試合レポート

浦和学院vs横浜

2010.11.05

浦和学院vs横浜 | 高校野球ドットコム

1番ピッチャー・佐藤拓也(浦和学院)

敵将も認めたクレバーなバッテリー

 試合後のベンチ裏。敗れた横浜・渡辺元智監督は「完敗でした」と一言。

 一方、勝った浦和学院・森士監督(今大会は部長で登録)は「こんな試合ができるとは」と少し驚きを見せた。10安打で8得点、浦和学院にとっては、長年やられ続けてきた横浜に快勝した形だ。
 この日の立役者はやはり1番ピッチャーの佐藤拓也。そして女房役の林崎龍也の1年生バッテリーだった。浦和学院の小林賢剛主将(2年)はこの一戦のじゃんけんに勝ち後攻を取った。

 1回表の守り。横浜の4番樋口龍之介(1年)にタイムリー二塁打を浴びて、2点を先制されてしまった浦和学院。立ち上がりの佐藤は直球を捕えられていた。2点を追う2回裏。5番日高史也(2年)に2ランが飛び出し同点に追いついた浦和学院。さらにチャンスを繋げて、1番の佐藤が犠牲フライを放ってこの回だけで逆転することに成功。

前日のインタビューで「自分で打てればピッチングも乗ってくる」と佐藤は話している。まさにその通りの展開。

 先取点を直球を打たれる形で取られたため、2回以降捕手の林崎は勝負球にやや沈むツーシームを多投した。それが功を奏して、横浜打線は佐藤に打たされ始める。2回から4回までは無安打に抑えて、完全に立ち直りを見せた佐藤。
 4回裏、浦和学院は9番荒井大樹(2年)がスクイズを決めると、続く佐藤がセカンドを強襲するタイムリーでリードを3点に広げた。

 その直後、佐藤は5回表に併殺の間に1点を失い、2点差で前半を終える。

 グランド整備の間、横浜はいつものようにベンチ前に選手が座って、渡辺監督のミーティングを聞いていた。当然、佐藤に対する攻略についても話が出ていたであろう。


浦和学院vs横浜 | 高校野球ドットコム

クレバーなリードを見せた林崎(浦和学院)

 後半6回表、3番近藤健介(2年)から始まる横浜打線に対し、林崎は配球を変えてきた。立ち上がりと同じ直球主体、それにスローカーブを多く混ぜた。対応できない横浜打線は三者凡退。
この日の流れはこれで決まったといっても良い、大きなイニングだった。

 その裏、佐藤が犠牲フライを放ち1点を追加した浦和学院は、7回にも6番石橋司(1年)の三塁打と7番林崎のタイムリー。差を5点と広げて、横浜の先発・山内達也(1年)はマウンドを降りた。
渡辺監督は

浦和学院のバッテリーは、ストレートを速く見せるような配球をしてきて上手かった。うちの近藤(捕手)にもこういうリードを勉強してもらいたい」

と試合後に舌を巻いた。

 敵将が讃えたクレバーなリードを見せた林崎は、前日の準々決勝・千葉経大付戦(2010年11月4日)に続きこれが公式戦2試合目の出場。つまり県大会までは1試合も出場していない。森監督から先発出場を言われたのは関東大会が始まる1週間ほど前だという。

 「お前しかできないプレーをやってくれ」と指揮官から言葉をもらった。そのプレーを尋ねると「守備だと思います」と答えが返ってきた。8回表に走者二塁からヒットを打たれた場面で、本塁に突入しようとする走者に体を張ってブロックしている。リードだけではなく守備全体でエースを援護した1年生キャッチャー。森監督も「落ち着いていた」と評価。

 「ストレートを速く見せるのはいつも意識している」と声を揃えた1年生バッテリーが、昨秋準々決勝(2009年11月2日)で敗れた東海大相模との決勝に挑む。
 

(文・撮影=松倉 雄太)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード