試合レポート

大島vs志布志

2016.03.30

「ホームランが一番うれしかった」大島・當田

大島vs志布志 | 高校野球ドットコム

サイクル安打を達成した當田 陽太郎(大島)

 鹿児島大島は2回、8番・國分 祐希(3年)のライト前タイムリーで2点を先制。更に9番・新元 一基(3年)、1番・武田 健志(3年)の連続二塁打で2点を加え、4点を先取。3回には6番・當田 陽太郎(3年)の2ランで加点し、序盤で主導権を握った。

 志布志は4回、暴投と2番・又木 颯大(3年)のレフト前タイムリーで2点を返す。
鹿児島大島は8回には1番・武田の右中間三塁打と犠飛で2点を加えた。その裏1点を返され、コールドはできなかったが、9回に6安打を集中し、5点をダメ押した。6番・當田がセンターオーバー三塁打を放ち、サイクルヒットを達成した。

「(サイクルヒットは)意識せず、いつも通りのスイングをすることを心掛けた」。當田は九回の打席にそう考えていた。

「暴走になってもいいから、抜けたら三塁まで走れ!」。
1球目を空振りしてから、有馬 壱成(2年)が渡邉 恵尋監督の伝令を伝える。カウント2ボール2ストライクから強振した打球は、追いかける右翼手と中堅手の頭上を越えた。「足は遅いけど、思い切って走った」(當田)。サイクルで最も難しいとされる三塁打で、大記録を完成させた。

 初球から果敢に打っていく積極打法が功を奏した。最も甘いボールがくる確率が高いとされる「ファーストストライクを見逃すと悔しい」のが心情。1打席目のライトオーバー二塁打、2打席目の2ラン、3打席目のセンター前ヒット、いずれもファーストストライクを迷わずフルスイングで打てた。

 その中でもやはり「ホームランが一番うれしかった」。初球の内角低めのカーブを大きな放物線で右翼席に運んだ。秋までは背番号13で左の代打要員だったが、冬場の練習で徹底して振り込んだ努力が認められ、背番号3のレギュラーをつかんだ。今大会は3試合で11打数8安打と好調を続けている。「エースの渡(秀太・3年)を終盤まで温存して勝つことができたし、これからまだまだ上げていけると思う」と静かに闘志を燃やしていた。

(文=政 純一郎

大島vs志布志 | 高校野球ドットコム
注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?