試合レポート

鹿児島実vsれいめい

2016.05.26

鹿児島実・泰の好投、今大会最大の収穫

鹿児島実vsれいめい | 高校野球ドットコム

鹿児島実・泰

 鹿児島実の先発・泰 厚志(3年)は右のオーバースロー。れいめい外薗 大輝(3年)は左のアンダースロー。投げ方は好対照だが、どちらもカーブ、スライダー、チェンジアップなど、変化球を駆使し、遅い球を有効に使って緩急を生かす軟投派という点で共通する。鹿児島実れいめいとも強打を看板にしているが、昨秋準々決勝で対戦した際は、やはり鹿児島実・右アンダースローで軟投派の谷村 拓哉(3年)がれいめい打線を2失点完投で勝利しており、強打のチームに軟投派をぶつけるのは、それなりに効果があるのかもしれない。

 この試合でも、背番号11、軟投派の両先発が好投し、5回までは両者とも3安打、無得点とがっぷり四つに組み、好ゲームを予感させる展開だった。

 試合が動いたのは6回。れいめいは外薗から左腕・赤﨑 卓明(3年)にスイッチする。こちらもスローボールを主体に鹿児島実打線を抑えようとしたが、先頭の3番・追立 壮輝(3年)が三塁線強襲の内野安打で出塁した。

 4番・綿屋 樹(3年)のところで、宮下 正一監督はエンドランを指示する。本来なら綿屋には「普通に勝負で引っ張って一二塁間を抜く当たり」を期待するのだが、注目打者・綿屋に対してはどの投手も外角勝負を徹底しており、準々決勝の鹿児島大島戦(観戦レポート)は5打席無安打。この試合でも2打席とも変化球を打ち上げてしまっていた。

「力を入れると緩いボールは打ちにくいし、力を抜くと突っ込んでしまう」と綿屋。注目打者ゆえの悩みを抱えていた。悩める主砲に対する「アシスト」のエンドランだ。外角のボールを押し込んで左方向に流し、久々のヒットでチャンスが広がった。
「今はこんな打撃しかできない」綿屋だが、悩める主砲に1本出たことで、打線が勢いづく。6番・喜岡 大晟(3年)の犠牲フライで先制し、7番・佐々木 幸大(3年)、8番・土井 剛太(3年)、右打者の2人は、綿屋に触発されたかのように右方向へ押し込む長打を放ち、計4点を先制して勢いづいた。7回からは注目の本格派・太田 龍(3年)が登場したが、3番・追立が2本の長打を放つなど、最速147キロの速球よりも鹿児島実の勢いが勝り、3点を追加して、コールド勝ちした。


鹿児島実vsれいめい | 高校野球ドットコム

れいめい・外薗

 最終的には打ち勝った鹿児島実だが、宮下 正一監督は「泰の好投」をいの一番の勝因に挙げた。準々決勝の鹿児島大島戦で延長10回を完封したのに続き、8回一死で吉村 陸炬(1年)にスイッチするまで無失点で切り抜けた右腕の好投を「集中力を途切れさせることなく、立派だった」とたたえた。

 右本格派の丸山 拓也(3年)、右アンダースローの谷村、センバツまで2本柱として活躍した右腕が故障を抱えている中で白羽の矢が立った。今大会、初戦の志布志戦は勝利投手だったが12安打5失点ととても及第点には程遠かった。その夜、宮下監督に呼び出され「悔しかったら、次も投げろ!」と檄を飛ばされた。名誉挽回のチャンスをもらい「そこからは次の登板でしっかり投げられるようコンディションをしっかり整えることだけを考えた」。

 持ち味は大きなカーブに、それよりも更に遅いチェンジアップ。生命線のコントロールは、時折カウント3ボールになることもあるが「3ボールになると、より指先まで集中してリリースがしっかりできるようになる」という。センバツに出た後ぐらいの頃から「フォームを変えたのも良かった」。それまで足を上げて勢いよく投げていたが、足を上げてからいったん止めてためを作ってから下半身の体重移動をより意識して投げるようにしたら、より制球が安定した。谷村、丸山の両投手陣が使えず、正捕手だった井戸田 貴也(3年)もケガでベンチから外れる逆境だったが、その中でチャンスを生かし、またひとり、勝利に貢献できる投手が育ってきたことを意味する。「あすの決勝もぜひ投げたい」と意気込んでいた。

(文=政 純一郎

鹿児島実vsれいめい | 高校野球ドットコム
注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?