試合レポート

桜宮vs大冠

2016.07.17

春季大会の再戦!強豪公立校対決は、桜宮が大冠を下した

 大阪屈指の強豪公立校対決が2回戦で実現した。しかもこの両校は、今春の3回戦でも対戦しており、そのときは桜宮が4対3で勝利している。今日は大冠にとっては雪辱の日でもあった。

 序盤は両チーム無得点が続いたが、内容的には大冠が優位に試合を進めた。

 大冠先発のエース八木 政樹(3年)は、トルネード気味の伸びやかなフォームの上手投げ右腕である。直球とチェンジアップの緩急があり、外に逃げるスライダーも持っている。直球と変化球を半々ぐらいの割合で投げ分け、打者によって配球も多様であり、5回を投げて1四球2安打無失点と、ほぼ完璧に桜宮打線を抑えていた。

 対する桜宮先発、背番号11の橋本 忠宗(3年)は、立ち上がりから制球に苦しんだ。初回は、二死から1四球、2回裏は、先頭打者に死球を当て、自身の暴投により一死二、三塁のピンチ、3回裏は、ストレートの四球が2つと死球1つで、二死満塁のピンチを招くなど、毎回不安が付きまとう投球内容となった。

 そして4回裏。先頭の7番橋本 茂樹(3年)をストレートの四球で歩かせ、8番寺地 広翔(2年)の進塁打と、自らの暴投で一死三塁のピンチを招くと、9番八木の遊ゴロの間にまず1点を失った。

 これで二死走者無しになったのだが、ここから1番冨山 翔也(2年)、2番飯隈 亮太(2年)、3番安井 啓志(3年)に、まさかの三者連続四球を与えてしまい、二死満塁となったところで、さすがに見兼ねたのか、背番号10の橋本 拓也(2年)がマウンドへと向かった。橋本忠、3回2/3を投げて9四死球の降板であった。

 2番手の橋本拓の立ち上がり、満塁で迎える4番打者への警戒もあったのかもしれない、フルカウントからの6球目が外れ、押し出し四球で2点目を失った。


 5回までの展開を見る限りでは、桜宮打線が八木から2点を取るのは、それだけでも相当困難に思えたが、6回に変化が起こる。

 6回表のマウンドに上がった八木は、先頭の1番酒井 航(2年)をストレートの四球で歩かせると、一死のあと3番戌丸 海斗(3年)にも3ボール1ストライクから四球を与え、一死一、二塁、そしてあっさりとマウンドを降りた。

 5回までの投球とは明らかに違っていた。実際のところは分からないが、指先を気にしているようにも見えたし、自ら交代を申し出たようでもあったので、何かしらのトラブルが生じたのかもしれない。

 いずれにせよ、この投手交代で投打のバランスが一気に崩れ、結果から見れば大冠にとって致命傷となった。

 2番手の丸山 惇(2年)は、1人目の4番松井 満沙樹(3年)に死球を与えて一死満塁となると、5番田中 榛(3年)に適時打を打たれ1点目、6番中野 侑雅(2年)の三ゴロは、公式記録は確認できていないが内野安打あるいは敵失で2点目、7番松元 優太(3年)には一、二塁間を抜かれて3点目、8番出口 翔一朗(3年)は三ゴロで本塁封殺に打ち取り二死とするが、9番橋本拓、1番酒井には、二者連続でストレートの押し出し四球を与えてしまい5失点したところでマウンドを降りた。

 丸山の起用は散々な結果を招いたが、むしろ八木がいかに桜宮打線を完璧に抑えていたかが浮き彫りになったように思う。丸山の投手能力が極端に見劣りするということはないし、完全に捉えられて打ち負かされたという内容でもない。それでも投球内容を総合的に見た場合、ほんの僅かの違いで安打なのか凡退なのかが変わってくる、八木の降板はその微妙なバランスが逆転した瞬間だったのだろう。

 3番手の廣瀬 泰蔵(3年)は、点差が開いてからの登板となったが、1人目の2番代打藤井 龍馬(3年)に適時打を打たれ、6点目を失った以外は、次の3番戌丸から9回までパーフェクトに抑えた。

 6回裏以降の大冠打線は、橋本拓の緩い球を待ちきれていなかった印象がある。投手が代わってから取られた16個のアウトのうち、11個が飛球によるアウトである。

 7回裏の大冠は、二死から8番寺地が左安で出塁、9番廣瀬の打席のとき投手の暴投を捕手が見失っている間に三塁まで進塁し、廣瀬の適時打で生還して1点を返すが反撃はここまで。試合は6対3で春季大会に引き続き桜宮が勝利した。

(文=西村 結生

桜宮vs大冠 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.18

【岡山】センバツ出場の創志学園は2回戦から登場! 2回戦で昨年夏の決勝戦と同じカードが実現の可能性も!<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード