試合レポート

東邦vs関東一

2016.03.22

投打に光った東邦・藤嶋 健人の伸びしろとは?

東邦vs関東一 | 高校野球ドットコム

藤嶋健人選手(東邦)

 超高校級のバッティングとピッチングが注目されている東邦の先発・藤嶋 健人(3年)がその実力をいかんなく発揮した。

 プロ野球のスカウトはほとんど「プロでやるならバッター」と口を揃えるが、8回3分の2を投げて被安打1、奪三振11のピッチングを見ればピッチャーとしての素質にもきちんと向き合わなければいけないと思う。

 この日のストレートの最速は自己最速に4キロ及ばない142キロ。130キロ台後半が多かったにも関わらず、ストレートの角度と打者近くでのキレが素晴らしく、「130キロ台後半」が物足りなく見えなかった。

 体格は176センチ、80キロと平均的。しかし、ストレートも変化球も真上から腕を振って投じられるのでボールの角度が素晴らしい。さらに左右打者に関係なく、鋭く内角をえぐってくるので打者は容易に踏み込めない。内角のあとの外角、そのセオリーはわかっていても内角球の残像があまりにも強烈でどうしても腰が引けてしまい、外角球に対して腰を据えたバッティングができないのだ。

 高低の攻めも見事だ。
変化球は120キロ台のスライダー、100キロ台のカーブ、110キロ台のチェンジアップと、真上から投じられるストレートも交えて高低の投げ分けが行われ、ときには意図的なボールが高めに投げ込まれ、これを振らされるバッターが目立った。

 緩急の攻めは主にカーブを交えて行われる。1、2球がカーブで3球目がスライダーという配球は4回、3番の山室 勇輝に対して行われた。カーブが2球くれば次はストレートというのが打者の読みだ。山室はこのスライダーになす術もなく二塁ゴロに倒れた。自身もバッターとして非凡な力を持っているので、打者心理をよく理解していると思った。


 ピッチャーとしてのフィールディングもうまい。
2回には1死一、三塁というこの日唯一のピンチを迎え、8番打者の一塁方向へのバントが小飛球になるとこれに楽に追いつき、帰塁できない走者を尻目に一塁に送球して併殺。5回には先頭打者にヒットを打たれるが次打者のバントを処理して一塁走者を二塁に封殺。一塁けん制がうまいため走者が十分なリードを保てないことも関係しているのだろう。

 バッティングは1回裏、2死三塁の場面で2ボール1ストライクからの3球目のスライダーを捉えて先制タイムリーを放っている。昨年秋の明治神宮大会を見たときも思ったが、藤嶋は思い切りがいい。

 明治神宮大会1回戦の秀岳館戦(試合レポート)では第3打席、1ボールからストレートをレフト中段へ2ラン、第4打席は初球113キロスライダーをレフトスタンドへ2ランを放っている。早いカウントから積極的に狙い球を絞って打っていくのが藤嶋流で、その基本線はこの甲子園でも健在だった。

 スカウトの評価はおおむね高いようだが、あるスカウトは足が遅いのがネックだと指摘する。このヒットのときの一塁到達は5.22秒。ヒットは多くの打者が流して走るので仕方がないが、5秒以上かける打者走者の走塁は感心しない。

 第3打席の二塁ゴロのときは4.61秒とやはり速くない。走る能力が低いのか、4番打者のため走ることがチームから求められていないのか。もし後者なら、藤嶋に今求められているのが「志」だということを理解して、もう少しきちんと走るべきである。藤嶋の能力が高いための要求で他意はない。

東邦vs関東一 | 高校野球ドットコム
注目記事
第88回選抜高等学校野球大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>