Column

【埼玉展望・後編】上尾、山村学園、聖望学園などの有力校は浦和学院・花咲徳栄を阻むことができるか?

2016.06.09

 前編では埼玉の二強、花咲徳栄浦和学院の戦力を紹介しました。後編では、春季県大会ベスト4~ベスト8、そしてベスト8以外の有力校、選手を紹介します。

上尾、山村学園、聖望学園の有力校の中心選手は?

渡部 勝太(上尾)

 春季大会ベスト4まで勝ち上がり今夏の大会Bシードで迎える上尾は、何といってもタイプの違う右腕・山下和音渡部 勝太阿部 玄太の三投手の継投が鍵だ。特に140km越え右腕渡部がキーとなる。打線では山口 正悟増田 陸大橋 健のクリーンナップを中心に機動力も使え、小技もそつなく使える選手が揃っている。

 打線も一冬越え力強さを増し、ベスト4で対戦した浦和学院榊原 翼に対しても振り負けなかった。後は、経験を含めた場慣れの部分か。浦和学院戦で最終回見せたようなミスは、大舞台での経験の部分が大きい。その部分が克服できれば、元々投手は三枚おり、夏の大会での疲労は最小限にできる布陣であるだけに32年振りの甲子園も現実味を帯びてくる。

 山村学園は、山村学園佐々木 大輔日置 勇斗・山本 大貴(たき)など投打にポテンシャルの高い選手を多く擁し、昨秋ベスト8・今春も創部初のベスト4まで進出した。左腕の佐々木は浦和シニア時代からの投手経験も豊富で、スピードこそないが、テンポ良く相手を見て投球ができるクレバーなタイプの左腕だ。問題はベスト4花咲徳栄戦でも露呈したが、例えば二死一、三塁での攻守での状況判断など細かい部分の詰めの甘さだ。この点を夏までに修正できれば、佐々木、2年生右腕・鵙尾 匠吾、野手では山本、日置も投げられるなど豊富な投手陣を擁するだけに、夏も山学旋風を巻き起こすことは可能であろう。

 聖望学園は今春花咲徳栄に敗れベスト8に終わったが、津田 将治大野 亮太渡部 陸を軸とした打線は活発でつながりも良く旧チームよりも強力だ。むしろ、問題は投手陣にある。旧チーム松本 龍尭のような大黒柱が今年はいない。岡本 幹成監督は右サイドスローの中川 航に期待を寄せているが、安定感が課題となっている。もし、夏までに彼が一本立ちすることがあれば上位進出も見えてくるであろう。

このページのトップへ

[page_break:春日部共栄、大宮西、川越東といった近年の上位進出校の活躍も見逃せない]

春日部共栄、大宮西、川越東といった近年の上位進出校の活躍も見逃せない

鈴木 慎吾(春日部共栄)

 昨秋関東大会へ出場した春日部共栄今春はベスト8に終わった。打線は関谷 将貴山崎 星夜、濱田 大輔、又吉 一瑳など長打力のある選手達が、基本に忠実にセンター返しを中心にコンパクトに振り抜き、切れ目がない。問題は守備と投手陣だ。ベスト8の山村学園戦では守乱で自滅したような格好になってしまった。

 投手陣も大道 温貴鷹休 翔鈴木 慎吾、1年生左腕の渡部 太陽など頭数は揃っているが、大道、鷹休、鈴木などオーソドックスな右投手が多く、相手に対策を立てられやすいのが課題か。期待の渡部も素材は一級品だが、まだまだ1年生、経験値や完成度はまだこれからで、今夏に大事な場面で登板する可能性は低い。これまで、勝負所で逃げの投球になることが多かったエース大道の変貌に期待がかかる。

 春日部東は投手陣の頭数が豊富で、継投策で乗り切って戦うことになりそうだ。また、西武文理は、地区予選川越東を破り勢いに乗った。エース堀越 将郎を中心にまとまりある好チームだ。打線では盛田 英紀福井 夕也馬場 翔大などに長打があり、機動力も積極的に使ってくる。欲を言えば堀越以外にゲームを任せられる投手が出てくれば上位進出も考えられるのであるが。

 ノーシードの中にも、ショート中島 義広を中心としセンターラインが鍛えられている大宮西、1年生左腕宮崎 颯海崎 雄太など今夏は1年生中心で戦うことになりそうな埼玉栄藤野 優斗を中心に打線でも川村 駿介増島 緩人永田 琢己など長打力のある選手を揃え昨秋ベスト4進出した狭山ヶ丘。エース唐沢 裕貴を中心とした打線も振れている西武台三上 ケビン室賀 優斗、中山 雄太など2年生中心の叡明。好投手遠藤 稔擁し1年生にも好素材が入部したふじみ野など多数の上位進出候補のチームがあるが、中でも一番の注目は投打の柱・星野 裕帆を擁し、昨秋ベスト8浦和学院に延長の末敗れた川越東であろう。

佐々木 大輔(山村学園)

 打線は旧チームほどの迫力はないが、野口真生青山 陽哉、星野、浪江 龍太郎は長打力があり、何よりも今年のチームは機動力が使える。投手陣も星野、島田 海都が共に140km近い球速を誇り、関谷 航平も球に力がある。ここに2年生左腕の苅部 祥太郎が絡んで来れば上位進出も狙えるであろう。

 これらのチームがどこに組み込まれるかにより大会の潮目を変える可能性を秘めている。2強は特にピーキングの面で考えても早い段階では当たりたくないであろう。過去10年以上、春のAシードがそのまま夏決勝のカードになったことはない。つまり必ずどちらかは早期敗退の憂き目にあっている。今年の2強の力は抜けているが、埼玉の夏は長丁場であるだけに順当にはいかないことは述べておきたい。

 事実、昨夏の準優勝校はノーシードの白岡である。一戦一戦成長して、波に乗り、浦和学院までも飲み込んだ。埼玉の夏はどこが勝ってもおかしくはない。

(文・南 英博


注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

このページのトップへ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?