Column

メジャー挑戦物語 ~西嶋 一記~

2010.12.21

「メジャー挑戦物語」

   2010年12月21日

「いつか、ここでやりたい」
 青く澄んだ空と、緑の天然芝が眩しい。ドジャー・スタジアムの広さに圧倒されながらも、西嶋一記の胸には熱い思いが込み上げてきた。

 今年2月、明大野球部が創部100周年記念でアメリカへトレーニングキャンプに行った際、1日だけ本場のドジャー・スタジアムで練習をする機会があり、そこで西嶋はバッティングピッチャーとしてマウンドに上がった。

「ここで、お客さんがいっぱい入っている中で投げることができたらすごいなーって感激していました。実は、アメリカでマウンドに立つのはこれが初めてではなかったんです。中学の時にシニアの全日本選抜でアメリカ遠征に行って、その時は中学生の試合なのに観客の盛り上がり方がすごくて、そういう雰囲気が当時から好きだったんですよね。『あ~、やっぱりこっちで野球をやりたいな』って中学生のときに思った感情と、この時の感情が全く同じだったことに気付いて自分でも驚きました」。

 13日間のトレーニングキャンプを経て日本に帰国した時には、西嶋はアメリカで野球が出来なくなる寂しさまで感じていたという。それでも、「まずは日本のプロで活躍してから、いつか向こうにいけるチャンスがあればいいなと思っていました」と、10月11日、プロ志望届を提出。しかし、ドラフト会議で西嶋への指名はなく、社会人の企業チームでプレーする準備を始めていた。

 その矢先だった。ドジャースのスカウトから西嶋に声が掛かったのだ。
「善波監督からその話しを聞いた瞬間に『あっ、向こうで野球ができるんだ!』って嬉しくて、不安も迷いも全くありませんでした。もともとアメリカで野球がやりたいって思っていたから、今は本当に楽しみな気持ちでいっぱいです」。

 晴れ晴れとした表情でそう語る西嶋だが、15ヶ月前には野球人生において初めての“どん底”を経験していた。

このページのトップへ


「大学2年春から3年夏まで肩と肘を痛めて、ボールが投げられない状態が続いていました。去年の春なんてスピードも10キロ落ちて、痛くて腕も振れなくて、もうダメかなって思ってましたから。今だから言えるけど、あのまま野球を終えていてもおかしくないほどの状態だったんです」。

 だが、西嶋は諦めなかった。善波監督やトレーナーの言葉を信じて、体全体の使い方を改善していくことでバランスも良くなり、本来のピッチングを取り戻していった。

 また、後輩投手陣の活躍も西嶋の心に火をつけた。「いつまでも負けていられない」と3年秋、完全復帰を遂げ10試合32イニングを投げ、自責点4。防御率は、リーグ1位の1.13をマークして、チームの優勝にも貢献した。

 今年に入ると、キャッチャーから「あれ?お前の球、こんなにきてたっけ?球が重くなったな」と言われるまでになった。今シーズンは、これまでにないほどの成長ぶりを、チームの成績につなげることができなかったことが唯一の心残りだが、次はアメリカの地での活躍を誓っている。

「アメリカで野球は出来るけど、僕の夢はまだ叶っていないんです。メジャーで投げられる可能性があるという権利をいただいただけ。あのマウンドに立てるかどうか。ここからは僕の力次第ですから。何年かかってでも、メジャーのマウンドに立ちたいです」。

 最後に、西嶋はもう1つの夢を教えてくれた。

「野茂さんがドジャースに行かれて活躍されたことで、日本のプロ野球界からメジャーに行く流れが生まれました。今度は、僕や高野(文徳)など学生からアメリカに行って結果を残すことで、これからの学生選手たちに『僕らもアメリカでプレー出来るんだ』と思ってもらえると思うんです。それが僕らの使命だとも考えています。しっかりと結果を出して、何年か経った時、学生野球界に新しい道が出来ればいいなと思っています」。

 メジャーに挑む西嶋一記の物語は、これからが面白い。

文・インタビュー:安田未由(高校野球情報.com)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

【山形】鶴岡東は村山産業と山形工の勝者と対戦<春季シード決定ブロック大会組み合わせ>

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード