試合レポート

創価vs都立芦花

2015.09.12

エース谷井 怜央の力投!創価が都立芦花に勝ち切る!

エース・谷井 怜央(創価)

 [stadium]創価学園東大和グラウンド[/stadium]にて行われた秋季東京都大会 第12ブロック 2回戦。初戦の早稲田との対戦を8対0で快勝した創価と、二回戦からの登場となる都立芦花との対戦となった。

 創価は、1年時からマウンドに上がる谷井 怜央が、新チームからはエースで主将となり、この試合でも力投を見せた。

 幸先の良いスタートを切ったのは創価だった。
1回裏の創価の攻撃は、2番辻郷が死球で出塁したところから始まる。一塁走者・辻郷が盗塁を決めると、3番近内の右安打の間に、一気に生還。あっという間に創価が先制に成功した。

 さらに、創価は2回裏にも攻撃の手を緩めない。8番八柄の四球が出塁し、9番笠原の打席では果敢にエンドランを仕掛ける。笠原の打球は敵失となり、スタートを切っていた一塁走者・八柄が生還。打者の笠原も三塁まで到達。続く、1番仁木が左適時打を放ち、さらに1点を追加した。2回終わって3対0と創価がリードを広げる。

 投げては、エース谷井 怜央が力投を見せる。ランナーを出しながらも、3回までは都立芦花打線をしっかりと抑える。谷井は、テンポの良い投球で、打者にタイミングを掴ませず、キレのある直球とゆるいカーブとを組み合わせて、都立芦花打線を封じた。

 しかし、迎えた4回表の都立芦花の攻撃。
先頭2番徳留が左二塁打を放つと、谷井がリズムを崩し始める。3番西本が四球を選び、4番森島の犠打で、一死二、三塁となると、5番林も四球となる。そして、6番梁田の犠飛で1点を返した都立芦花。さらなる反撃といきたいところであったが、後続は凡退してしまう。

 続く4回裏、創価は、9番笠原、1番仁木の連打と4番中山の適時三塁打で2点を追加。さらに、5回裏にも、敵失から2点を追加することに成功する。

 


関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会

得点を喜ぶベンチ(都立芦花)

 5回終わって、7対1。コールドがちらつき始めたが、ここから都立芦花が意地を見せた。6回裏には、創価の4番中山が再び三塁打を放ち、チャンスを作るも、ショートゴロの間に本塁を狙った中山を、都立芦花の捕手・徳留が好ブロックを見せ得点を阻止。さらに、7回裏にも、得点圏までランナーを進められるも、都立芦花の三番手・渡邉が後続を断ち、創価に得点を許さない。

 ピンチを脱した都立芦花は、8回表に反撃を開始する。
この回先頭の磯川が中前安打で出塁すると、2番徳留の右安打でチャンスを広げ、無死一、三塁となる。4番森島は、内野ゴロとなるも、その間に三塁走者が生還し、まずは1点を返すことに成功。さらに、5番林の敵失絡みの二塁打で、1点を加え、3対7と創価にじわりと追いつき始めた。9回表には、都立芦花の代打・前田が中前安打で出塁するも、後続を創価谷井 怜央に抑えられ、ゲームセット。

 後半に都立芦花の追い上げにヒヤリとしつつも、創価が7対3で都立芦花を下し、代表決定戦へと駒を進めた。

 創価のエース谷井 怜央は、9回完投とはなったが、三人で抑えられる回とそうではない回との差が分かれる結果となった。試合後、創価・片桐監督は、「エースで主将。強い思いがあるから起用している。最後まで変えなかったのは、試合感覚をつかんで欲しいからです」と、エースへの期待を語った。

 「力をつけて次も勝ちきっていきたい」と次への意気込みを創価・片桐監督が話すように、投打においてハイレベルな選手がそろう。次の相手は、第一試合の結果(試合レポート)から、今大会未だ無失点の中大附となり、緊張感のある試合になることが予想される。

(文=高校野球ドットコム編集部


関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.10

センバツ準V報徳学園を止めるのは? 神戸弘陵の152キロ右腕、逸材集団の東洋大姫路…春の兵庫を盛り上げる逸材たち!【注目選手リスト】

2024.04.11

中京大の新入生に愛知、東海地区を代表する好投手、好打者たちが続々入学! 大阪桐蔭や名門校出身者・甲子園出場組も

2024.04.10

「アーニャ」で話題呼んだ仙台大の最速147キロ左腕・池田亮太 今年は「ピッチャーとしての自分に注目してほしい」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?