試合レポート

関西vs創志学園

2010.11.01

関西vs創志学園 | 高校野球ドットコム

水原浩登(関西)

関西、大会通じて無失点で王者に

大会を通じて“32イニング無失点”という離れ業を成し遂げた関西が中国地区の王者に君臨した。

岡山大会決勝と同じ顔合わせとなった中国大会決勝。
関西は、岡山大会でも先発を務めた背番号6の水原浩登が今大会初先発。勢いあるストレートに加え、シンカーなどの変化球も低目に決まり、創志学園打線を散発の5安打に抑え込んだ。
水原はいう「このチームは守り勝つチームなので、守備を信頼して、三振(を奪うこと)を気にしなかった」。
奪三振率の高い右腕が、しっかりとチームの持ち味を引き出し、リズムを作った。それは終わってみれば、2時間1分という短い試合時間がそれを物語っていた。

江浦滋泰監督は「(右の)水原は、(左の)堅田と同じく力のある投手。点を与えないというのがうちの理想なので、こういう大会で(大会を通じて)無失点ということは非常に大きい」と目を細めた。
強力な左右二枚看板が互いに“ライバル心”を燃やすことで相乗効果をもたらしたのだろう。

そして“32イニング無失点”と投手陣を含めた守り勝つ野球に目を引くが、それだけではない。
この試合、関西打線は創志学園投手陣から計15安打を叩き出した。

特に目を引いたのが、1番の小倉貴大と4番の渡邊雄貴だ。

小倉は、初回の攻撃でいきなり浮足立った創志学園の守りを撹乱し、リードオフマンの役目を果たした。
創志学園の先発・山本凌の投じた2球目を三遊間に流し、遊撃手が追いつくも自慢の俊足を生かし、一塁へ気迫のヘッドスライディング。
出塁するとそのまま先制のホームを踏み、チームに勢いをつけた。
4回には、一、二塁間にうまく転がすセーフティ―バントを決めるなどこの試合、4打数3安打、1四球、2盗塁。全4得点のうち、2得点を稼ぎ出し、自慢の足を絡めた攻撃を思う存分に発揮した。


関西vs創志学園 | 高校野球ドットコム

渡辺雄貴(関西)

4番で主将の渡邊は、「昨日(準決勝)、チームのみんなに迷惑をかけたので、今日は自分が打って勢いをつけようと思いました」と左右に打ち分け、5打数4安打、2打点。出塁したトップの小倉をキッチリ返すなど4番としての役目を十二分に果たした。
また、水原が投げることで、渡邊は普段の左翼手ではなく、遊撃手の守備についたが、守りでも素早い動きやスローイングなど堅実な守備で投手を盛り立てた。

一方、岡山大会決勝の雪辱を果たせなかった創志学園
1回、2回、4回、6回と4度も得点圏に走者を進めながらもあと一本がでなかった。
主将の野山慎介は「チャンスがあったけど、そのチャンスを生かせなかった」と反省しきり。
しかし、「ここまで来れたのは、夏の厳しい練習が結びついたから。確実にワンチャンスをものにできるようなチームにしていきたい」としっかりとチームの課題を見据えた。
そして、創部1年目で中国大会準優勝まで勝ち上がったことについて長澤宏行監督は「大会を通じて28人全員が動いてやってきたことがよかった」と総括し、“チームとしての成長”に目を細めた。

これで来春のセンバツに岡山県勢の2校が選出される可能性が高まった。

「前回、甲子園に出場しているので、今度は全国制覇」という関西の渡邊主将。
まずは、11月に行われる明治神宮大会。
各地区の優勝校が集まる“秋の全国大会”で、中国地区ナンバーワンの強さを証明するつもりだ。

(文・撮影img01~img03=PN アストロ)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>