試合レポート

袋井vs日大三島

2016.07.24

積極果敢な走塁が功を奏した袋井、延長で春準優勝の日大三島下す

 昨秋は西部地区ブロック大会でも1勝もできないというどん底の状態から、春は西部地区大会2位になるまで、この4月から就任した鈴木彰洋監督が作り直した袋井。自信を取り戻して挑んだこの夏はベスト8にまで進出してきた。春季県大会準優勝の日大三島に挑むという形になった。

 選手個々の体格やパワーでも勝る日大三島だが、受けて立ってしまうと袋井のひたむきな姿勢の野球にやられてしまうこともあるかもしれない、そんな印象を与えた試合前のシートノックだった。

 その予想通り、袋井は先発稲垣君が思い切りよくどんどんとストライクを投げ込んで打者を追い込んでいく。そして、勝負どころとみるや、度胸よく打者の内側に投げ込んでいっていた。これに、日大三島打線も翻弄されていた。そして攻めても袋井は、5回にはアウトにはなったものの一死一塁の場面、2番園田君の二塁ゴロの間に好スタートを切っていた一塁走者の鈴木佑弥君が三塁を狙うという走塁を見せた。刺しはしたものの、日大三島としても「いろいろやってくるぞ」と感じさせられたのではないだろうか。

 ただ、日大三島の左腕背番号10の海野君もここというところでは、力のある重そうなストレートを投げ込んでいていた。袋井は、走者を三塁まで進めることもなかなかままならないという状況だった。

 こうして、0対0の無得点。投手戦のまま試合は進んでいった。

 見せ場は9回に訪れた。袋井は簡単に二死となったが、6番岡本君が二塁へしぶとく内野安打で出ると、続く加藤悠汰君の一打はふらふらと二塁手後方、右翼手の手前に落ちて、しかも球は後方へこぼれていった。一塁走者の岡本君は迷うことなく三塁ベースも蹴って本塁へ向かった。ついに均衡破れるかと思われたが、バックアップの中堅手前田君が好処理で、本塁へ送球して間一髪タッチアウト。三塁側袋井応援席の歓声は、ため息に変わった。逆に一塁側日大三島応援席は大きく沸いた。

 その裏、今度は日大三島が二死走者なしから、守りで好プレーを見せた前田君が左翼線へ二塁打して、一打サヨナラという場面を作る。藤井君は四球で一二塁となった。ここで川口剛監督は勝負をかけて、代打浅井君を送り出したが、袋井稲垣君が投げ勝った。

 力の左腕海野君、柔の稲垣君というタイプの異なる両投手の投手戦は、0対0のまま延長戦となった。

 延長10回、一死から海野君が連続四死球を与えたところで、川口監督は思い切ってエースナンバーをつけた中川君を投入してきた。まさに、ここが正念場というところだったのであろう。それに、海野君もいくらか疲れが出てきていたのかもしれない。

 中川君は2番園田君を抑えて二死としたが、3番井下田君の一打はボテボテの遊撃ゴロ。内野安打になったが、二塁走者の大橋君はそのまま迷わず本塁へ走りこんでクロスプレーとなったが、今度はセーフとなった。袋井が再三見せていた、思い切った走塁は、あわや暴走かと思われるところだが、ここへきて功を奏した。鈴木監督の最後まで、相手に積極的にぶつかっていこうという姿勢が、実を結んだと言っていいだろう。

 そして、その裏は先頭の中川君に四球を与えてしまうが、バントで一死二塁となった後、1番長尾君の当たりを右翼手の園田君がダイビングで好捕。飛び出していた二塁走者も刺して併殺となり試合終了。袋井は都合4つの併殺を記録した。華麗さはないものの、確かな守りで稲垣君を盛り立てた。まさに、攻守にまとまった好チームだった。次は、準決勝というさらに上のステージに挑むことになった。

 (文=手束 仁

袋井vs日大三島 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?