試合レポート

樟南vs鹿児島玉龍

2016.04.01

低い打球とセンター返し・樟南

樟南vs鹿児島玉龍 | 高校野球ドットコム

樟南・浜屋

 樟南打線が初回に猛打を浴びせ、1時間29分のスピードゲームで鹿児島玉龍の挑戦を退けた。

 初回、打者16人で本塁打1本、三塁打3本を含む9安打、4四球が絡み11得点を挙げた。相手のエラーや死球はなく、きっちりボールを見極めて打ち崩して挙げた得点だ。

 相手のエース堀脇 雄太(3年)攻略のポイントは「ボールになる低めのスライダーを振らないこと」(前川大成主将・3年)。あとは打てるボールを「低い打球で、センターから逆方向に打つ」練習通りの打撃に徹するだけだ。9安打のうち、4番・河野 勝丸(3年)の満塁弾を除けば、残り8本が全てセンターからライト方向の打球になっていた。

 全試合で先発した浜屋 将太(3年)が安定しており、4回戦まで3試合無失点と堅守の野球はできていたが、打線の調子が今一つ上がっていなかった。特に初戦の沖永良部戦では左腕の奥間 卓斗(3年)のボールを打ち上げるシーンが目立った。「球威に押されたというよりも、相手投手の素早い間合いに立ち遅れてしまって、自分たちの間合いで打撃ができなかった」と前川主将。自分の間合いで打席に立ち、低い打球とセンター返しの意識を徹底して持てるようになった4回戦の枕崎戦から、ようやく打線に勢いが出てきた。

 5回に今大会初失点を喫したものの、投手を中心にした堅守の野球はこの試合でも発揮された。打って大量点を挙げたことよりも「守備からリズムの樟南野球ができたこと」を前川主将は誇らしげに思っていた。

(文=政 純一郎

樟南vs鹿児島玉龍 | 高校野球ドットコム
注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?