試合レポート

鹿児島城西vs日大三

2016.05.09

粘り強さ、出てきた・鹿児島城西

鹿児島城西vs日大三 | 高校野球ドットコム

鹿児島城西・平

 雨による悪天候が予想されたため、7回打ち切りの規定で実施された。

 5回までは日大三岡部 仁(2年)、鹿児島城西平 将太(3年)、両先発右腕の好投、攻守で互いにゼロ更新の引き締まった展開だった。

 試合が動いたのは6回裏、日大三はこの回からリリーフした左腕・井上 知也(3年)から2つの四球、3番・坂倉 将吾(3年)のライトオーバー二塁打で無死満塁とすると、5番・古木 虎支郎(3年)、6番・山口 湧大(3年)が犠牲フライを放ち、2点を先取した。

 鹿児島城西は7回、一死一二塁の好機がバント失敗で二死となったが、代打・濱瀬 翔樹(2年)がセンター前タイムリーを放って1点を返す。更に1番・花城 音弥(3年)の死球で満塁と好機が広がり、2番・橋口 永久(3年)が四球を選んで押し出し、同点に追いついた。

 その裏、2本の二塁打を浴びるなど、サヨナラのピンチだったが、6回途中から3番手でリリーフした有川 凌(3年)が踏ん張り、両者引き分けだった。

 鹿児島城西・奥 虎太郎監督としては「粘り強さが出てきた」手ごたえが感じられた一戦だった。
先発のエース平が5回無失点の好投。「無四球で抑えられたのが良かった」と喜んだ。
大型連休中、愛知遠征で中部地区の強豪校と戦う中で、指導を受ける枦山 智博さんから、バッテリーの配球や投球術をかなり厳しく指導されたという。スライダー、チェンジアップの制球が安定し、使えるボールになった。中でも「左打者のボールゾーンからストライクに入る」いわゆる「バックドア」が使えるようになり「スライダー、チェンジアップでカウントを整えて、直球で勝負」という基本軸ができた。

 圧巻は4回、一死から3番・坂倉にライトオーバー二塁打を打たれたが、4番・山本 幸次郎(3年)、5番・古木を連続三振で切り抜けた。勝負球はいずれも内角の直球。5回も一死から連打を浴び、二三塁のピンチも得点を許さなかった。「遠征で学んだことが活かせた。勝負球の内角球が打たれなかったのが自信になった」と力強く振り返った。

 攻撃陣も、劣勢の展開を同点まで盛り返したことを奥監督は評価する。バント失敗や、走塁ミスなどらしくない展開が続いた中で、ライト1回の攻撃でワンチャンスをものにできた。代打・濱瀬はカウント1ボール2ストライクと追い込まれながら、センター前に弾き返した。「追い込まれたことで、あれこれ考えずに思い切り振り切ることができた」(奥監督)。2番・橋口はフルカウントから2球ファールで粘って値千金の押し出し四球を選んだ。「欲を言えば、あそこでもう1本出なかったところが今後の課題」と奥監督。同点においつき、中軸を迎えた場面だったが、3番・上村大希(2年)が三振に打ち取られて勝ち越しはできなかった。「あそこで逆転できる力がついてくれば夏勝ち上がれるチームになる」。

(文=政純一郎)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.18

【岡山】センバツ出場の創志学園は2回戦から登場! 2回戦で昨年夏の決勝戦と同じカードが実現の可能性も!<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード