試合レポート

履正社vs早稲田摂陵

2016.05.02

寺島抜きでも5回コールド

履正社vs早稲田摂陵 | 高校野球ドットコム

7番・山本侑度(履正社)

 オーダー表に履正社の主軸・寺島 成輝(3年)の名前は無かった。投手として注目を集める寺島だが打撃も良く4番を任されるほど。
そんな打者を欠く打線でも初回に4番・安田 尚憲(2年)のタイムリーで先制すると二死満塁から7番・山本 侑度(3年)のセンター前ヒットで2点を追加。初回だけで3点を奪い、試合の主導権を握ると、2回には2つの押し出しでリードを広げ再び二死満塁で山本が打席へ向かう。
「ストライクが来たら振っていくことだけを考えてました」3ボール1ストライク、打者有利のカウントから快音を残した打球はセンター前へ飛ぶ。早稲田摂陵のセンター・田所佑樹(3年)はダイビングキャッチを試みるが後逸してしまう。「捕られるかと思ったんですけど、抜けたのを確認してからは全力疾走でした」ボールはフェンス際まで到達し山本は迷いなく三塁に向かう。背後で行われている打球処理でどこまで返球されているかはわからないが、三塁コーチを務める岡田 瑛人(3年)の手はグルグル回り、それを見た山本は一気に本塁へ。6点を奪うビッグイニングを作った。

 山本が打席に入った時点では2点を取ったとはいえどちらも押し出しによるものでランナーをためる過程を含めてもクリーンヒット無し。試合の流れを決定づける意味でも大きかったが、この一打は山本にとってはそれ以上に意味があった。1桁の背番号9をつけているが実はこの日が初スタメン。センターとレフトは固定されつつあるが前の試合では1年生の筒井太成(1年)が本塁打を放つなど外野の一角を巡る争いはし烈。不動のレギュラー獲りへ6打点の大活躍で大いにアピールした。


履正社vs早稲田摂陵 | 高校野球ドットコム

5番・細谷綾寿(早稲田摂陵)

 大量ビハインドを追う展開となった早稲田摂陵は2回、細谷 綾寿(2年)が右中間を破る三塁打を放つと続く6番・鶴田 凌磨(3年)がつまりながらもレフトの前に落とし1点を返す。すると2回途中からマウンドに上がり果敢にインコースを突く投球を見せていた大池 純也(2年)は履正社の攻撃を2イニング続けて3人で終わらせる。履正社の岡田 龍生監督が「手長いしおもしろい」と評していた左腕は左打者に対して抜群の投球を見せた。しかし、右打者の続く5回にピンチを招くと最後は打順がトップに返り1番・福田 観大(3年)にライト線を破る2点タイムリースリーベースを浴び万事休す。その裏の攻撃も履正社先発・竹田 祐(2年)の前に三者凡退に終わり反撃はならなかった。

 早稲田摂陵を5回コールドで下した履正社はこれで今大会3試合全てコールド勝ち。点差が開いても大振りせずしっかりコンタクトする打撃を徹底していた。「バッティングの状態良くなってきているので、思い切って振らせたい」と打線の状態に手応えを感じている岡田監督は寺島を下位打線で起用することも視野に入れている。投げる方でも竹田が5回を3安打1四球で1失点と好投。今後へ向けて明るい兆しを見せた。

 余力たっぷりの履正社はこの日、寺島に出番は無かった。新チーム結成時は寺島がエースで4番でキャプテンと重責を担っていたが、先発を任せられる他の投手が台頭し、打線も寺島抜きで5回コールド勝ち。オーダー表でキャプテンを示す二重丸は寺島の1ではなく四川 雄翔(3年)の5に記されていた。寺島が中心であることは間違いないが決して寺島のワンマンチームでは無い。3試合連続のコールド勝ちでチーム力の高さを示した。

(取材・写真=小中 翔太

履正社vs早稲田摂陵 | 高校野球ドットコム
注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?