Column

甲子園は地方大会に比べて忙しい!環境に上手く適応しよう!

2016.08.07

甲子園は地方大会に比べて忙しい!環境に上手く適応しよう!

アップをする選手たち

 甲子園は地方大会と比べて忙しい!何が忙しいといえば、試合後のインターバルがほぼ30分間しかないことだろう。まず甲子園に出場する球児はその慌ただしい時間帯に適応することがスタートになる。実際に球場で見ている方ならば分かると思うが、大観衆が集まった球場でインターバル30分で試合を始められるのはかなり凄いことなのだ。

 地方大会では、応援団の入れ替えなどで1時間以上の間隔をあけて試合をする会場もある。神奈川県は約1時間の間合いをとっている。甲子園は4万という大観衆が入っても、ほぼ30分間のインターバルで次の試合ができている。それが当たり前のように実現できる甲子園の運営の凄さを実感できるのではないだろうか。

 本当に30分間だけというのは、慌ただしい。甲子園にあって、地方大会にないものといえば、甲子園の砂集めがある。ベンチの片づけ、試合後の取材がある中で、それを行う。かなり慌ただしい中で砂集めをしているのだ。

 係員の方が、砂集めをしている最中に選手を止めることがある。あれを見ると、もう少し時間を上げていいじゃないと思うが、30分間しかないので、主催者側がコントロールしなければならないのだ。

 次の試合に出る選手は30分間でアップ、トスバッティング、キャッチボール、ノックと行っていく。そこに対応できない選手、チームは、試合に上手く入っていけない。そのため、普段のウォーミングアップから、実戦を想定した練習をすることが大事になるのだ。

 また高校野球というのはいろいろと細かい規則がある。バットの規格、グラブの色、応援団のルールなどなど。それを知らないと困惑をして、苦労してしまうというケースがある。ただそれさえ知れば、プレーに専念できる。何も知らずに、苦労して、余計なストレスを抱えるよりも、こういうルールがあるよということを知っておいたほうがよいだろう。

(文=河嶋 宗一


注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.18

【岡山】センバツ出場の創志学園は2回戦から登場! 2回戦で昨年夏の決勝戦と同じカードが実現の可能性も!<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード