試合レポート

大阪桐蔭vs上宮

2016.05.07

大阪桐蔭を苦しめた上宮のエース・巻大地の叩き上げ人生

大阪桐蔭vs上宮 | 高校野球ドットコム

先発・巻大地(上宮)

 ここまでの3試合。3試合連続二桁得点と圧倒的な強打で勝ちあがっている大阪桐蔭。その大阪桐蔭が8回まで無得点と大苦戦した。試合後、西谷浩一監督が「苦しい試合でした。相手投手が本当にコントロールが良くて苦しかったです」と振り返るように上宮のエース・巻大地(2年)の好投が光った試合だった。では巻はどんな投手なのかと説明すると、球威ある真っ直ぐをコントロール良く投げ分けができる左腕投手である。

 だが立ち上がりはやや不安なものだった。いきなり1回裏、一死一、三塁のピンチを招き、4番三井健右(3年)を迎えたが、なんとか併殺に打ち取ってから、「あの併殺でだいぶ気持ちが楽になりました。それまでは、とにかく緊張をしていましたから」と緊張から解れた巻は快投を見せる。

 球速は125キロ~130キロ(132キロ)で、突出して速いわけではないのだが、球速表示以上に勢いを感じるのか、大阪桐蔭の各打者が捉えることに苦労しているのだ。そして110キロ台のスライダーが低めに決まっていて、これも厄介な球種だ。
 巻が打ち難く感じるのはフォームにある。巻はノーワインドアップから大きく右足を巻き込んでから真っ向から振り下ろす左のオーバーハンドだが、フォームに勢いがあり、右肩の開きが遅く、なかなか腕が出てこないので、出所が見難い。サヨナラ打を打つことになる福井章吾(2年)は最初は対応ができなかった。巻の印象について、「コントロールは良いですし、あのトルネード気味なフォームから一気に腕が振れるので打ち難いですし、さらにテンポも良いのでなかなか自分の間合いで打てませんでしたね」と苦労している様子だった。大阪桐蔭の3番吉澤 一翔も、「0-2からですと、甘いボールに投げる傾向にあるのですが、巻投手の場合、際どいコースへストライクが取れる。それは嫌だなと見ていました」とU-18代表一次候補に入った吉澤も巻のコントロールの良さを称えていた。

 その巻だが、実は叩き上げの左腕だ。西山田中時代、軟式でプレー。最後の夏は府大会の初戦で敗れている。無名中の無名だが、率いる村田監督の目に留まり、上宮に進むことになる。村田監督は何を評価したのだろうか。
「当然、個人の技術を見ますが、彼が良かったのはマウンド上に立った時の雰囲気、佇まいですね。それに惹かれました。そして取り組み。やっぱり高校生は取り組み次第で一気に伸びるものですが、彼は自分の課題に向き合って取り組む姿勢が中学生の時からありました」
巻からすれば願ってもない話である。上宮に進学してからも姿勢は変わらなかった。
「高校生なんで、私がいないと手を抜きたくなるものですが、巻の場合はそれがありません。自分の課題に向かって真剣に練習ができる選手ですし、本当に姿勢が素晴らしい投手なんです。だから入学から大きく伸びた選手ですね」と村田監督は巻の練習に取り組む姿勢を評価していた。同期には巻より中学時代に実績ある投手がいるようだが、前向きに取り組む姿勢でメキメキを力をつけた巻はエースとなっていた。


大阪桐蔭vs上宮 | 高校野球ドットコム

サヨナラ打を放った福井(大阪桐蔭)

 今のトルネード投法もコーチからのススメのもの。
「ヒップファーストで投げられるようにということで今のフォームになったのですが、それでボールの勢いも変わってきました」
ストレートも自己最速135キロまで伸びるように。キレ、出所の見難さは意識をしていないが、今のフォームをマスターしたことで、自然と嫌らしい投手となっていた。

 巻は大阪桐蔭打線に走者を許しながらも粘り強いピッチングで得点を与えない。自然と焦ってしまうものだが、大阪桐蔭投手陣も井上大輔香川 麗爾の2年生投手リレーで先制点を与えなかった。「この2人が失点を与えなかったのが大きかった」と西谷監督が語るように、0対0のまま9回裏を迎えた。一死一塁から福井が狙い球としていたストレートを捉え、レフト線を破る長打。これを一塁走者・栗林 佑磨が俊足を飛ばして、クロスプレーとなったがセーフ。大阪桐蔭が苦しみながらもサヨナラ勝ちを決めた。ここまで大阪桐蔭を苦しめた2年生左腕・巻の投球は大きく評価されることだろう。

 村田監督は「良く投げましたが、相手打者が上でした」と脱帽。ここまでの戦いぶりを「大阪桐蔭にここまでやったというのは選手たちにとっては大きく自信になったと思います」と敗れはしながらも選手たちの戦いを評価していた。

 敗れた巻は「テレビで見ている大阪桐蔭の選手を対戦できたこと。また[stadium]舞洲スタジアム[/stadium]でプレーすること自体、初めてだったので、投げていて楽しかったです」と試合を振り返った。今後の課題としては、ストレートがまだ押し切れなかったこと。打ち取ったものはスライダーが多かったので、ストレートで打ち取れるような投手になりたい」とストレート強化を課題に挙げた。
 好投をしても現状を満足せず、さらに上達へ向けて意気込む巻。まだ2年生左腕ということで、今後の大阪桐蔭の好敵手として頭に留めたい選手になったのは間違いない。

(取材・写真=河嶋 宗一

大阪桐蔭vs上宮 | 高校野球ドットコム
注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード