Column

国体の選考にも影響!?8地区がベスト16に進出!

2016.08.16

国体の選考にも影響!?8地区がベスト16に進出! | 高校野球ドットコム

左:堀 瑞輝(広島新庄)、右:大石 哲汰(嘉手納)

 第98回高等学校野球選手権大会もベスト16が出そろった。ここで大切なのは、毎年、どの地域が勝ち進んでいるのか、どの地域が強いのかと確認することである。
今年のベスト16を地域別でみていこう。

【北海道地区】
北海 
【東北地区】
聖光学院盛岡大附
【関東地区】
木更津総合常総学院花咲徳栄作新学院
【東海地区】
東邦いなべ総合
【近畿地区】
履正社
【中国地区】
広島新庄
【四国地区】
明徳義塾鳴門
【九州地区】
嘉手納秀岳館日南学園
これを見ると、8地区も選ばれている。昨年は7地域だったが、(九州 2、北信越1、東京2、関東5、東北4、近畿1、東海1)と関東・東京だけで7チーム。東北だけで4チーム。まさに東高西低な大会だっただけに、今年はバランス良く勝ち上がっているといえるだろう。

 またこれは国体の選考にも影響する。国体は開催地域の学校+ベスト8に残った学校は必ず選出されるが、残り3チームは地域性を重視して選出する。その3チームは、まだ選ばれていない地域が優先的に選出される。逆に去年のように東北・関東が多くベスト16まで勝ち進んでいる場合だと、2回戦敗退だった中国地区・広島新庄が出場している。2回戦負けの広島新庄なの?と思った方がいるかもしれないが、広島新庄早稲田実業相手に健闘。中国地区の出場校の中でも粘り強い戦いをしたことが評価された。2回戦で敗れた敦賀気比が北信越地区として出場したのは、選抜優勝の実績が評価されたのもあるだろう。

 国体は基本的に無料の競技が多いが、高等学校の硬式野球は入場料を取るように、夏以外の実績面も1つの選出要素となっていると考えられる。実際に、昨年の国体では選抜優勝敦賀気比選手権優勝東海大相模の対決が実現し、多くの人が集まっていた。地域性や実績面のバランスを考えながら、選んでいることを踏まえると、国体の選出の予想するのも楽しくなるだろう。

 今年は北信越と東京地区以外は、残っており、もし例年の選考を見ていけば、その地区の唯一の生き残りである北海履正社広島新庄は3回戦の勝敗に関わらず、選ばれる可能性が高く、複数残っている東北・関東・四国・九州は勝ち上がり次第になりそうだ。北信越地区は唯一、2回戦で敗退した富山第一広島新庄の戦いぶりによって影響されそうだ。

 1つの地域が多く勝ち上がっているのは、その地域のレベルが高い証明でもあるが、やはり多くの地域が勝ち進んでいる方が各地域が拮抗していることであり、今年のような勝ち上がりが望ましいといえる。それでも毎年、多くの学校がベスト16以上に名乗り挙げる関東地区、東北地区のレベルの高さは恐るべしだ。

 また初出場ながらベスト8を目指す嘉手納。去年、初出場から連続出場を目指しベスト8進出を目指す広島新庄の戦いぶりは新たな歴史を築く上だけではなく、国体の選考にも大きく影響するだけに見逃せない。

(文・河嶋宗一

国体の選考にも影響!?8地区がベスト16に進出! | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード