試合レポート

花咲徳栄vs樟南

2016.08.15

花咲徳栄のクリーンアップトリオ、岡崎・西川・楠本が力を発揮!

 1回戦に続いて花咲徳栄のエース、高橋 昂也(3年)が苦しみながら完投した。3失点で「苦しみながら」はないだろうと言われそうだが、1回裏、1番打者に140キロのストレートをレフト前に、2番打者に142キロをセンター前に持っていかれる。さらに2回には先頭打者に142キロをセンター前に弾き返され、大量点が入ってもおかしくないような内容だった。

 それを無失点で切り抜けられたのはキャッチャー・野本 真康(3年)のおかげと言ってもいい。1回は無死一塁、2回は1死一塁で一塁走者をけん制で殺しているのだ。走者がいなくなってからも1回はヒット、2回はサードエラーで走者を出しているので、野本のプレーがなければ何点入っていたかわからない。

 先制したのはやはり[team]樟南[/team]だ。4回、二死走者なしから7番折尾 昂靖(2年)が9球粘ってレフト前にヒット、8番浜屋 将太(3年)が5球目を左中間に二塁打を放ち、待望の先取点を入れる。

 先制を許した高橋昂だが、実は3回からストレートが走り出していた。その特徴はリリースにある。多くのプロの投手が「潰す」とか「真下に叩きつける」と語るリリースの極意を高橋昂も実践していたのだ。

 136キロくらいのガン表示でも低めに息を呑むようなストレートがキャッチャーミットに吸い込まれる。8奪三振のうちストレートで奪ったのは5個あり、3回は二死一、三塁で4番打者を144キロで空振り、6回は一死一塁で8、9番打者を142キロ、146キロで見逃し、空振りという具合だ。[team]樟南[/team]からすれば1、2回に少しでも点を取っていればまた違った展開になっていただろう。

 花咲徳栄打線の殊勲者は3番岡崎 大輔(3年)、4番西川 愛也(2年)、5番楠本 晃希(3年)のクリーンアップトリオ。1点リードされた6回にこの3人が絡んで4点取り逆転する。まず9番野本が死球で出塁、1番がバントで送り2番が倒れ、2死二塁で打席に入るのは岡崎。樟南バッテリーは敬遠気味に歩かせ、4番西川との勝負を選択する。

 西川は投手強襲の内野安打を放ち同点、さらに5番楠本も一塁線を襲う2点二塁打を放ち逆転。その後も7番西銘築(3年)のタイムリーで1点追加し、勝負を決定づける。

 埼玉大会では56打点中、3人で半分以上の29打点を挙げている。とくに楠本の16打点は圧倒的だ。初戦大曲工戦(試合レポート)では岡崎と西川が打点を挙げているように、このチームの打の生命線はクリーンアップ。それがこの試合でも十分に発揮された。順調な滑り出しと言ってもいいだろう。

(文=小関順二

花咲徳栄vs樟南 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?