試合レポート

花咲徳栄vs春日部共栄

2016.07.27

大道力投も及ばず、花咲徳栄高橋(昴)完封で決勝へ

 怪物左腕高橋昴也(3年)を擁する大本命・花咲徳栄対Cシード春日部共栄、雨天決行した準決勝第二試合は、悪条件ながらも高橋(昴)、大道温貴(3年)両エースの投げ合いとなる。

 初回、花咲徳栄は大道の立ち上がりを攻め立て、一死から高橋哉貴(3年)が四球で出塁すると、続く岡崎大輔(3年)が一塁線を破る二塁打を放ち一死二、三塁とする。二死後、5番・楠本晃希(3年)も四球を選び二死満塁とするが、後続が倒れ先制点を奪えない。

 一方の春日部共栄は二死から2回裏、前の試合で満塁本塁打を放つなど好調な6番・山﨑星夜(3年)がセンター前ヒットを放つと会場が沸く。なぜこのシーンを取り上げたかというと、高橋(昴)が3試合ぶりにヒットを打たれたからである。この現象を見てもこれまでいかに、高橋(昴)が相手打線を圧倒してきたかがわかる。春日部共栄サイドは足を絡め高橋(昴)に少しでも投げにくい状態を作ろうと試みるが、続く肥土慎之(3年)があっさりと三振に倒れチャンスを広げられない。

 先制したのは花咲徳栄であった。3回表、一死から3番・岡崎がレフト前ヒットで出塁すると、続く西川愛也(2年)のセーフティーバントが内野安打となり一死一、二塁とする。ここで5番・楠本がレフト前タイムリーを放ち1点を先制する。

 花咲徳栄は4回表にもこの回先頭の西銘築(3年)がレフト前ヒットで出塁するが、続く高橋(昴)が犠打を失敗してしまう。それでも、二死後、1番・千丸剛(2年)がセンター前ヒットを放ち二死一、二塁とすると、続く高橋(哉)もレフト前ヒットを放ち二死満塁とチャンスを広げる。ここで3番・岡崎が押し出しの四球を選び1点を追加する。

 春日部共栄にとって最大のチャンスは6回裏であろう。一死から川畑光平(2年)がセンター前ヒットを放つと、続く伊藤束紗(3年)がきっちりと送り二死二塁とする。花咲徳栄がなかなか突き放せない状況で、裏攻めの春日部共栄が1点でも返すことができれば相手にプレッシャーを与えることができるのだが、3番・関谷将貴(3年)は三振に倒れどうしても得点を奪えない。

 その後は高橋(昴)、大道両エースの踏ん張りもありゲームは2対0のまま終盤へと進む。

 ここで、大道に変化が表れる。それまで割と表情に出さず淡々と投げていたのだが、8回途中あたりから、何とか自分のピッチングでチームに流れを呼び込みたいと考えたのか、全力投球で気迫を前面に出すピッチングに切り替える。ここへ来てMAX144kmを出すなど最後の力を振り絞る。だが、これまで何度も見てきたが力みから制球も甘くなる。

 花咲徳栄打線は、そういうボールは逃さない。最終回、この回先頭の高橋(哉)が左中間へ二塁打を放ち出塁すると、続く岡崎に花咲徳栄ベンチは犠打の指示を出す。この打球に対し大道が三塁封殺を試みるが、それが悪送球となってしまい花咲徳栄に貴重な追加点が入る。これで楽になったか、4番・西川がきっちりと送り一死三塁とし5番・楠本を迎える。

[page_break:]

 春日部共栄バッテリーは、楠本に対しおそらく厳しい所をついて四球もやむなしというリードであったはずだ。だが、変化球が抜けてしまう。楠本はこれを逃さずライト越えのタイムリー二塁打を放つと、二死後、7番・西銘もセンター前タイムリーを放ち5点差をつけ万事休す。

 投げては高橋(昴)が春日部共栄打線を寄せつけず、最後の一人に対し、この日のMAX144kmを投げるなど余力を残した状態で被安打4、奪三振13、無四球完封というまたまた素晴らしい内容で抑え決勝へ進出した。

 春日部共栄は、昨秋コールド負けを喫した花咲徳栄相手に、この日は最終回までロースコアに持ち込むなど意地は見せることができた。特に雨天の中11安打を浴びながら必死に粘る大道のピッチングには何か訴えかけるものがあった。だが、打線は高橋(昴)の前に4安打に抑えられるなど沈黙した。新チームでは、又吉、川畑、投手陣では渡部、大木の両1年生左腕が中心となるであろう。新チームでの花咲徳栄へのリベンジに期待したい。

 一方の花咲徳栄は、この日も高橋(昴)に尽きるであろう。もちろん、スピード、球威も上がっているのだが、彼の一番の成長はその制球力であろう。今大会ここまで5試合28回を投げて与えた四死球は僅かに1。今日のような悪天候でも無四球に抑えることなどは、昨年の高橋(昴)からすると考えられないことだ。決勝の先発も当然高橋(昴)であろうが、決勝は5日で4試合目のマウンドとなる。終盤のスタミナ面で一抹の不安を残す。

 そういった中で頼みになるのは打線であるが、この日はややつながりを欠いた。西川、山本優也(3年)などがチャンスで打ち取られ感じたのは秋4番を打っていた隈本達也(3年)の存在だ。もちろん守備の問題もあるので、スタメン出場はあまり現実的ではないが、5番・楠本が打ちまくっているだけに、チャンスであれば隈本を使ってみるのも面白い。楠本の後ろを誰が打つのかは今後も付きまとってくる問題であろう。何はともあれ大本命と言われながら三期連続の甲子園まであと1勝の所まで来た花咲徳栄。決勝の相手は聖望学園だが、いつも通り自分達の力を発揮することができれば自ずと道は開けてくるであろう。

(文=南 英博

花咲徳栄vs春日部共栄 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

中央学院大が新入生を公開!拓大紅陵、千葉学芸、専大松戸、中央学院など千葉の強豪校の主力が一挙入学!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?