試合レポート

東海大相模vs木更津総合

2010.11.03

東海大相模vs木更津総合 | 高校野球ドットコム

1回裏東海大相模・渡辺が生還し1点を先制

アグレッシブの差

 東海大相模は今夏の甲子園でも魅了したアグレッシブな野球を、攻守に渡ってみせつけた。

まずはトップバッターの渡辺勝(2年)。最初の打席、3球目を叩くと打球はライトの頭上へ。二塁打とし、送りバントで三塁へ進塁。
そして、相手エース・角張健(2年)の暴投で難なく先制のホームを踏んだ。
まさに甲子園と同じパターンだ。

次のポイントが簡単に終わらない攻撃。
2死を取られても三者凡退にはならない。「結果的に三者凡退は0ですか。これは大きいですね」と振り返った門馬敬治監督。
2回には2死走者なしから8番松木秀一(2年)が内野安打で出塁。7回には同じ場面で森下翔平(1年)が四球を選んだ。
共に得点には繋がらなかったが、二塁に走者を進めるなど、攻撃の形は作っている。

そして決定的な勝敗の分かれ目となったのが、次の塁を貪欲に狙う走塁への姿勢。

3回表、木更津総合は1死2、3塁とチャンスを作るが、3番森佳祐(2年)のライトフライに三塁走者の角張は少し躊躇してタッチアップできなかった。
打球へ浅かったがが、ライトを守る渡辺はスライディングしながら捕球をしている。
走者が投手だったということもあるが、思い切り(勇気)さえあればタッチアップできていた場面。
続く4番の郡健登(2年)が三振に倒れて、結局この回で同点にできなかった木更津総合。


東海大相模vs木更津総合 | 高校野球ドットコム

東海大相模 佐藤大貢主将

一方その裏の東海大相模は、連続ヒットで1、2塁とすると、3番田中俊太(2年)の3球目にダブルスチールを仕掛ける。
これは二塁走者の渡辺が刺されるが、積極的に仕掛けた結果だ。田中はピッチャーゴロで代わって二塁走者だった臼田哲也(2年)が三塁で憤死。
普通ならこれでチャンスは潰えているのだが、4番の佐藤大貢(2年)が四球を選ぶと、5番菅野剛士、6番近藤正崇(ともに2年)の連続タイムリーで、追加点を奪った東海大相模。アウトになっても攻めの姿勢を相手に見せたことがこの追加点に繋がった。

 木更津総合も毎回のように走者を出し、東海大相模のエース・近藤を苦しめている。
5回には2点を返し、一打逆転のチャンスを作った。それでも東海大相模から流れを奪うには至らなかった。

それどころか、1点差にした直後にスキを見せる。5回裏、4番佐藤が放った長打を追ったレフトの三國和磨(1年)が一瞬処理を誤った。
佐藤は迷うことなく三塁を陥れる。そして5番菅野が犠牲フライを放って再び突き放す。

続く6回には1死1塁から2番臼田が右中間の真ん中に落ちるヒットで二塁まで進み、犠牲フライで3点差とした。
貪欲に次の塁を狙う姿勢で少しずつ主導権を確実なものにしていった東海大相模


東海大相模vs木更津総合 | 高校野球ドットコム

東海大相模 臼田哲也(2番センター)

最後に魅せたのは攻める守備。8回に1点を失い2点差で迎えた9回。
2死ながら満塁と一打逆転のピンチを背負った近藤。打席の5番高野勇太(1年)は浅いライナーをセンターへ放つが正面へ。
臼田にとっては難しい打球だったが、ダイブしながらしっかりと捕球してゲームセット。2点差を守りきった。
「(一打)逆転のピンチでも思い切って突っ込んでくれた勇気。これは明日へのメッセージを残した」と門馬監督はビッグプレーを讃えた。

指揮官は関東初戦を
「苦しい時にどれだけ粘れるかがこのチームの分かれ目だと思っています。5回に2点を取られたが、(同点となる)3点目は許さなかった。踏みとどまったかな」と振り返る。

夏の甲子園で決勝まで戦ったこともあり、この関東大会出場校ではどこよりも新チームの始動が遅い。
準優勝に終わった県大会後の1カ月で何とか差をつけるような練習をしたという。
ただ、それでも関東の初戦は「どうなるかわからない」と考えていたようだ。
渡辺や臼田ら旧チームの経験者が見せた勇気。夏準優勝からの遺産がどれだけ大きいかを関東初戦で見たゲームだった。

(文・撮影=松倉 雄太)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?