者なしからの失点というのは、普段の早川のピッチングを知るものにとっては信じられない。広島新庄戦では内野ゴロを13個量産するピッチングが話題になったが、この日は逆にフライアウトが13個あった。早川の低めへのコントロールに狂いがあったのか、作新学院打線に低めの変化球を引っ掛けない工夫があったのか。

 変化球は広島新庄戦と比べても遜色はなかった。特に縦に割れる110キロ台のカーブはブレーキ、落差、角度とも文句はなく、7奪三振中6個はカーブで取っている。問題はストレートだ。140キロ台前半が最速というのはいつもと変わらないが、低めへのコントロールと打者近くでのキレが広島新庄戦にくらべると物足りなかった。ストレートがよくない分、変化球への依存度が上り、それが打者の見極めを容易にしたのだと思う。

 対する今井はこの日もよかった。ストレートは相変わらず伸びと速さを備え、変化球はカットボールを主体にノーマルスライダーがあり、さらに効果抜群だったのが130キロ前後でスパッと落ちるフォークボール。

 今井のフォークボールを語る上で、低めにホップするように伸びるストレートは切り離して考えられない。フォークボールとストレートは途中まで同じ軌道をたどり、ストレートは低めいっぱいに伸びて「ストライク」とジャッジされる。これが残像にあるのでベース近くでボールゾーンに落ちるフォークボールに打者のバットは止まらない。このフォークボールを初球から使うことがあるかと思えば、スライダーで右打者の内角をえぐることもある。いわゆる「フロントドア」と呼ばれる球で、この内角球のあと外に高速で逃げていくカットボールを投げられると打者はどうしても追いかけて行ってしまう。

 110球以上投げて臨んだ最終回にはストレートが唸りをあげた。一死後、7番打者には2、3球目が150キロ、4球目が152キロを計測し、8番打者には初球が150キロ、そして最後の球が151キロで空振りの三振という迫力だった。ストレートは滅法速いが、変化球のキレや使いどころも熟知しているというのが今井の素晴らしいところ。春までは完成途上で、公式戦にほとんど出ていなかったというのが信じられない。

(文=小関 順二

作新学院vs木更津総合 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!