News

朝の果物は「金」!バランス取れた食事で、一日のスタートダッシュでライバルに勝て!

2016.04.05

朝の果物は「金」なり!

朝の果物は「金」!バランス取れた食事で、一日のスタートダッシュでライバルに勝て! | 高校野球ドットコム

果物は手軽に準備ができて、効果が高い

 新年度が始まり、それぞれに新しい学年で高校野球生活をスタートさせていることと思います。授業がある平日は朝練を始めるチームもあるのではないでしょうか。

 高校生は野球だけではなく勉強ももちろん学校生活においても常に元気よく活動したいもの。そのためにも一日の活力となる朝ごはんは重要です。身体を大きくするためにも、エネルギー源を確保するためにも、必要な栄養素をバランスよくとるようにしていきましょう。特に手軽に準備できて、効果が高いと考えられているのは、朝食に果物をとることです。

 果物やハチミツに多く含まれる糖質である果糖は、他の糖質(砂糖、でんぷんなど)に比べて消化吸収がスムーズであり、エネルギー源としてすぐに活用することができます。試合前にバナナを食べるのも同じような理由ですね。人は食べ物を食べるという行為そのものに多くのエネルギーを使うのですが、果物に含まれる食物酵素は、身体に必要な体内酵素が消耗されることを防ぐ効果もあるといわれています。さらに、果物は非常に多くの水分やビタミン、ミネラルを含むため、腸内環境を整えることにも役立ちます。朝に果物をとり、学校に出かけるまでの時間に余裕をもたせることでスムーズな排泄にもつながります。特に脳にとってはほとんどのエネルギー源を糖質に頼っているため、糖分が足りない状態では思考能力や集中力が不足し、「頭がボーッとしてしまう」といったことになってしまうのです。

 ヨーロッパには「朝の果物は金、昼は銀、夜は銅」ということわざがあるというくらい、朝に果物をとることは身体にとってよいことだという言い伝えがあります。これから身体を動かすという朝、活発に活動している日中であれば、果物に含まれる果糖をエネルギー源としてすぐに使われますが、身体を休める時間帯である夜に果物を食べると、果糖を代謝しきれずにエネルギー源を体脂肪として蓄積する傾向が強くなるとのこと。バランスの取れた朝食で一日のスタートダッシュをかけるためにも、ぜひ果物を準備して食べるようにしてみましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【奈良】天理は快勝で初戦突破、智辯学園は継続試合に<春季大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!