Interview

常葉学園菊川高等学校 桒原 樹 選手

2013.09.30

 選抜、選手権の二大会で、ホームランを放ち、スラッガーとして大きな可能性を示した桒原樹(たつき)選手。彼がスラッガーになるまでの過程、背景。そして将来の目標を伺ってみました!

最初は長打を打てる選手ではなかった

――桒原選手が常葉菊川に入るきっかけを教えていただいてもよろしいでしょうか?

桒原樹選手(以下「桒原」) やっぱり家が地元の菊川なので、優勝と準優勝した時の印象がとても強かったので、このチームに入って、フルスイングをしたいと。バッティングを魅力を持ってこのチームに入った感じです。

――当時から桒原選手は長打力には自信を持っていたのでしょうか?

桒原 いや中学時代に長打力には自信を持っていなかったのです。シニアのときに打っていなかったですし、今のようにホームランを打てるバッターではなかったです。常葉菊川に教えられて、今のパンチ力がつきました。

桒原樹(常葉菊川2年)

――常葉菊川に教えられたことはなんでしょうか?

桒原 右方向が打てなかったので、森下(知幸)監督から打撃の時は右肘が伸びないように右ひじが上手く畳んで打つ練習をしました。

入学時、長打が打てなかった桒原選手。当時のことを常葉菊川の森下監督に振り返っていただいた。

森下知幸監督(以下「森下」) そうですね。打球の方向が全部逆方向の打撃だったんですよね。バットを振って運ぶ打撃ではなく、バチーンとおっつけて、逆方向に飛ばす打撃でした。だからせっかく良い体をしていてボールを捉える力もあるんだけど、いわゆる長距離打者になるためにはそういう打撃では駄目だなと思いました

――なるほど分かりました。桒原選手がレギュラーになったのは1年の秋からになりますか?

桒原 そうですね。一塁としてレギュラーとして出ました。ファーストはあんまり経験はないんですけど、中学で(小笠浜岡)シニアのときはずっとショートで、ファーストはアウトが成立するポジションだと思っていますので、捕球の仕方、投手の連携など難しいポジションでありました。

そして秋の東海大会・大垣日大戦で本塁打を放った桒原選手。森下監督からこの本人は自信に掴んだように見えたという。

森下 本人にとって自信になったと思いますね。打球も自分が描いた打球だと思うんですよ。打球も高く上がって、ホームランバッターのような打球だったと思います。

――秋は東海大会べスト4。選抜出場が決まるまでの間、どんなテーマで取り組みどんな練習に取り組んできましたか?

桒原 スイングスピードを高めることにテーマにして、ティーで1球1球を大事に振りにいきました。特に連続ティーはやっていないです。

[page_break:自信をつかんだ二度の甲子園でのホームラン]

自信をつかんだ二度の甲子園でのホームラン

――選抜ではどんな思いで臨みましたか?

桒原 甲子園出るならばホームラン打ちたいという気持ちがありましたので、甲子園のバッターボックスでは僕が今まで打ったことがないような打球がどんどん飛び出すので、打った瞬間驚きました。

――バックスクリーンへの本塁打は初めて?

桒原 はい、一度もなかったです。それまでも試合での本塁打はあまり打ったことがないので。選抜であのホームランを打ったことで、自信につきました。

森下 彼の特長として打球が高く上がること。高く上がった打球はそのままスタンドに入った。このホームランが彼にとって証といいますか、まして甲子園ですから、自信になり、成長の証になったと思いますね。

――選抜が終わりまして、夏まではどういう意識で取り組んでいきましたか?

桒原 打撃、守備においてもすべてレベルアップするつもりで取り組みました。

――セカンドにも転向し、戸惑いはありましたか?

桒原 戸惑いはあったんですけど、ショートの遠藤康平さんがいたということで、思い切ったプレーをしろということで、普通にやりました。遠藤さんがいたらこそ連携もうまくいきました。

――甲子園に出場して、初戦の相手はプロ注目の古川侑利投手(有田工)でした。古川投手にはどんな対策をしたのでしょうか?

桒原 ストレートが良いと聞いていたので、それを狙って対応しました。常に真っ直ぐを狙っていました。

この本塁打には森下監督を含め、多くの方が驚いたという。

森下 あの時は逆風が吹いていました。あの逆風の中、あそこまで飛ばして、あれだけ良い投手からホームランが打てて、より自信になったと思います。

――そして本塁打。自分にとっても会心の当たりだったでしょうか?

桒原 芯に当たってくれて、良い角度で伸びたホームランでした。この試合では当てに行くことだけは考えずに大きい当たりを打つことを考えました。

――甲子園を二度経験して、自信になりました?

桒原 甲子園で打てたことは打撃で自信になったと思うんですけど、課題は守備で、オフシーズンで鍛え直したいと思っています。

――打撃面について伺います。桒原選手が技術的に意識しているのは右ひじの使い方を見直したですよね?

桒原 右ひじが伸びたまま打ってしまったら、インコースを打っても打球が飛ばないので、右ひじをたたむ意識で、それをやることで、ヘッドが立って打つ勧角で打てるので、今もインコースをたたむ意識を持って取り組んでいます。

――甲子園の打席、先ほどの打撃練習を見ても、桒原選手は最後までしっかりと振り切っているように感じます。

桒原 フォロスルーを最後まで大きく打とうとやっています。最後まで振れるスイングでホームランが打てたと思います。

――甲子園では有田工の古川投手からホームランを打ったように、速球の対応には自信を持っているように見えます。どのように対応されていますか?

桒原 タイミングで早く取って、体開かないで、打っています。速球投手と対戦しても、思い切り振れば真っ直ぐ飛んでいく感覚で入っています。

――打席の中で心がけていることを教えてください。

桒原 常にフルスイングをすること。初球から思い切り振ることを考えています。中途半端な打撃はしたくないと思っているので。三振を恐れずに振りにいっていたのですが、今は6、7番から4番を打つようになりましたので、低めの球の見極めと三振をすることを少なくすることを心掛けています。

[page_break:目指すはWBC日本代表!]

目指すはWBC日本代表!

――秋の公式戦を終えて、桒原選手は春季大会、夏の大会に向けて何を課題にしてい取り組んでいますか?

桒原 打撃、守備においてもさらに技術を磨いて、良い選手になって春を迎えたいと思います。

――森下監督にお聞きします。ここまで桒原選手のお話を聞くと非常に意識をされて取り組んだと思いますが、桒原選手は入学当時から練習に対する取り組みは光るものがあったのでしょうか?

森下 いやいやそんなことはないですよ。ものすごく物足りなかったですね。あれだけ体なのだから、もっとガツガツやればいいのにと思っていました。1年秋の東海大会ですからね。そこで結果が出たことで気持ちが前に出てきましたね。それによって取り組みも変わって、みるみる変わりました。

――そうなると高校から大きく伸びたということなんですね。

森下 中学時代は見ていないので、なんともいえないのですが、彼のお兄さんが3年前に常葉菊川にいましたので、いつもお兄さんの比較になりますね。お兄さんも良い打者で、長打も打てて、4番を打っていました。
現在は三菱自動車岡崎で続けているのですが、本人もお兄さんに目標にしてやってきたと思いますし、また比較されるのも嫌だったと思いますし、お兄さんの方が気持ちが強かったですね。まだ遠慮しながらやっているところがありました。ここにきてそういうのもなくなって、本人も俺がなんとかしなきゃ!という気持ちが出てきました。

――桒原選手の同年代の選手には良い選手がたくさんいます。やはり意識されていますか?

桒原 そうですね。横浜の高濱祐仁もいますし、同じポジションだったら高濱には絶対負けたくないです! 同じポジションの選手には負けたくないです。

――また済美安樂智大投手、前橋育英髙橋光成投手がいますが、彼らから打つ自信はありますか?

桒原 あります。狙うとしたらやはり直球で、150キロの速球に振り負けないスイングスピードで打ちにいきます! 高橋に対しては初球から甘い球が来たらガンガン打ちに行きます。

――将来はやはりプロを目指されているのでしょうか?

桒原 そうですね。監督さんからも言われたのですが、どうせプロを目指すのであれば、WBCの日本代表になれるような選手になりたいと思っています。入るだけで終わらず、日本代表になって戦いたいです。

森下 それぐらい夢を持ってやってもらいたいですし、今は打撃だけでも、守備、走塁にも欲が出てきてきました。1歳上に遠藤康平という良いショートがいましたので、遠藤に負けないような守備力を身に付けば、元々長打力がありますので、走れて、守れる選手になってほしいと思います。

桒原選手、森下監督ありがとうございました。来春にはすべてにおいてパワーアップした姿をグラウンドで見せてくれることを期待しております!

このページのトップへ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】開幕戦は延長11回に及ぶ激闘!川内商工が5点差をひっくり返し、逆転サヨナラ!

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】伝統の「中玉戦」は鹿児島玉龍の完封勝ち!

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】樟南vs鹿児島商 かつて「御三家対決」は、樟南が逆転勝利!

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】出水工が延長に及ぶ激戦を制して、サヨナラ勝ち

2024.05.27

愛知高野連が6月1日、2日の招待校変更を発表。智辯和歌山から報徳学園、龍谷大平安に

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【春季関東大会】センバツVの両エース打ちで勝利に貢献!逆転タイムリー放った池田翔吾(常総学院)は指揮官も絶賛の打棒の持ち主!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商