試合レポート

浦和学院vs春日部東

2016.05.01

浦和学院苦しみながらも準決勝進出

浦和学院vs春日部東 | 高校野球ドットコム

大澤(浦和学院)

 Aシード浦和学院春日部東の対決、このカードで思い出されるのは4年前、その年の夏勇退することになる中野前監督が浦和学院に対し、左投手を試合前日にサイドスローへ転向させるなど様々な策を見せ接戦に持ち込む。結果、延長15回引き分け再試合や降雨ノーゲームなどで試合は4日間に渡り行われ、その時は最終的に春日部東浦和学院を破り、関東大会へ駒を進めている。

 浦和学院が左腕の大澤、春日部東が右サイドハンドの中里が先発し試合が始まる。

 先制したのは浦和学院だった。
2回裏、一死から6番・桑原樹が死球で出塁すると、続く梶山の所でエンドランを仕掛けると、これがセンター前ヒットとなるが、二塁ベース上で一走・桑原樹が足首を痛め起き上がれない。桑原樹は担架で運ばれ中断後、交代を余儀なくされる。一死一、二塁から試合が再開。再開後8番・大澤がきっちりと送り二死二、三塁とすると、続く家盛が四球でつなぎ満塁とすると、ここで1番・山本がショート後方へポトリと落ちるタイムリーを放ち、浦和学院が2点を先制する。

 2点を追う春日部東もすぐに反撃を開始する。3回表、一死から8番・仲井間が右中間への三塁打を放ち、一死三塁とチャンスメイクするが、後続が凡退しチャンスを活かせない。

 中盤はやや浦和学院が優勢に試合を進める。

 4回裏、この回先頭の梶山がレフト線への二塁打を放つと、続く大澤の犠打に対し、ピッチャー中里の判断が遅く内野安打となり無死一、三塁と絶好の追加点のチャンスを掴む。だが、一死後、1番・山本のレフトフライで三走梶山がタッチアップを試みるが、本塁憤死で併殺となり追加点を奪えない。

 浦和学院は、6回裏にも蛭間、梶山の連打などで一死二、三塁とチャンスを掴むが、後続が倒れまたしても追加点を奪えず流れを失う。

 すると、中盤以降良く守っていた春日部東に最終回大きなチャンスがやってくる。


浦和学院vs春日部東 | 高校野球ドットコム

中里(春日部東)

 この回浦和学院は万全を期してエース榊原をマウンドへ送る。その榊原に対し、先頭の高橋が四球を選び出塁すると、相手のパスボールで二塁へ進む。さらに、続く土屋がショートへの内野安打を放ち無死一、二塁とし同点のランナーが出塁する(二走・高橋は自重)。春日部東ベンチはここで4番・小林に犠打のサインを出すが、小林のバントはキャッチャーフライとなりチャンスは萎む。これで落ち着きを取り戻した榊原が後続もきっちりと抑え2対0で浦和学院が接戦を制しベスト8へ駒を進めた。

 春日部東はこの日中里の先発起用が当たった。強いスイングを心がける強打の浦和学院打線に対し、軟投派の投手をぶつける。中里はその期待に応え緩い球をうまく使いゲームを作り、粘りの投球を見せロースコアに持ち込む。この展開は前回対戦時のそれに似ていた。この辺りは富沢監督が自分の色を出しつつも、うまく前任者の伝統も受け継いでいる印象を受ける。だが、この日は頼みの打線が大澤を捉えられなかった。投手陣は他にもこの日登板がなかったが変則フォームの左腕エース舟橋など、癖のある投手を揃えているだけに夏に向け打線の更なるレベルアップが上位進出への鍵を握りそうだ。

 一方の浦和学院も勝ちはしたが、決して手放しで喜べない試合内容であった。桑原樹に代わり途中出場した1年生蛭間がヒットを放つなど活躍したのは好材料だが、今大会総じてやや打線が低調で、この日も相手の緩いボールに対し待ちきれず凡打の山を築く場面が多かった。次の相手は好調のBシード上尾だ。エース榊原を中心とした投手陣の踏ん張りが必要不可欠であろう。

 (文=南 英博

浦和学院vs春日部東 | 高校野球ドットコム
注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード