試合レポート

常総学院vs水戸商

2016.05.07

常総学院が水戸商を僅差で下し春季関東大会出場を決める!宮里豊汰は3安打の活躍!

常総学院vs水戸商 | 高校野球ドットコム

先発・樫村雄大(常総学院)

 春季茨城県大会準決勝第2試合は、シードの常総学院水戸商のカードとなった。
先攻・常総学院の先発は背番号10の右腕・樫村雄大(3年)が、後攻・水戸商の先発は背番号1の右腕・瀧功聖(3年)が任された。

 2回表、常総学院は二死から7番・清水風馬(3年)と8番・石川大(3年)の連打で一、二塁とし、9番・鈴木海斗(3年)がセーフティバントを試みるが失敗に終わる。

 3回裏、水戸商は先頭の7番・堀内啓希(3年)がライト線ツーベースで出塁するが、8番・井坂勇斗(2年)の初球送りバントの構えからウェイティングした際に飛び出してしまい、捕手・清水の牽制で刺されてしまう。

 4回裏、水戸商は先頭の2番・小林俊輔がライト前ヒットで出塁し、ワイルドピッチと送りバントで一死三塁のチャンスを迎えるが、4番・瀧のサードゴロで三本間に挟まれタッチアウト。挟殺の間に打者走者・瀧は二塁を狙うが、こちらもタッチアウトとなりチグハグな攻撃が続く。

 5回表、ピンチを凌いだ常総学院が先制する。二死から1番・有村恒汰(3年)がレフトフェンス直撃のツーベースで出塁すると、2番・陶山勇軌(2年)のセンター前タイムリーで1点を先制する。

 6回表、常総学院は一死から5番・中村迅(3年)がセンター前ヒットで出塁し、盗塁と悪送球で二死三塁とすると、7番・清水のセンター前タイムリーでその差を2点に広げる。


常総学院vs水戸商 | 高校野球ドットコム

好投した瀧功聖(水戸商)

 8回表、常総学院は4番・花輪直輝(3年)と5番・中村の連打で無死一、二塁とするが、6番・樫村雄大の送りバントはピッチャー正面のゲッツーコースとなる。しかし、ファーストへの転送が暴投となり一死二、三塁となる。次打者が敬遠で一死満塁とするものの、8番・石川、9番・宮谷拓人(3年)は連続見逃し三振に倒れ追加点が奪えない。

 8回裏、水戸商がついに反撃に出る。一死から7番・堀内がセンター前ヒットで出塁し、パスボールとワイルドピッチで一死三塁とする。8番・井坂は空振り三振で二死となるが、9番・樋川圭那(2年)の振り逃げで1点を返す。

 9回表、常総学院は先頭の1番・有村がライトフェンス直撃のツーベースで出塁するが、2番・陶山のファーストゴロで挟まれタッチアウトとなり一死一塁となる。続く3番・宮里豊汰(2年)はこの日3本目のヒットとなるセンター前ヒットで一死一、二塁とし、内野ゴロで二死二、三塁までチャンスを広げるが、5番・中村はファーストゴロに倒れる。

 9回裏、常総学院はここで2番手に左腕の伊藤龍(3年)を送る。1点を追う水戸商だが、先頭の2番小林はショートゴロ、3番・山田雄大(3年)はサードゴロ、最後は4番・瀧がセンターフライに打ち取られ試合終了となる。

 常総学院水戸商を1点差で下し、関東大会出場を決めた。
先発・樫村雄大の生命線である縦のカーブとフォークを、走者がいる場面で捕手・清水風馬が後ろに逸らすことが4度あった。そのうち1度は失点につながったが、それでも樫村は我慢強く投球し、8回を散発ヒット6本、1失点に抑える好投を見せた。

 常総学院としては、この試合でも2安打を放った打力の高い清水か、打率は低いが守備力の高い木村健太郎(3年)か、捕手の起用法が悩みの種だろう。打撃面では、13安打4盗塁しながら2得点、12残塁と決め手に欠いたが、1番・有村恒汰がレフトフェンスとライトフェンスの両方に直撃するツーベースを放ち、場内をどよめかせた。また、3番・宮里豊汰には大きい当たりこそなかったものの、鋭い打球で野手の間を破るヒットを3本放った。

 一方、水戸商は3回と4回に走塁ミスでチャンスを潰したことが最後まで響いた。エースで4番の瀧功聖は、9回を1人で投げ抜き、13安打を浴びながらも要所を締めて常総学院打線を2点に抑えた。

(取材・写真=伊達 康

常総学院vs水戸商 | 高校野球ドットコム
注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード