Interview

ミズノバットマイスター 久保田 五十一 さん※レイアウト確認用

2013.02.25

ミズノバットマイスター 久保田 五十一 さん2013年02月25日

 ミズノバットマイスターの名人こと久保田五十一さんに今回は、選手の要望に応えてバットを削る際のポイントや、クラフトマンとしてのこだわりなど、職に対する熱いお話しをお伺いしました。

名人に聞く!バットを削る際のポイント

――昨年12月に開催されたアンバサダーズミーティングでは、ミズノのバットを使用しているプロ野球選手の方々が多数参加されました。選手たちから、その場で要望を聞きながら、目の前でバットを削って調整をされていましたが、削る時のポイントとは?

久保田 五十一 さん(以下「名和」) 例えば選手によっては、ヘッドの部分が重く感じるので、バットを早く出したい選手は軽くするように削る。逆にヘッドが早く出てしまうから、ヘッドをもう少し遅れて出るようにしたいという選手に対しては、ヘッドを重くするようにしています。限度はありますが、長さ2センチの中で、動かして重みを変えていきます。非常に微妙な作業なんですが、そこがとても大事なんですよね。

――ヘッドの重みによって、バッティングにも大きな影響があるのですね。

ミズノバットマイスター 久保田 五十一 さん

久保田 そうですね。また、対戦する投手が変われば、バットにも変化はあります。新しい投手が出てくれば、球種も変わりますから、同じように打っても打ち取られたりすることもある。そういう時に、バットの重心を手前に持っていくことで打てることもありますね。

――だからこそ、選手の要望は非常に細かいものになるんですね。では、ヘッド以外に、グリップについての要望はどんなものがあるでしょうか?

久保田 ミートした時に手が密着するような感覚で、扱えるかですね。まず、細さを調整するのですが、右手が基準となるのか、左手が基準となるのかによります。
他にも、木製バットを金属バットと同じような感触で握れるようなバットを作ってもらいたいという要望もあります。金属バットから木製バットに切り替えて悩む選手は、そこの違和感が関わっていると思います。しかし、もともとの素材がまるっきり違いますから、金属バットを完全に再現することは無理ですが、それに近いモノを表現するように私たちは工夫しています。

――選手の方々が、色んな悩みを久保田さんに伝えると思いますが、その際に、久保田さんはどのようなことを提案されたり、伝えられているのでしょうか?

久保田 バットを変えることで、必ずメリットとデメリットがあります。変えたことで今までダメだったものがメリットとなったり、今まで良かったものがダメになったり、そのあたりが微妙ですから、選手の方が来ていただいた時に『それを変えるとメリットはこうなります。デメリットはこうなります』という説明は、必ず説明させていただいております。
 例えば、長打を今よりも打ちたいという要望をする選手に対しては、重心を先に持っていくことによって、バットのしなりを使って遠くへ飛ばすメリットがある。しかし、スィートポイント(※)が小さくなりやすいというデメリットもあるんです。スィートポイントを広くして、確実性を広げるか、それとも小さくしても遠くへ飛ばすことを選択するか。やはり個人の選択次第ですね。どちらを優先するかですよね。


(※スイートポイント=バットの芯の中でも一番飛ぶ部分)

このページのトップへ

[page_break:小さな積み重ねが大きな結果となる]

小さな積み重ねが大きな結果となる

[pc]

[/pc]

――久保田さんは、削るときの細かな感性などを磨くためにはどんな工夫をされていますか?

久保田 最も大事にしているのは、『道具を調節』することです。野球選手は、ヒットを打つために、バットなど道具を調節しますよね。それと同じで、私たちはバットを削るための道具を細かく調節しています。カンナなどの道具を自分に合う形にするための研ぎ方を毎日工夫していますね。

――さらなる良いバットを作り上げるために、細部へのこだわりが重要なのですね。

久保田 そうですね、こだわるということは、キリがないですよ。だから、そういった良いバットを作り続けたいという好奇心と研究心を持ち続けることでしょうね。良い仕事をすることが、良いバットを作り上げることだと考えています。

「受け継いだ技術を次の世代に」

――今まで、久保田さんのバットを使った選手の活躍で、心に残っているものはありますか?

久保田 たくさんあります。とくに、すごい記録が達成された時は、自分たちの仕事が評価されたと感じますね。他にも、初めて3割を打てた瞬間や、2012年も宮本さんが2000本安打を達成されましたよね。あれは本当に嬉しかったですね。

――今後、次世代を担うバットクラフトマンの方たちに、久保田さんから伝えたいことはありますか?

久保田 私は今年で70歳なんですけど、私の技術は、独自で開発したものではないんですよ。先輩の人に教えてもらったものです。私は、先輩から学んでいた技術を預かっていっただけ。今度は、それをさらに深いものにして、後輩たちに託していきたいと思います。

――では、最後に10代のプレーヤーたちに向けて、これまで一つの道を掘り下げて進んできた久保田さんからメッセージをお願いします。

久保田 やっぱり、良い結果を残すために自分は何をするのか。そこに向かって、地道に取り組んで欲しいと思いました。イチローさんの本を読ませていただいた時に、半年後、1年後に必ず実現できる目標を持ちなさいと書かれていました。いきなり2000本は大きな目標ではなく、今年100本打って、来年は102本、再来年は103本。
今年100本打ったから、来年は150本ではなく、必ず届くような目標を立てて、その小さな積み重ねが最終的には大きな結果として残っていくと思います。

心が熱くなるお話し、ありがとうございました。良い仕事をするために、細部にまで魂を込める。この姿勢こそが、選手にとっての良いバットを作り出すのですね。

久保田五十一さん、ありがとうございました。

このページのトップへ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!