試合レポート

大手前高松vs富岡西

2016.05.04

富岡西、収穫多き8年ぶり「春季四国舞台」

大手前高松vs富岡西 | 高校野球ドットコム

大手前高松・門内 快航(3年)

「いい試合を見させてもらいました」。

 特等席の三塁側ベンチから見た試合の感想を漏らしたのは富岡西・小川 浩監督。8年前・2008年の初出場初勝利以来の勝利こそならなかったが、2度目の春季四国大会で彼らは多くの収穫を手にした。

 その収穫を得る過程も確かなものだった。前日の球場公式練習では紅白戦形式で逆方向とヒットエンドランの意識を徹底。最速139キロのストレートを持つ大手前高松門内 快航(3年・投手・右投右打・172センチ72キロ・高松市立桜町中出身)に対し、球速を利用して打つことで中盤までは完全に主導権を握った。

 さらに先発左腕・紀本 幸太郎(3年・投手・左投左打・174センチ65キロ・阿南市立阿南第一中出身)は最速137キロをマークした伸びのあるストレートに、この春から投げ始めたシュートを軸とした変化球が有効に決まり、8回117球6安打6奪三振。「ゆったりしたフォームから腕をしならせてくるので、そこに踏み込むタイミングを修正するまで3回かかった。いい投手でした」と敵将・山下 裕監督も絶賛の内容だった。

 7回裏はミス絡みで同点とされ、8回裏には9番・橘 大輔(3年・右翼手・右投右打・166センチ65キロ・三木町立三木中出身)の遊撃内野安打、盗塁。そして1番・寿賀 蒼音(2年・左翼手・左投左打・173センチ61キロ・高松市立勝賀中出身)が三塁線を抜く二塁打という大手前高松らしい攻撃で決勝点を奪われた富岡西だが、ここで得た経験値は最終目標の「打倒・鳴門で初甲子園」へ向けての大きな糧になることだろう。

 丸亀の地では鳴門がポテンシャルを示し、高松では富岡西が健闘。これで四国大会では3大会連続初戦敗退。通算10連敗となった徳島県勢であるが、トンネルの出口、光は確かに見えている。

 

(文=寺下 友徳

大手前高松vs富岡西 | 高校野球ドットコム
関連記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.08

【春季東京都大会】錦城の左腕・宮地が2試合連続完封で都立片倉を下して4回戦進出

2024.04.08

【神奈川】夏のシードをかけた3回戦は13日、8会場で開催

2024.04.08

【愛知】9日に県大会抽選会、50チームの頂点はどのチームか

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.08

【春季東京都大会】佼成学園が日大三から悲願の勝利!狩塚の決勝三塁打、左腕・熊谷が力投

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.03

【千葉】銚子商が1点差で初戦突破、東京学館浦安、佐倉も初戦を突破<春季大会予選>

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?