試合レポート

明大中野vs都立石神井

2016.04.02

課題残る試合も、明大中野の140キロ右腕・大竹が4安打完封!

明大中野vs都立石神井 | 高校野球ドットコム

大竹義輝(明大中野)

 5対0とスコア上では完勝したように見えるが、課題が残る試合となった明大中野。まず試合を振り返ると、1回裏、明大中野は一死二塁から3番中野航太(2年)は適時二塁打で先制し、さらに二死一、二塁から6番今関の適時打で2点目。幸先よく2点を先制した明大中野。選手1人1人のスイングを見ると、スイングは鋭く、しっかりと鍛えられている。その後、都立石神井の先発・佐藤智郎(2年)は左腕からカーブを低めに集め、打たせて取る投球。

 7回裏、無死満塁から4番小林篤(3年)の場面でボーク、さらに小林の適時打で5対0とする。試合内容は5対0で完勝したとはいえ、牽制ミスや勝負所での凡打が多かったことに課題が残った。岡本良雄監督は、「左腕投手、なかなか合わなかったですね。おっつけるのではなく、叩きつけるバッティングにしようと指示を出したのですが...」
と終盤から安打は出たものの、なかなか1本が出なかった。だが先発・大竹義輝(3年)が好投を見せて試合を作る。
大竹は5回まで無安打。6回にノーヒットノーランが途絶えたが、その後も、粘り強く上げ抜き、4安打完封。明大中野は右サイドながら140キロ台を計測する川西雄大が注目されるが、大竹も140キロを計測した本格派右腕である。

 今回の大竹は常時130キロ前半とはいえ、球速表示以上と感じさせるストレート。指にかかったときのストレートは絶品で、簡単には打たれない凄味があった。冬の練習では球質を磨く事をテーマに取り組んでようで、一冬で磨いてきたストレートで押すことに手応えを感じていた。この完封勝利に大竹は、「今日はストレートの調子が良かったので、それで押していけました。また前半は飛ばして、中盤は抑え気味で、後半は力を入れるというのをやってみたのですが、それがよかったのか、しっかりと投げ切ることができました」と当初のプランを投げ通すことができたことに手応えを感じていた。
 課題に残ったのは打撃面。
「もう少し打っていって、援護ができればと思います」と岡本監督が語るように、明大中野の各打者のレベルは悪くない。次の戦いへ向けて状態を上げて勝負をしていきたい。

(取材・写真=河嶋 宗一

明大中野vs都立石神井 | 高校野球ドットコム
注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

中央学院大が新入生を公開!拓大紅陵、千葉学芸、専大松戸、中央学院など千葉の強豪校の主力が一挙入学!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?