試合レポート

高知vs川之江

2016.05.06

夏を制するための推進力得た高知と川之江

高知vs川之江 | 高校野球ドットコム

3戦連続の先発となった高知・谷脇 瑞基(3年)

 センバツ出場4校のうち、土佐(高知)・大会準優勝の高松商(香川)は代表決定戦で敗退。残る小豆島(香川)は初戦、明徳義塾(高知)も決勝戦には残れず。また、低気圧襲来による強風の影響もあり、本塁打数は3年ぶりの「0」。大会の「華」という部分では盛り上がりを欠いた今回の春季四国大会。ただし、決勝進出の高知(高知)・川之江(愛媛)にとっては、間違いなく夏への推進力を得た「よき大会」だったと言える。両校の収穫を分析していきたい。

 敗れた川之江最大の収穫は「外野手の守備範囲には課題があるが、投手中心に守りの野球ができた」(友近 拓也監督)守備面。県大会優勝の立役者・エースの糸川 亮太(3年・投手・右投右打・170センチ72キロ・川之江ボーイズ出身)を「右ひじに違和感が出て5・6月に投げ込みができるように大事を取った」中にあっても3試合ノーエラーで乗り切った。

 この日、指揮官は糸川に加え1回戦・準決勝と連投した左腕・橋本 光太(2年・投手・左投左打・172センチ61キロ・川之江ボーイズ出身)にも休養を指令。前日、7回にリリーフも1死も取れずマウンドを降りた松本 健太郎(2年・右投右打・172センチ66キロ・四国中央市立川之江北中出身)に先発マウンドを託した。松本健は7回137球6失点。10安打こそ浴びたものの、2回裏に一死一・二塁から「ストレートに張っていた」2番・大西 康太(3年・二塁手・右投左打・166センチ57キロ・三田リトルシニア<兵庫>出身)に狙い打たれた右翼線2点適時打含む5安打を浴び5点を失った2回裏を除けば、最速136キロのストレートとスライダーを丁寧にコーナー低めへ投げ分け、夏への希望が見える投球を見せた。

 打線も初回に「二遊間がすぐベースから離れたのを見て、2球目で行けると思ってスタートした」2番・山尾 拓摩(2年・中堅手・168センチ58キロ・右投左打・南都ボーイズ<奈良>出身)の三盗を契機に4番・日野 智也(3年主将・右翼手・右投左打・172センチ70キロ・新居浜ボーイズ出身)、5番・曽我 飛夢(3年・左翼手・右投右打・175センチ70キロ・東加古川レッドアローズ<ヤングリーグ・兵庫>)が連続適時打。土壇場の9回表にも二死満塁から途中出場の8番・直野 和弘(3年・捕手・174センチ67キロ・右投右打・新居浜ボーイズ出身)が、三塁線を鋭く破る2点二塁打。「逆転された後にエンジンがかかるのが遅い」と友近監督はそれでもダメ出しの姿勢を崩さなかったが、今大会貫かれた粘り強さは決勝戦でも随所に見えた。


高知vs川之江 | 高校野球ドットコム

川之江先発・松本 健太郎(2年)

 これに対し6年ぶり10回目の優勝。明徳義塾と並んでいた優勝回数を再び単独トップとした高知。ここも投手陣の奮闘が光った。

 島田 達二監督が「谷脇は球威で押し込めるし、吉村はコーナーとスライダー・チェンジアップを投げ分けられるので公式戦で試したいと思っていた」谷脇 瑞基(3年・投手・右投右打・186センチ78キロ・土佐清水市立清水中出身)から吉村 大輝(3年・投手・右投右打・172センチ72キロ・高知中出身)につなぐリレーは最高の結果で成就した。特に谷脇はこの川之江戦で最も遅いもので84キロのスローカーブを披露。最速142キロのストレートとの球速差は実に「58キロ」。これも夏には大きな武器となりそうだ。

 さらに「次」への一手も怠りない。打っては大会10打数5安打3得点1打点2盗塁と躍動するも、川之江戦最終回の先頭打者、記録こそ遊撃内野安打となったが、軽率なグラブさばきで2点を失う要因を招いた1番・十河 友暢(3年・遊撃手・右投右打・168センチ75キロ・高知中出身)に対しては眉をひそめたうえで、「6月12日(日)に智辯和歌山(和歌山)と対戦する高知県高野連特別招待野球では、新たなポジションを考えている」と島田監督は話す。もし、この策が成功すれば高知はさらなる力を蓄えることになろう。

 今大会の準優勝により夏の愛媛大会第1シードが決定(以下、シード校は済美新田今治西の順)。ベスト4・高知国体優勝につないだ2002年以来14年ぶりの甲子園の最短距離に立った川之江。第3シード以上獲得が確定。残る県高校体育大会において1ポイント差で3位につける土佐を抑えつつ、明徳義塾を破って優勝すれば獲得できる第1シードの先、7年ぶりの夏甲子園をつかみにいく高知。混戦模様が色濃い夏の四国4県地方大会においても、春の四国大会で推進力を得た両校は愛媛・高知両県をけん引する存在となりつつ、それぞれの目標に向かって邁進していく。

(文=寺下 友徳

高知vs川之江 | 高校野球ドットコム
関連記事
・2016年春大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【奈良】天理は快勝で初戦突破、智辯学園は継続試合に<春季大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!