試合レポート

金光大阪vs関西創価

2016.07.30

実力伯仲の好勝負。執念の差で金光大阪が決勝進出

 関西創価の中田聖太郎(3年)と金光大阪の末友雄梧(3年)、どちらもストレートで押せる球威とキレのあるスライダーを持ち球とする好投手。狙い球をしっかり絞らないと簡単には打ち崩せない。となれば、鍵を握るのは先制点だが序盤は互いに攻撃が空回りしてしまう。

 金光大阪は初回に貝賀友哉(3年)、井上洸大(3年)の連打で一死一、二塁とするが、チーム初安打を放った二走・貝賀がリードを大きく取ったところを突かれ牽制タッチアウト。4番の岩崎竜也(3年)も安打を放ち打撃結果では三連打となったが、結局無得点に終わった。

 直後の2回表に関西創価は先頭の湊大賀(3年)が安打で出塁。しかし、鳥光翔太(3年)のバントが投手への小フライとなると湊は戻り切れず。併殺となり先制機を逃した。

 初回、2回と走者を出した金光大阪の先発・末友だったが3回は三者凡退。関西創価の先発・中田も3回に二死から味方のエラーで走者を背負うがキャッチャー・藤原魁(3年)が矢のような送球を二塁ベースの真上に投げ盗塁を試みた金光大阪宇須凌介(3年)を刺す。流れからしてしばらく膠着状態が続くかと思われたが、4回、関西創価が4番の一撃で試合の均衡を破った。

 先頭の松永レオ(1年)が四球で歩くと、一死後、4番・田中邦宣(3年)が右中間を深々と破る先制の適時三塁打を放つ。1打席目はスライダーに全くタイミングが合わず、7球中5球が変化球という攻めで空回り三振に倒れていたが、次の打席で重たい一撃をお見舞いした。

 先手を取った関西創価は6回にも一死一塁から田中のライト前ヒットでチャンスを広げると湊のレフト前タイムリーで1点を追加。グラウンド整備の直後、後半の立ち上がりに欲しかった次の1点を奪った。

 リードを広げられ、尚も一死一、三塁。何とかここで食い止めたかったが、金光大阪の先発・末友は鳥光を歩かせさらにピンチを広げてしまう。2点ビハインドの6回で一死満塁、もう1点もやれない金光大阪は内野陣がホームゲッツーを狙って前進する。ヒットゾーンは広がり、二走のリードも大きくなるこの状況で、タイムリーでも許そうものならそこで試合は決まってしまう。
ただ、勝つためにリスクを負った金光大阪のこの決断は吉と出る。関西創価の7番・時信敦(2年)の打球はサードへのゴロ。本塁から一塁へと転送され併殺が完成。大ピンチを最少失点で切り抜けた。


 すると金光大阪は裏の攻撃で先頭の貝賀が左中間へ二塁打を放つ。初回の三連打以来、チームにとっても5イニングぶりとなる安打が飛び出すと一死後、岩崎もレフト前に弾き返す。一死一、三塁からキャプテン・上岡龍太(3年)の打球はやや不規則なゴロ。これを上から捕りにいってしまった関西創価のサード・田中は打球が手につかず、スタートを切っていなかった三走・貝賀は三塁にとどまったもののこれで全ての塁が埋まった。

 2点リードの6回、今度は逆に一死満塁のピンチを背負った関西創価の二遊間は下がり、二塁での併殺を狙う。金光大阪の6番・木下直哉(2年)が放った一、二塁間を襲う打球はファースト・湊のグローブの先を抜けるがセカンド・鳥光が追いつく。しかしこの時、マウンド上の中田は一塁ベースカバーに走っておらず適時内野安打に。

 ようやく初得点を挙げた金光大阪は尚も一死満塁で続く高山晃(3年)がショートへ適時内野安打。どちらもクリーンヒットではなかったが飛んだコースが良く、試合を振り出しに戻した。さらにこの後、二死満塁から守備で軽快な動きを見せていた9番・佐々木将太(2年)が関西創価の2番手・村上大貴(2年)からセンター前に適時打を放ち勝ち越しに成功。この日初めて、金光大阪がリードを奪った。

 追われる側となった末友は7回に、得点圏にランナーを背負うが後続を断ち、2つの四球でピンチを招いた8回もインストで詰まらせ狙い通りの併殺で凌ぐ。

 6回に同点を許した後はレフトのポジションに就いていた関西創価の中田は、7回に3番手の武田恒平(3年)がピンチを背負うと再びマウンドへ。気持ちの込もった投球で追加点を与えず、8回二死二塁では金光大阪の1番・宇須をインコースのストレートで見逃し三振に仕留める。これまでの三振はスライダーを決め球にすることが多かったが、ズバッと決まる1球にさすがの好打者も手が出なかった。

 関西創価はこの流れを攻撃につなげたかったが、9回は二者連続三振とセカンドゴロでゲームセット。最後まで金光大阪の不動のエース・末友が立ちはだかった。

 どちらも打線に地力があり、関西創価・藤原、金光大阪・上岡の両捕手も打者が変化球に合っていなければスライダーを続け、ストレートで押せるならそのまま押し込む好リードで試合を組み立てていた。おそらく、この両チームは何度対戦しても必ず競った展開となり、10試合行えば5勝5敗になるのではと思えるほど力自体は拮抗していた。

 ただ、ビハインドを背負っていたためにもう1点もやれないとチーム全員が死に物狂いになって守り切った金光大阪と、リードしていたために1点オッケーの気持ちの余裕が悪い方に出てしまった関西創価。6回の攻防ではそれがプレーに現れた。サードゴロを腰を落として下から丁寧に捕りに行っていれば、セカンドがギリギリではなく割と余裕を持って追いついた打球でピッチャーが一塁ベースカバーに走っていれば、金光大阪の逆転劇は起こらなかったかもしれない。実力伯仲の好勝負で明暗を分けたのは、そんな目に見えない執念の差。金光大阪が最初から最後まで緊迫した展開の1点差試合を制し、決勝進出を決めた。

(文=小中 翔太

金光大阪vs関西創価 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>