試合レポート

銚子商業vs 成東

2010.11.28

銚子商業vs 成東 | 高校野球ドットコム 

空振り三振を奪う西川(成東)

今年最後の試合は最後まで手に汗握る展開に!

 千葉県第6ブロックの優勝チームを決める東部地区大会決勝。決勝戦は成東銚子商。実は去年も同じ顔ぶれで、成東が優勝を決めている。成東は連覇がかかっており、銚子商はリベンジを果たすことができるか。

 お互いエースが登板した。

 2回裏、銚子商は一死二塁から7番小島が右中間を破るスリーベースで銚子商が先制。8番江ヶ崎の犠牲フライで1点を追加する。

 さらに4回裏、ニ死一、三塁から1番仲田がセンター前ヒットを放ち3点目。

 5回表、4番出口がセンター前ヒットで出塁。5番粟野が送って一死二塁として6番石橋が左中間を破るツーベースで1点を返す。

 6回表、一死から1番西濱がレフト前ヒット。二進し、2番山崎がセンター前ヒット。西濱がホームインし、1点差。3番石川は三振に倒れたが、山崎は盗塁を仕掛けニ死二塁に。4番出口は初球のストレートを叩きライト前ヒットに。山崎がホームインし、同点に追いつく。

 ニ死一、二塁から6番石橋がセンター前ヒット。二塁走者がホームへ突っ込む。センターの滑川はバックホーム。際どいタイミングとなったが、タッチアウト。銚子商、勝ち越しを許さない。それでも試合は振り出しに戻った。

 6回裏、8番江ヶ崎が内野安打で出塁。9番篠塚大がバントで送り一死二塁に。続く1番仲田が四球で歩き、ここで盗塁を仕掛けたが、二塁走者が刺されニ死二塁。2番滑川がライト前ヒット。二塁走者が三塁を蹴ってホームへ。ライトはバックホームするが、ライトの近くにいたセカンドがカットしてしまい、結果的に間に合わずセーフとなった。もしライトが一本で投げることができれば、クロスプレーになっていたかもしれない惜しいプレーであった。


銚子商業vs 成東 | 高校野球ドットコム

喜びをあらわす成東ナイン

 7回表、成東は三者凡退。小原は点を取った後はびしっと締めるナイスピッチング。7回裏、銚子商はニ死一、三塁のチャンスを作るが、無得点。

 8回表、一死。ここからドラマが起こる。2番山崎がセンター前ヒット、3番石川はセカンドゴロ。ゲッツーになるかと思われたが、セカンド・江ヶ崎がファンブル。オールセーフとなり、一死一、二塁でここまで2安打の4番出口。2球目だった。ストレートを振り抜く打球はレフトへぐんぐん伸びてスタンドインした。なんと逆転3ランで成東が逆転する。出口はホームインした後、仲間と抱擁。成東ベンチは彼をハイタッチで出迎えた。この一打に成東スタンドは大盛り上がり。この場面で逆転3ランとは恐れ入る。

 8回裏、9番篠塚大が四球。1番仲田はエンドラン。打球はショートへ。深い当たりとなり、内野安打で無死一、ニ塁のチャンス。2番滑川を迎える。バントか、エンドランか。しかし滑川は強攻。打球は一塁にふらふらと上がりファーストフライ。ランナーも送れずに一死。3番小原はファーストゴロ。まずフォースアウトとなって、ニ死。そして三塁走者が飛び出したのを見逃さずサードへ。三塁走者は戻れずタッチアウト。銚子商は4番川口の前に回せずに無得点に終わる。

 9回表、成東は無得点に終わり最終回。銚子商は先頭の川口が四球で出塁。5番篠塚はレフト前ヒットで無死一、ニ塁。同点のランナーを送る。旭農戦で満塁本塁打、ここまで2安打の海老。海老は粘るが、最後は外角のストレートを空振り三振。7番小島はスライダーで空振り三振。そしてあとアウト一つで、8番江ヶ崎が打った打球はレフトへ。レフトががっしり取りゲームセット。成東が二連覇を果たした。


銚子商業vs 成東 | 高校野球ドットコム

ホームランを打った出口(成東)

 連覇を果たした成東。準決勝と決勝の2試合に渡って見てきたが、投手力・攻撃力・守備力のバランスが取れた好チームだ。投手陣は3人いる。

 エースの松井丈紘(185センチ・64キロ)は長身の本格派右腕。東浜(亜細亜大)のようにゆったりと振りかぶり投げ込む。球速は125キロ前後ぐらいだが、スライダー、カーブ、縦のスライダーと変化球の切れは中々。緩急をつけた投球もできる。とにかく課題は体力強化だ。とにかく線が細すぎる。サイズから分かる通り彼はかなり細い。足が普通の選手に比べてかなり長く、まるでその立ち姿はモデルのようだ。

 準決勝で先発した佐藤宏樹(180センチ・71キロ)は松井よりも力強いボールを投げる右投手。まだ制球力の甘さは残すが、地肩は強そうな投手で、一冬超えると面白い。

 そして左腕・西川修平(172センチ・60キロ)が葛西侑也(大垣日大)を彷彿させる投手だ。体を沈み込ませてスリークォーター気味に振っていく姿は葛西とだぶるものがあった。球速は120キロ前後ぐらいだと思うが、ボールの切れは素晴らしく、なんといってもスライダーの曲がりが尋常ではなかった。左打者が多いチームにとって彼の存在は脅威。マウンド度胸もある投手だし、非常に楽しみな投手といえるだろう。

 逆転スリーランを打った出口健太(右/左 174センチ81キロ)はがっしりとした体格から力強い打球を飛ばすスラッガー。膝を曲げてグリップを頭の後ろに置いて構える。粗さはあるものの、フルスイングができる選手で、打球はかなり力強い。決勝では猛打賞・決勝3ランを打つ勝負強さもたいしたものだ。守備も終盤まで崩れなかった。この守備の安定さも良かった。この優勝でモチベーションを高め厳しい冬の練習に臨んで欲しい。


銚子商業vs 成東 | 高校野球ドットコム

銚子商業・小原

 準優勝に終わった銚子商。途中まで思い通りの試合展開。エースの小原が4回までパーフェクト。そして3盗塁を決めた鮮やかな走塁も見事だった。
8回以降は選手が慌てていた。8回表は本塁打が出る前にエラーが出たが、あの場面でじっくりとタイムを取り、出口には慎重に勝負をするべきだった。そして8回裏に無死一、ニ塁で何かを仕掛けられずに終わったのが痛かった。そして走塁ミスも慌てることなく留まることができれば、4番川口に回っていたので、これも勿体ないプレーであった。しかし4番の川口もノーヒット。成東の4番出口は3安打4打点と対照的な結果になってしまい、4番の差が試合の結果となって表れた。ただ試合をこなすごとに選手たちは成長してきている。長い冬が始まるが、厳しい冬を乗り越え成長した姿を見せて欲しい。

 こうして東部地区野球大会は成東の連覇で幕を閉じた。こうして振り返ると成東を筆頭に実力のあるチームを発見できたのは収穫であった。その実力は県大会に勝ち進んでいる学校と大差はなく、実力が拮抗している。来年も戦国・千葉が展開されるのではないだろうか。

 11月28日を持って今年の高校野球シーズンを終え、長い冬に入る。その最後の日に手に汗握る試合をお送りできたのは筆者として喜びを感じる。最後の試合まで楽しませてくれた選手たちにはありがとうと伝えたい。

 
皆様、良いお年を。

(文・撮影=河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.08

【春季東京都大会】錦城の左腕・宮地が2試合連続完封で都立片倉を下して4回戦進出

2024.04.08

【神奈川】夏のシードをかけた3回戦は13日、8会場で開催

2024.04.08

【愛知】9日に県大会抽選会、50チームの頂点はどのチームか

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.03

【千葉】銚子商が1点差で初戦突破、東京学館浦安、佐倉も初戦を突破<春季大会予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?