Column

和歌山県立日高高等学校(和歌山)

2016.06.03


集合写真(県立日高高等学校)

冬のトレーニングで好成績を残した日高高校

 和歌山県御坊市にある和歌山日高高校は1年生11人、2年生19人、3年生15人、マネージャー8人、総勢53人のチームで、学校のグラウンドを陸上部、サッカー部と共有して練習しています。この冬に行ったウエイトトレーニングでは選手たちの心と体が鍛えられ、春の県大会ではベスト8という成績を収めました。準々決勝では智辯和歌山に敗れてしまったものの、ピンチやチャンスでの集中力や公式戦の難しさを改めて知る機会となり、現在は夏に向け、ベストを出して優勝できるように走り出しています。

 このチームのキャプテン矢野 嗣恩選手にキーマンと夏の大会で期待している選手について聞くと「西山 泰仙はピッチングでチームを引っ張ってくれてます。そして冷静な井原 遼、配球に自信がある川口 真史、この三人がこのチームのキーマンです。夏の大会では巽 聡一郎中井 椋太の二人にチャンスで一本出してくれるのを期待しています」と語ってくれました。

このページのトップへ

[page_break:リベンジに燃える夏の注目選手たち]

リベンジに燃える夏の注目選手たち

中井椋太選手(県立日高高等学校)

 ここからは和歌山日高の夏の注目選手中井 椋太選手と巽 聡一郎選手にお話を伺いました。

Q. まずはお2人の注目してほしいストロングポイントを教えてください。

中井:勝利を呼ぶ力強いスイングと打球の速さです!
巽:初回の先頭での打席に注目してほしいですね。

Q. 勝利を呼び込む力強いスイングは必見ですね!ではそんな中井選手が引退するまでに対戦したい高校はありますか?

中井:県立和歌山商和歌山東、智弁和歌山の3校です。

Q. なぜその3校をあげてくれたんですか?

中井:県立和歌山商には新人戦で、和歌山東には、智弁和歌山にはに負けてしまったので、次こそはリベンジします!

Q. リベンジ期待してます!続いて巽選手に質問です。高校野球のどういったところに魅力を感じていますか?

巽:一球で流れが変わってしまうところが好きです。

巽聡一郎選手(県立日高高等学校)

Q. 一球の大切さ、流れというのは高校野球の醍醐味ですからね。それでは最後に、夏の抱負をお願いします!

中井:自分たちのやってきたことを信じて全力でプレーしたいです。そして優勝目指します!
巽:自分たちだけでなく見てくれている人たちの記憶にも残るような大胆で積極的なプレーをしたい!

 お2人の熱い想いが伝わってきました!ありがとうございました。

このページのトップへ

[page_break:大きな花を咲かせようぜ]

大きな花を咲かせようぜ

県立日高高等学校クリーンナップ

井口 将克監督に質問!

Q. 井口監督はどのようなことを心がけてチーム作りをしてきましたか?

 昨夏の経験者も少なく、新チーム当初は頼りないチームでした。しかし、ゲームをこなし、練習を重ねるにつれ、少しずつ力をつけ、見違えるほどのチームと変身してくれました。このチームは、キャプテン矢野を中心にまとまりがよく、野球に対する思いが今までの選手とは違い意識が高く、食事のこと、トレーニングのこと、自分たちには力がない、だからやらねばと言う信念が強く感じられました。また、秋季大会では県3位になった和歌山東高校と一進一退の激戦の上、延長戦で敗れましたが、その後更にそのやる気に火が点きました。秋以降、現在も続けていますが、この子達の自主性に賭けようと、練習メニューを3年生が相談し合い、監督と協議して決めて、練習中も3年生中心に進めていく形式をとっています。

Q. 監督が考えるこのチームの強みとは?

 選手が、監督含め指導者を引っ張って行ってくれています。今までとは違い、練習中の選手の声が大きくなり、口数も増え、ミーティングも自主的に行うようになったことです。

Q. 最後にこの夏に向けての意気込み、選手たちへメッセージをお願いします。

 粘り強く、食らいつく精神を前面出し、夏に弱い和歌山日高とは誰にも言わせない戦いぶりを見せつける。
最後に、大きな花を咲かせようぜ

 大輪の花、ぜひ見てみたいです!井口監督、ありがとうございました!


注目記事
僕らの熱い夏2016 特設ページ

このページのトップへ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード