試合レポート

浪速vs東住吉

2016.07.22

安定した野球で浪速が7回コールド勝ち

 序盤から小刻みに得点した浪速東住吉に快勝した。

 1回、一死から上田一輝(3年)が緩い変化球をうまくセンター前に運ぶと攻守の要である3番・中口輝人(3年)は死球。走者が2人たまると二死後、5番・辻啓吾(3年)がレフト方向に高いフライを打ち上げる。しかし、レフト・吉村悠生(1年)は長打警戒の深い守備位置を取っており、辻のスイングの強さにスタートが遅れた。ショート・杉本大地(2年)が懸命に追い、後ろ向きにグラブを差し出したが当てるのが精一杯。これが適時二塁打となり浪速が幸先良く先手を取った。

 2回にも一死から綛谷貴史(3年)が安打を放つと盗塁で二塁へ。続く中村一登(3年)は綺麗にセンター前に弾き返し一、三塁とチャンスを広げる。すると、東住吉先発の宇戸凌亮(3年)がプレートを外さず一塁に偽投してボークを取られてしまい浪速が1点を追加。3回にも先頭・中口の安打から二死二塁とすると、桝村巧(3年)がレフトへ痛烈なライナーを放つ。打球は一度前に出て来たレフト・吉村が頭を越されるほど伸び、中口は悠々3点目のホームを踏んだ。

 東住吉のエース・宇戸はプレートの一塁側いっぱいから投げ込む右サイド。それもプレートの右端にかけるのはかかとではなくつま先。ヨコの揺さぶりを最大限に使うタイプだが、浪速打線は3回まで毎回複数安打で3得点、小刻みな得点で試合の主導権を握った。

 援護をもらった浪速の先発左腕・中村は先頭打者をきっちり抑え、得点圏に走者を背負ってもホームは踏ませない。キレと安定感ある投球で東住吉のスコアボードに0を並べた。

 4回以降得点の止まっていた浪速は6回に一死三塁からスクイズを試みるも失敗。試合の流れを決定付ける1点を取れずにいたが7回に打線がつながる。

 一死一、三塁でこの日2打数2安打だった中口に打順が回ると東住吉の屋敷悠監督は宇戸に代えて樋口渉(2年)をマウンドに送る。宇戸とは対照的に三塁側のプレートから投げ込む右腕だが中口はライトへ犠牲フライを打ち上げ欲しかった追加点を奪う。さらに二死ながら満塁とすると2打席連続二塁打を放っていた桝村がレフト線を破る。ボールが芝生の上を転がる間に三走・上田、二走・金谷悠雅(3年)に続いて一走・辻も生還。3打席連続の二塁打で一気に試合を決めた。

 投げては中村と2枚看板を成す右腕の横山耀大(3点)が後半を抑え、散発4安打の完封リレーを完成させた。スクイズ失敗が1つあったものの、3度試みた送りバントは際どいタイミングにもならず全て成功。チャンスの場面ではポイントゲッターである中口と桝村が結果を残し、特に中口は走者としても二塁に到達すると大きなリードを取り、平凡なセンターフライでも二塁と三塁の中間付近手間までハーフウェイで出るなど隙が無い。守備でもセンター前へ抜けそうな当たりをセカンド・上田、ショート・木村大二郎(3年)が捌き派手さはなくとも堅実なプレーを披露した。次戦の相手はこちらも古豪の大阪明星。好ゲームに期待がかかる。

(文=小中 翔太

浪速vs東住吉 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!