試合レポート

いなべ総合vs津田学園

2016.04.30

いなべ総合学園は8季連続の東海大会出場を優勝で飾る

いなべ総合vs津田学園 | 高校野球ドットコム

いなべ総合・渡辺啓五君

 昨秋の東海地区大会準優勝で、今春のセンバツ出場を果たしたいなべ総合学園。このところ、三重県では最も安定した実績を示している存在と言ってもいいであろう。今大会も、ここまで3試合すべてに2ケタ得点を挙げて圧倒的な強さで決勝進出を果たした。そのいなべ総合に2回戦で強豪菰野を接戦で下し、前日も近大高専に7回コールド勝ちして勢いに乗る津田学園が挑むという形になった。

 そんな両チームの戦いだけに、5点前後の点の取り合いになるのではないかと思われた。ところが、予想外と言っては何だが、試合は投手戦の展開になった。津田学園は背番号16ながら、181cm82kgという恵まれた体格で、力のある球を投げ込んでくる水谷 翼君、いなべ総合はこの大会になってからは最も調子がいいので1番をつけている山内君が先発。ただ、山内君はボールが先行して、やや苦しい投球となっていたが、それでも1回、2回、3回と毎回安打されながらも、何とか持ちこたえていた。

 そして、いなべ総合の3回、一死後1番奥村君はカウント2-2からとらえた打球は右翼フェンスを越えていく会心の本塁打となった。しっかりと負の切った思い切りのいいスイングからの一発だった。1点リードして、いなべ総合尾崎 英也監督は4回からは2年生ながら、実質エースとも言っていい存在の背番号18渡辺 啓五君を送り出した。肋骨を痛めるなど、必ずしもベストの状態ではないというが、球質も重そうだなという印象だった。
結局、渡辺啓君は6イニングを投げ切って5安打は許したものの無失点で、まだ本調子とは言えない状態だとは言うものの、三塁にも行かせなかったというのはさすがである。尾崎監督も、「6イニング投げられたということは大きかったですよ、無失点に抑えたということで今日はOKです」と、その内容は評価していた。


いなべ総合vs津田学園 | 高校野球ドットコム

津田学園・水谷翼君

 また、6回にもいなべ総合は先頭の4番藤井君が右前打すると、渡邉 雄大君がしっかりと送り、二死二塁となってから、7番藤田君が一二塁間をゴロで破り、二塁走者の藤井君がホームインして追加点を挙げていた。

 津田学園は7回は勢力(せいりき)君、8回は高橋希君と、7人も投手をベンチ入りさせているというだけあって、細かく継投して、追加点を防いでいったが、反撃には結びつかなかった。
打線は、渡辺啓君に対しても食い下がり、5回には2安打したが、盗塁死などもあって、もう一つ攻撃がつながっていかなかったのも痛かった。それでも、4番の広君は3打数3安打を記録し、チーム内にも180cm以上の選手がベンチ入りメンバーだけでも7人もいるという大型チーム。逞しさは感じられるチームだった。学校は桑名市にあり、2014(平成26)年にグラウンドも完成して、現在の3年生30人は、ちょうどそのタイミングで入ってきている。意識も高くなっているのだろう。

 これで、春季と秋季東海地区大会に8季連続で出場となったいなべ総合。尾崎監督は、「センバツから帰ってきてすぐの大会ですから、変な試合はできないなと思っていました。だから、まずは優勝できてホッとはしています。ただ、甲子園も出るだけではダメなんで、やはり(全国で)勝てるチームになっていかないと…。そのためには、東海大会で県外の強い学校と当らせてもらうというのは大事な経験になると思います。また、いろいろ学ばせて貰いたいと思っています」と語っていたが、その前には、この連休後半には関東遠征も予定されている。東海大相模、神奈川横浜など全国トップレベルの相手との練習試合も組まれている。

(文=手束 仁

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

中央学院大が新入生を公開!拓大紅陵、千葉学芸、専大松戸、中央学院など千葉の強豪校の主力が一挙入学!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?